楽天知命   

論語の一節に楽天知命という言葉がある。
f0031420_18144143.jpgしゅんけいさんが書展に出展したものを見て、意味を知り、これからの私の人生だと思った言葉です。
論語の内容は
50歳からは天にいただいた命を楽しみ、天命として今までお世話になった方々に恩返しや助ける立場になりさい。
というような意味。
父が他界し、後継ぎのような役目になった時だったので、感動と実感で買わせてもらい、毎日眺めています。

今日、友人が「今からの仕事に自信がない」と言いました。
新規事業を立ち上げるわけではなく、これまでと同じ業種で「質にこだわる」ということで特化する方向に進む計画です。

社長が「自信がない」と言ったらどうなるのでしょうか?
社員は?応援する友人知人や関係者は?

私は50を過ぎて確信したことがあります。
「これが天職だ!この仕事をしたい!これをすることで誰かの役に立つ!」
そう思えることがあることの幸せ。

そして、自分を自分が信じないで、誰が信じるか!
たとえ、その自信がはったりだとしても、やり続ければ真実になる。

50歳からは自分の事だけを考えて生きるのでありません。
これまでお世話になった方々。
これから出会う方々へ、天命を持って接して生きる。

でも、自分ひとりで乗り越えるのではありません。
周りの人たちに助けられながら、活きて
そして、恩返しをしていく、支えあいながらの人生を
前向きに、明るく進むのです。

「笑う門には福来たる」

同年代の人たちへ
限りある人生を大いに笑い楽しみながら仕事をましょう!
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-26 18:18 | ことば

<< あきらめなければ・・・。 夢と目標 >>