ひとり   

山の家の掃除と敷地内のゴミのかたずけに一日かかりました。
敷地といってもかなりの広さあり、雑草取りなどと言っている状態ではありません。
山林です。
f0031420_2044841.jpg

ひとり、黙々と工事中に出た段ボールなどのゴミを拾い集めました。
これから使うタイルや木材もまとめて片付けていたらたら汗が出てきました。
タオルを首に巻き、ゴムの分厚い手袋で大きな資材ゴミをかき集める。
かなりの力仕事。

ひとりです。

そして、室内の掃除。
f0031420_2082575.jpg

床面積は30坪ぐらいの家ですが、時間はかかります。
今日はCDラジカセ持参。
私の人生に音楽は無くてはならないもの。
リズミカルに動きたかったので、ボサノバの音楽を聴きながら掃除。
何と、楽しいこと!
「至福の時間」と表現しても過言でないほど楽しい時間。
壮大な風景を眺める阿蘇という場所のせいでしょうか?

ひとりで力仕事から掃除までこなし所要時間5時間。

私は、ひとりだから、何でも自分でしなくてはいけないのか?
自分でできるからひとりなのか?
ひとりで暮らす山女になれるかも・・・。

でも、やっぱりひとりは淋しいしきつい。
娘夫婦に甘えよう!
と考えながら町へ戻りました。
[PR]

by k2kikiya | 2010-03-17 20:13 | 家づくり

<< ひとり(続編) アート掛け軸 >>