陶芸家・ローゼン三早枝展   

11月25日から30日まで、器季家カフェあとでローゼン三早枝展を開催。
f0031420_11194566.jpg

壁面アートの陶版から花器、カップ、小鉢が並びました。
f0031420_11211757.jpg

f0031420_1121458.jpg

f0031420_11221246.jpg

f0031420_11225969.jpg

f0031420_1124540.jpg

f0031420_11243158.jpg

ローゼンさんの作品は、使わない時は、見せるオブジェ。
置いてあるだけでも、存在感があります。

期間中は、私もサポート役で会場におります。
無料でお茶を飲めるコーナーもつくっております。
お気軽に遊びにいて下さい。

お問い合わせは、
090‐9070‐8168 東まで
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-25 11:37 | 創り人 | Comments(0)

油断大敵!   

早朝、スマホの地震警報の音。
福島で地震。

テレビをつけて見始めたら、恐くなってきた。

熊本も油断大敵。
いつ、何があっても動揺しないシュミレーション。

どうすれば良いのか?

天に祈るしかないのかな???
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-22 17:57 | ひと | Comments(0)

念願のものまねショー   

f0031420_9544644.jpg

念願の英太郎の物まねショーを見ることが出来ました。
嬉しかった!
楽しかった!
おもしろかった!


30分間は、あっという間でした。
年甲斐もなく、一番前座って、かぶりつき状態で缶ビール飲みながら歌とトークに満喫。

やっぱり「笑い」は私を幸せにします!^0^
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-21 09:58 | ひと | Comments(0)

生きる   

f0031420_752844.jpg

伝統工芸館に蜩窯の個展を見に行き、ついでに上がった2階で目にしたポスター。

熊本震災後に企画された展示会があっていました。
テーマに魅かれました。
f0031420_7572562.jpg

書いてある文章を、書き出します。

「 人は数万年前、「食べたい」という強い思いから「暮らしの道具」をうみ、
豊穣と繁栄を祈る気持ちから「心の道具」をうんだ。

人は、この二つの道具を原点に、様々な用途を持つ「生きるための道具」を作りだしてきた。
 2016年、熊本は大震災に見舞われ、人々があらためて「生きる」ことに向き合った。
 21世紀の豊かな日本に生きる私たちは「生きたい」という思いを今後どのような道具で叶えていくべきか、多くの人と考え、熊本から発信する。
熊本は縄文時代にも人が住めないほどの大きな被害に遭っている。
その復興の際、重要な食糧源だったドングリを本展では、復興のシンボルとした。」


縄文時代の大きな被害とは、阿蘇の噴火と地震でしょうか。

人間は、大自然の中で暮らしています。
時代は繰り返されます。

「生きる」を考える時期ですね、今は。

熊本は、放射能汚染の被害はありませんでした。
「食べる」に関して、とても恵まれた環境です。

食料品の廃棄、コストの安い服の使い捨て、空家の放置。

色々と「暮らしの問題」を「こころの問題」として、

「こころ豊かに生きる」を、ゆっくり、しっかり考える時だと思います。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-19 08:15 | ひと | Comments(0)

吹っ切れました!   

色々思い悩み、考えてきたこと。

吹っ切れました。

ある事を境に。

今朝は無性に歩きたくなり、日の出と共に、川沿いを散歩。

自分ブランドとは?

これまでの人生で培ってきたものとは?

自問自答の日々でした。

そして、私が窮地に立った時の周りの言動と自分の動き。

ブラックホールにいる時間は長かったけど、這い出せる元気が湧いてきました。

単細胞な私は、もう悩みません。前に進むのみ!
f0031420_9261333.jpg

図書館で借りた本を、読みながら近い将来を楽しく妄想しようと思います。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-18 09:26 | ひと | Comments(0)

一日遅れのお月見会   

f0031420_16161452.jpg

一日遅れのスーパームーン。
大きなお月さまでした。
夜の散歩も気持ちが良かった。

お月様、年末まで私を優しく見守って下さいね。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-16 16:19 | 季節 | Comments(0)

65歳の暮らし方   

仕事を一生現役でやる!
年金と、わずかな貯蓄では生きていけない!

と考えていた。
一年前までは。

今もそう。
5年後の私?
どこで暮らすか?
どこが拠点か?
何をしているか?

目の前が霞んでみえない。

街中のアパートも便利で良い。裏を返せば、日々の生活音もうるさい。
f0031420_915355.jpg

先日は11月の花火を見た。
これも素敵。街中の灯りは賑やかです。
f0031420_916458.jpg

そして、同じ日の昼間は、南阿蘇の家を片付けに行って、「静寂の時」を過ごした。
聞こえるのは鳥の声だけ。

どちらも、手放したくない。
でも、私の65歳はどこにいるのかも、みえない。

仕事はする。
これだけは、自立したシニアライフにとって必要なこと。

でもその先が・・・。

とりあえず今は、この一週間くらいのことを、ひとう、ひとつ考えて前に進もう!
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-15 09:21 | ひと | Comments(0)

南阿蘇のそば道場   

震災後、お客様さんが減り、いつ行っても寂しい状態でした。
それが、先日
f0031420_17274880.jpg

賑わってました!
f0031420_17281664.jpg

手打ちそばづくりの体験をする人も増えていました。
良かった。
f0031420_17292071.jpg

自分の経営する店でもないのに、喜びながら、お蕎麦を食べて帰りました。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-14 17:29 | 美味しいもの | Comments(0)

恋する乙女心は、長生きの秘訣   

私の身近に75歳の女性がいます。

熊本地震で家が被災して、とても落ち込まれていました。

でも、最近は、
「今日、凄く素敵な男性と電車で一緒だった!」
とか
「韓流スターのあの人がやっぱりカッコイイ!」
と、恋する乙女のような言葉が出てきました。
表情も、明るい。

個人復興が出来ているようです。

長寿国、日本。

長生きの年の数ではなく、寝たきりにならず、好きなことをして、自由に行動できる高齢者が増える事が、重要。

芸能人でも、身近な人にでも良いので、恋する乙女心をもてること。

素晴らしい、長生きの秘訣です。

但し、ストーカーにはならないように、気をつけないといけませんね。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-12 17:39 | ひと | Comments(0)

新生アイアン・ウーマン   

離婚して、20年。
誰かの後ろに隠れて生きる。
はありませんでした。

強風も、大雨も、猛暑も子供より先に受け止め、生き抜いてきたつもり。
気がつけば、私の守り本尊、不動明王のような人相や態度になっていたかもしれません。

そして、今もひとり、熊本地震後の苦難を乗り越える途中です。

負けたくありません。この不遇に。
身体に影響もかけたくない。

母はストレスで大腸癌になり、他界しました。

私は、まだ病気にもなりたくないし、天国にも行きたくない。

すべて、心の持ちようと自分に言い聞かせています。

今の苦難を乗り越えたら、きっと私は「新生アイアン・ウーマン」になっているのでしょうね。

ある人から、「甘え方を学ぶ時ですよ」と言われました。

人に甘えず、何とかひとりで乗り切ろう!と生きてきました。
周りに迷惑をかけないようにと。

でも、鉄の女でも、可愛い部分はちゃんと表現しようと、ただ今訓練中。^0^
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-11 17:55 | ひと | Comments(0)

日新   

今日も新しい一日の始まり。
f0031420_17581766.jpg

寝室のカーテンを開けると、この風景。
肌寒い気候に朝日のまぶしさが、温かく感じます。

ビルの修復工事の足場が邪魔ですが、あと少しの我慢。

日はまた昇る。

今日が一番、今を大切に。

そして、明日への希望を・・・。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-09 17:59 | 季節 | Comments(0)

きせきの女友達   

f0031420_7284399.jpg

2ヵ月前位に集まった高校時代の友人達。
小学校からの付き合いの友は50年以上、高校からでも43年は経つ。
これだけの友が、いまだに集まることは、「奇跡」だと思う。
昨日、スマホにたまった写真のデータをチェックしながら、あらためて素晴らしいと思った。
「奇跡」であり「軌跡」
半世紀近く続く関係。
それも、何か理由をつけては、年に何回も会う女性の友達。
当たり前のようで、当たり前ではないはず。
何十年もの間には、それぞれ人生で大きな出来事がいくつもあった。
もちろん、トラブルや意見の相違も。
でも、「違い」を、みんなが受けとめ合う関係。
これは、素晴らしい。

高齢化社会の主人公として、「老い」の時代をどう生き抜くか?!
が私たちのこれからの課題。

ひとりで生きる精神力をもつ覚悟。
でも、みんなで、笑うのも簡単に出来る関係。
これは、人生の宝物。

きせきの女友達と、来年は還暦のイベントを考えよう。

先日、テレビ番組で、三輪明宏さんが話していた言葉。

「人間に平等に与えれた、ただ一つのことは、必ず死ぬということ。
覚悟を決めて、どう生きるか。を考えることが大切。」

私も、いつも考えます。
今の自分を大切にして、死ぬまで活きようと。

女学院時代の友人が健康で全員集まるのは「きせき」。
ひとり欠席したYは、乳癌を克服して今、自分時間を大切にしています。
彼女の欠席は体調不良ではなく、先約で他の会に出席。元気です。

愛ある距離感で、見守り合う友。

難しい、哲学的な話は無し。他人の悪口で盛り上がることも無し。

永く続く楽しい関係は「美味しいものを食べる時間」を共有すること。

これが、元気で生きることに繋がる気がします。

今度は、いつ会えるのかな???
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-08 07:53 | ひと | Comments(0)

ツリーハウス?!   

完成した家も、庭が整って、初めて「家庭」となります。

昨日は、御船の山の中の樹木園に建築家とお客様と「木」を見に行きました。
f0031420_957893.jpg

存在感のある木を数本植えて、後は、少しづつ家族で庭を作っていく。

暮らしながら、「家庭」は、築いていくものですね。

樹木園は、かなり広く、勝手に歩くと、迷子になってしまいそうなところです。
植木市や、ガーデニングショップの卸元です。

そして、途中見かけたのが
f0031420_9595817.jpg

ツリーハウス???

木枠を組み、コンテナをのせて、ウッドデッキをつくったもの。
かなりワイルド。

でも、面白いし、簡単そうだし、私好み。

住宅は、どうしてもきっちり創り込まないといけません。

でも、「遊び心」は必要ですね。私には。

森の中を歩く時間。

全部売り物の樹木です。なので人工的な森です。
でも、楽しい時間でした。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-06 10:03 | 家づくり | Comments(0)

今のわたし   

f0031420_1756457.jpg

昨日の散歩中、お地蔵様を祀ってある建物の看板に書かれた、「放牛」の言葉。(色字クリックで放牛説明)
大昔の人に、なぜ今の私の気持ちが分かるのか???
なぜ、この場所まで、導かれたのか?

不思議な散歩の時間でした。

近い将来の為に、今は、動けなくても、ひとやすみと考える。
地震後の色々な苦難も、今は静観するしかない。
と考えていました。


家に帰って、即書いてくれた「今のわたし」
「書道家稲田春逕」は、ただ者ではない。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-04 20:10 | ことば | Comments(0)

歴女と歩く、散歩道   

文化の日。
歴史の文字に詳しい、というより「おたく」という程、興味を持つ女性と朝の散歩。
f0031420_1043518.jpg

秋晴れの気持ちの良い朝。
なんか、旅行先のよう風景ですが、実は超地元。
f0031420_10453322.jpg

地元の人は、すぐ分かる場所。
後姿は、アスリート。
でも、着物姿に筆を持てば、「凛とした書道家」の顔になる女性。
稲田さん。
f0031420_10475411.jpg

「おたく歴女」でもある彼女は、必ず石碑の前で止まり、文字を読み内容を説明してくれる。
学生時代、社会、歴史など苦手な私だったのに・・・。
教科書の棒読みと暗記より、はるかに楽しい歴史を教えてくれる女性です。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-03 10:49 | ひと | Comments(0)

倖せって???   

倖せって、何だっけ?何だっけ?
と、さんまさんが歌ってたな。



倖せって何?

色んなことを抱えると、身動きも取れず
苦しくなる。

人の倖せのものさしのサイズは、個人差がある。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-02 21:18 | ひと | Comments(0)

空間財産   

何の縁なのか、唐人町の町家に魅かれて、15年。
熊本市内の繁華街に生れ育った私でも、子供の頃は唐人町が遠かった。
そして縁あって、築100年の町家を活かすことに。
f0031420_21173315.jpg

今日は「町家再生」に忙しい一日でした。
熊本市と、建築士会の方と、大阪からの構造専門家との打ち合わせ。
f0031420_21194130.jpg

私の建築仲間も、町家再生のプロジェクトには参加してもらいました。
とても、心強い。
f0031420_21214398.jpg

私にとっては、この町家は、空間財産です。



[PR]

# by k2kikiya | 2016-11-01 21:24 | 家づくり | Comments(0)

家づくりは楽しい!   

晴天の秋空。
f0031420_22183375.jpg

友人の別荘に来ています。
と、書きたい風景。
でも、実際は建築家のアトリエのウッドデッキ。
江津湖の湖畔にあります。
f0031420_22382050.jpg

打ち合わせ中です。

家づりの打ち合わせは好きです。
自分の家は何軒も建てられないけど、お客様の家で、我が家を毎回建てる気分で、楽しんでいます。

但し、地震後、被災別件の修復工事を優先しているので、職人さん不足で新築計画の工事は、着工は未定。

夢が現実のカタチになるのは、半年後位からです。

家づくり日記 日々更新中!(色字クリック)
[PR]

# by k2kikiya | 2016-10-29 22:39 | 家づくり | Comments(0)

あれは、五年前…   

f0031420_1863595.jpg

五年前の私。

今の私のことなんか、絶対想像していない。

想像できないはずの笑顔です。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-10-26 18:08 | ひと | Comments(0)

感情解放のテクニック   

何の予備知識もなく、申し込んだセミナー。
ストレスやネガティブな感情を開放するパワフルなツール「EFT
詳しくは色字クリックで。

友人が、
「震災後、熊本の被災者の心のケアに、わざわざイギリス在住の日本女性がセミナーに来るよ。
無料だし、個人セッションもセラピストがしてくれるよ」
と誘ってくれました。

心が疲れているのは、自覚症状があるので、無料なら受けてみよう!の軽いノリでセミナーに参加。
f0031420_930545.jpg

受けて良かった!と感じました。

スピリチュアルでも、占いでもない、
心の針灸内科のようなものでした。

それも自己ケアで、自分の心の底に沈めて封印したはずの、記憶や感情を全部吐き出して消化するというものでした。

ネガティブな感情、言葉、それらと連動する体の痛みや変化。
それを、自分で考えながら、体の気を流すツボを指で軽く叩きながらつぶやく。

その言葉を吐き出すことで、自分の体も軽くなり、自己解決までの道を自分で導くテクニックを教えてくれるのです。

私にとって、ネガティブな言葉は「NG」
でも、同じことを何べんも人に話している事を認識すれば、「解決していない根深い心のダメージがあることは、間違いないのです。

介護している方へのテキストもいただきました。
でも、介護だけでなく、看病や、子育て、会社や日々生きてる中で、「こころのバランス」は崩れています。

それを、隠して、自分自身とは向き合わず
「私は元気」と言っていたら、いつか倒れます。

色んなやり方で、心身の健康管理はやれると思います。

とても大切なことは、
「自分を愛し、労わること」

日本人は、「我慢」と「几帳面」を美徳として育ってきたけど、それで自分を苦しめているところもある。
もっと、気を楽にして自分を大切にしましょう。
と、指導された溝口あゆかさんからメッセージを頂きました。(色字クリック)

最後に、セミナーを受けた人たちが挨拶をすることになり、私の言った言葉。

「君はひとりで大丈夫!」といつも言われてきました。
でも、私は、今大丈夫ではありません。きついし、頑張りたくないし、休みたい。
と言えるようになりました。」


セミナー会場を出る頃には、心が軽くなった気がしました。

身動き取れないと感じていた、過去から解放された気分・・・。
[PR]

# by k2kikiya | 2016-10-24 10:11 | ひと | Comments(0)