<   2017年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

当たり前の素晴らしさ!   

毎朝、当たり前に朝陽は昇る。
天候次第で見えない事もある太陽。
でも、必ず、毎朝太陽は昇っている。
f0031420_1063153.jpg

今日も朝日を拝む。

当たり前の毎日の始まり。
でも、心身の健康がなければ、「当たり前の素晴らしさ」に倖せを感じる事が出来ない。

自分で経験したからこそ、分かること。

今日の当たり前に、感謝。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-27 10:07 | 季節

鬼はそば❤   

f0031420_17284182.jpg

頼もしくて、優しくて、傍にいてくれる鬼がいたら・・・。
立春。
暦の上では、もうすぐ春です。

今年の春は、明るい話題が増えると良いですね。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-24 17:30 | 季節

やばい!!!   

昨夜は建築関係の新年会でした。
毎年私は、席から動かず、ひたすら飲んで食べるだけ。
挨拶に来た新人営業マンとは短い会話のみ。
f0031420_21102210.jpg

でも、今年は違った。
酔いが回るのが早いのか、年をとったのか?!
挨拶に来た設備メーカーの営業マンに、自分の過去の話をし始めた。
「あれ?何で私こんな話してるのだろうか」と思いながら、過去の苦労話をしていた。
相手は、席を立てずに困っている。

やばい!!!

嫌われるタイプのおばさんだ。
引退まじかの焦りではないはず。

でも、気をつけよう。
他人には面白くない、過去の苦労話。

自分のことより、相手の事を聞いてあげよう。
若手の未来の話を・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-22 21:15 | ひと

ミラクルライブIN西村創庫   

器季家カフェあとを、今は西村創庫と呼んでいます。
春からは、新しい空間と人財が動き出す創庫です。

その空間でミラクルライブが2月11日土曜日にあります。
小野リサさんのライブ❤

ミラクルです。
震災前から、色々と悩んでいる時に、優しく語りかける歌声に癒されていました。
そして、震災後はきつくても踏ん張っている時、今度は泣いてイイよ!と語りかけてくれるように
感じて、車の中で泣きながら聞いていた歌があります。
ジャポン2のアルバムの中の「いのちの歌」
肩の力を抜いて、心の深呼吸が出来る歌声。
f0031420_13532981.jpg

先日、音楽会実行委員会がありました。
場所提供の西村創庫の管理人として、私も参加。
f0031420_13544633.jpg

熊本地震前から、皆さん自分のまちなみを愛おしく思っている方々です。

今は、復興という文字の活動ですが、いずれは再発展などという看板が上がる地域になるように、励まし合いながら活動している人たちの今回のイベントです。

小野リサさんは、復興支援ライブなので入場は無料でされます。
整理券を朝11時位から配り、演奏は13時から2回公演。

3月から内装工事でライブ会場としては使えなかったはずの場所。
2月のライブ決定もミラクルです。

町家再生と個人復興に日々踏ん張っている私への応援歌としても、楽しみにしています。
神様からのミラクルな立春のプレゼントかな?!
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-20 14:06 | ひと

阪神淡路大震災の朝   

ちょうど22年前の1月17日朝5時46分。
阪神淡路大震災は起きた。

私はその日、建てて一年目の我が家を出る準備をしていた。
子供二人を連れて家を出る日だった。
「離婚」を決行。

私は、神戸周辺で起きている地震のようすをテレビで観ることも出来ない状態だった。
何か大変なことが起きていることは、リビングでテレビを観ている義母の後姿で分かってはいた。

でも、会話はない。
嫁は、孫を連れて出る準備をしているのだから。

運送会社をしている同級生に、わずかな家具類を運んでもらった。

そして、現実を少し理解している12歳の娘と不安な表情の8歳の息子と家を出た。

あれから22年。
簡単には語れない物語が何話も出来た。

そして、熊本地震で被災してまた、大きな人生の転換期が来た。

さて、この先はどういう物語になることか?

実話なので、どの時代のどの話をしても熱く語れる。
ほとんどが失敗話ですが・・・。

まだまだ人生は続きます。
今は、これから3年間の「久美子V字復興物語」の書き始め。

自分の底ジカラを手探りし始めたところです。

22年前には、もう生きていけないかもしれない。
と弱気だった私も、強い女になりました。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-18 14:22 | ひと

月と太陽と出会う朝   

毎朝、6時から8時位の間に無理せず近所の川沿いを歩いています。

ものを考えるのは、朝が良い!
これは父親からの教訓。
朝寝は、人生を無駄にしている。といつも言っていた。
そして父と早朝歩いていた同じ散歩コースを今も歩いている。

勤勉で前向きだった父は、自分の体がパーキンソン病症候群と知ってからも「歩く」を止めなかった。
ひたすら体を動かして、小刻みに震える自分の足を何とかしようと早朝から歩く。
それに、付添うのが私。

今の時期はとても寒かった。
でも、ひとりで暗い中は危ないので、ついて回る。

平成20年の1月24日に父は天国へ行った。

今日も、同じ道を歩いた。
f0031420_852398.jpg

歩き始めた頃は、まだ月灯りがきれい。
そして1時間後は
f0031420_8535432.jpg

まぶしい朝日を拝む。
一日の始まり。

とても気持ちが良い。
父から学んだ習慣を大切に続けていきたいものです。

でも、父は散歩の前に4時位から毎朝本を読んでいた。
それは、今のところ真似できない。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-16 08:58 | 季節

シンプルに活きる!   

熊本地震後、ネガティブにならないように、色んな本を買った。
ブックオフで。
買って安心して、その後は文字を読める状態ではなくなった。
色んな手続きが多くて、精神的にへこんだ。
そして、被災して9か月目に入り、自分の感情を上手にコントロールできそうな気分になってきた。
そして、本も読めるようになった。
その当時買った本の一冊。
f0031420_1043230.jpg

著者 枡野俊明 
発行者 押鐘太陽
発行所 株式会社三笠書房
まだ読んでいませんが、カバーの端に書いてあるこの文章だけでも、すべて納得!
f0031420_10454155.jpg

枡野さんは、曹洞宗徳雄山建功寺住職でもあり、庭園デザイナー、多摩美の教授でもある。
出身は玉川大学農学部。

やっと、文字が頭に入るような状態になってきたので、読書の冬!で、楽しく前向きにシンプルライフを過ごそうと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-13 10:52 | ひと

ひとりで暮らす!   

今、熊本地震で大規模半壊した家をリノベーションしています。
60代の男性Fさんが、一人で暮らす平屋です。
f0031420_1629464.jpg

初めてお会いした時は、「危険」の黄色い張り紙のある玄関で、傷心した表情でした。

でも、残すか!壊すか!で悩まれ、「再生」の選択をされました。
設計打ち合わせが進みにつれて、元気になるFさん。

私に置き換えて考えました。

お子さんは、近所に暮らしています。
でも、
ひとりで暮らす!

子供や孫が集まる場所をに一人で暮らす覚悟。
私も、「ひとりで暮らし、自分を活かす人生」を目指しています。

まさかの地震で、自分の強さを再確認して、自信がついた私です。
ひとりとふたりとみんなと。

孤立ではなく、孤独は、人を良い意味で強くしてくれます。
そして、強さは、優しに繋がっていきます。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-11 16:42 | 家づくり

40年前の私   

成人式の今日。
自分のことをふり帰る。
40年前の・・・。

晴れ着姿で、喫茶店に友人数人と入り、珈琲飲みながら煙草を吸いました。

まるで「猫と犬」
「にや~わん」^0^

大人の仲間入りの意味をはき違えていました。

あ~恥ずかしい!!!
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-09 19:51 | ひと

神様のステージ   

f0031420_83136.jpg

夕方、河内をドライブ中に見た夕焼け。
神秘的な光でした。
神様が降りて来そうな雰囲気の静かな海と、厳かな光。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-09 08:04 | 季節