<   2016年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧   

もういくつ寝ると・・・。   

f0031420_7501332.jpg

子供の頃は、お正月の楽しみは「お年玉」
でも、大人になると、美味しい料理かな?!
先日、おせち料理を学び食べる会がありました。
f0031420_7515547.jpg

書道家稲田春逕さんの企画。
場所は、器季家かふぇあと。
f0031420_7534419.jpg

料理研究家の相藤春陽先生の美味しく学ぶ講座。

伝統文化は、楽しみながら語り継ぐことが大切ですね。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-29 07:55 | 美味しいもの | Comments(0)

好きな器を使う!   

陶芸家の器が好き!と思うようになったのは、いつ頃だろう?
実家の両親には、まったく興味のない世界。
なのに、なぜ私が、30年以上も陶芸家の器を集めているのか?

ご先祖様には、石工はいます。
首里城建設に関わった人が。

それと関係あるのか?

パンを買うお金がなくても、陶器を集めていた主婦時代。
f0031420_8511161.jpg

今回の地震で、かなり割れましたが、それでもまだ使いこなしていない器たち。
来年は料理研究家の女性とコラボして、作家の器をどんどん使ってもらうことにします。
f0031420_8533226.jpg

ローゼンさんの器も大好き。

旬の素材を作家の器に盛る!

楽しみ!!!


三早枝ローゼン作品販売会  11月30日まで開催中

熊本市、中央区西唐人町10 器季家カフェあと。
問い合わせ 090‐9070‐8168  東
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-26 08:55 | 創り人 | Comments(0)

陶芸家・ローゼン三早枝展   

11月25日から30日まで、器季家カフェあとでローゼン三早枝展を開催。
f0031420_11194566.jpg

壁面アートの陶版から花器、カップ、小鉢が並びました。
f0031420_11211757.jpg

f0031420_1121458.jpg

f0031420_11221246.jpg

f0031420_11225969.jpg

f0031420_1124540.jpg

f0031420_11243158.jpg

ローゼンさんの作品は、使わない時は、見せるオブジェ。
置いてあるだけでも、存在感があります。

期間中は、私もサポート役で会場におります。
無料でお茶を飲めるコーナーもつくっております。
お気軽に遊びにいて下さい。

お問い合わせは、
090‐9070‐8168 東まで
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-25 11:37 | 創り人 | Comments(0)

油断大敵!   

早朝、スマホの地震警報の音。
福島で地震。

テレビをつけて見始めたら、恐くなってきた。

熊本も油断大敵。
いつ、何があっても動揺しないシュミレーション。

どうすれば良いのか?

天に祈るしかないのかな???
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-22 17:57 | ひと | Comments(0)

念願のものまねショー   

f0031420_9544644.jpg

念願の英太郎の物まねショーを見ることが出来ました。
嬉しかった!
楽しかった!
おもしろかった!


30分間は、あっという間でした。
年甲斐もなく、一番前座って、かぶりつき状態で缶ビール飲みながら歌とトークに満喫。

やっぱり「笑い」は私を幸せにします!^0^
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-21 09:58 | ひと | Comments(0)

生きる   

f0031420_752844.jpg

伝統工芸館に蜩窯の個展を見に行き、ついでに上がった2階で目にしたポスター。

熊本震災後に企画された展示会があっていました。
テーマに魅かれました。
f0031420_7572562.jpg

書いてある文章を、書き出します。

「 人は数万年前、「食べたい」という強い思いから「暮らしの道具」をうみ、
豊穣と繁栄を祈る気持ちから「心の道具」をうんだ。

人は、この二つの道具を原点に、様々な用途を持つ「生きるための道具」を作りだしてきた。
 2016年、熊本は大震災に見舞われ、人々があらためて「生きる」ことに向き合った。
 21世紀の豊かな日本に生きる私たちは「生きたい」という思いを今後どのような道具で叶えていくべきか、多くの人と考え、熊本から発信する。
熊本は縄文時代にも人が住めないほどの大きな被害に遭っている。
その復興の際、重要な食糧源だったドングリを本展では、復興のシンボルとした。」


縄文時代の大きな被害とは、阿蘇の噴火と地震でしょうか。

人間は、大自然の中で暮らしています。
時代は繰り返されます。

「生きる」を考える時期ですね、今は。

熊本は、放射能汚染の被害はありませんでした。
「食べる」に関して、とても恵まれた環境です。

食料品の廃棄、コストの安い服の使い捨て、空家の放置。

色々と「暮らしの問題」を「こころの問題」として、

「こころ豊かに生きる」を、ゆっくり、しっかり考える時だと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-19 08:15 | ひと | Comments(0)

吹っ切れました!   

色々思い悩み、考えてきたこと。

吹っ切れました。

ある事を境に。

今朝は無性に歩きたくなり、日の出と共に、川沿いを散歩。

自分ブランドとは?

これまでの人生で培ってきたものとは?

自問自答の日々でした。

そして、私が窮地に立った時の周りの言動と自分の動き。

ブラックホールにいる時間は長かったけど、這い出せる元気が湧いてきました。

単細胞な私は、もう悩みません。前に進むのみ!
f0031420_9261333.jpg

図書館で借りた本を、読みながら近い将来を楽しく妄想しようと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-18 09:26 | ひと | Comments(0)

一日遅れのお月見会   

f0031420_16161452.jpg

一日遅れのスーパームーン。
大きなお月さまでした。
夜の散歩も気持ちが良かった。

お月様、年末まで私を優しく見守って下さいね。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-16 16:19 | 季節 | Comments(0)

65歳の暮らし方   

仕事を一生現役でやる!
年金と、わずかな貯蓄では生きていけない!

と考えていた。
一年前までは。

今もそう。
5年後の私?
どこで暮らすか?
どこが拠点か?
何をしているか?

目の前が霞んでみえない。

街中のアパートも便利で良い。裏を返せば、日々の生活音もうるさい。
f0031420_915355.jpg

先日は11月の花火を見た。
これも素敵。街中の灯りは賑やかです。
f0031420_916458.jpg

そして、同じ日の昼間は、南阿蘇の家を片付けに行って、「静寂の時」を過ごした。
聞こえるのは鳥の声だけ。

どちらも、手放したくない。
でも、私の65歳はどこにいるのかも、みえない。

仕事はする。
これだけは、自立したシニアライフにとって必要なこと。

でもその先が・・・。

とりあえず今は、この一週間くらいのことを、ひとう、ひとつ考えて前に進もう!
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-15 09:21 | ひと | Comments(0)

南阿蘇のそば道場   

震災後、お客様さんが減り、いつ行っても寂しい状態でした。
それが、先日
f0031420_17274880.jpg

賑わってました!
f0031420_17281664.jpg

手打ちそばづくりの体験をする人も増えていました。
良かった。
f0031420_17292071.jpg

自分の経営する店でもないのに、喜びながら、お蕎麦を食べて帰りました。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-14 17:29 | 美味しいもの | Comments(0)