<   2015年 09月 ( 23 )   > この月の画像一覧   

今の年寄りは!   

さっき、道で近所の病院の場所をたずねられた。
60代後半のおばさん。(ちょっとむかついたのでこの表現で)

おばさんは、
「すみません。〇〇病院は、この近くですか?」と尋ねてきた。

「はい。でも、この先をまっすぐ・・・・」と話し始めたら、私を背にして歩き始めた。
まだ最後まで説明していない私は、ビックリ。

「三つ目の信号を左に渡って下さいね」と後ろ姿のおばさんに伝えた。

おばさんは
「はい!はい!」と振り向きもせず歩いて行った。

お礼もなければ、会釈もない。

「今の若いもんは!」の言葉より、「今のおばさんは!」という心境で私も歩き出した。

高齢化社会の真っ只中。

自分中心の高齢者が増えたらどうなるのかな?
恐ろしや、恐ろしや。

気がつけば、私も自己中おばさんの仲間入りなのだろうか???

私たちの後姿を見て育つ若者に、期待するのは可愛そうかもしれない。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-30 12:59 | ひと | Comments(0)

女将の立ち位置   

私は、これから主役より裏方、縁の下の力持ちが良いと思っています。
なので、後ろに隠れているつもりですが、気がついたら前で話しています。

困ったものです。

女将の立ち位置はどこか?!
いつも意識していないと、軌道修正が必要に。

毎回、イベントや会食のおもてなしの場合、誰をどのように喜ばせ、盛り上げるのが良いのか?
役目、売り上げも考慮しながら進めていきます。

でも、現場で動くのは私ではありません。
結果報告を聞くのが私の役目。

私がの「我」ではなく、スタッフのおかげの「下」になってこれからは進んでいきたいと思っています。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-28 09:28 | ひと | Comments(0)

お酒繋がり・・・。   

昨夜は、器季家貸切で「日本酒を楽しむ会」がありました。
f0031420_8261186.jpg

新町の木村酒店のご夫妻と素敵な仲間たちの会。
f0031420_8273237.jpg

店主とお客様というより、ほんとに「仲間」という感じ。
満月前夜祭は、楽しく盛り上がりました。
私も途中で少し参加。
辛口、爽やかや味はどこの酒だったか?!今度ナンシーさんに確認しよう。

これからの季節、日本酒がおいしくなります。
お酒繋がりの素敵な会でした。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-27 08:30 | 美味しいもの | Comments(0)

朝日の中で   

今朝の空
f0031420_7405923.jpg

朝日が昇る頃、自然と口ずさんでいた曲。
朝日の中で微笑んで」(色字クリック)
心地良い秋風が、時々切なく感じる。

情熱的な夏が終わり、静かに現実を受け止める秋がくる。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-26 07:42 | ひと | Comments(0)

惰性   

流れに身をまかせる。

それは、自然体とは違う。

今の私は、惰性にも取れる動きをしている気がする。

軌道修正するには、かなりのエネルギーが必要。

あまり先延ばしは出来ない。

何とか手を打とう!!!
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-25 23:23 | ひと | Comments(0)

自分の底ジカラ   

私は、いつも窮地に立った時、ひとりごとのようにつぶやきます。
「久美子の底ジカラは、まだあるのでは?まだどん底ではないのでは?!」
と。
これで人生を乗り越えてきました。
これは、人に「助けて~!」といえない可愛くないもっこす女の心の声です。

でも、これが日々繰り返されると、自然に心と頭の筋肉がつき、何とかたくましく生きていけるのです。

困ったらすぐ人に「SOS]を出していたら、依存型人間で、ネガティブ思考のおばさんになっていたのかもしれません。

人はひとりで生きている訳ではありません。
どんな人でも、周りの人の力を借りて生きています。
それに、気がつくか、感謝するか、恩返しできるくらい自分の底ジカラを発揮するかは、自分次第。

決して歯を食いしばり、無理して心身をぼろぼろにして底ジカラを出せ!と自分に言い聞かせている訳ではありません。

自分に出来ることを、自分に問いかけているのです。
常に。
同時に、周りとどう関わっていけば道が開けるかも考えながら。


五体満足でも、どこかに病を抱えている人は多いです。
それを嘆くのか、活かせる部分で前に進むのか?

これも自分次第。

最大の見方で、最大の敵は自分だと思っています。弱さを強さに変えるのも自分。

喜怒哀楽のこころを平常心に整えていく力が「底ジカラ」につながります。

自然体に振る舞う。
自分の底ジカラに余裕があるかないかでも、立ち振る舞いは違ってきます。


自分の可能性は無限大。
と思うと、元気が湧いてきます。

「倖せな人生だった」とこの世の終わりに自分で呟くためにも、
自分の底ジカラを、楽しみながら探していきたいと思います。

決して、人と比べない、自分の人生を楽しむために。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-24 08:43 | ひと | Comments(0)

から芋大好き女   

食欲の秋。
体重制限は気にしながらも、この連休は外食が多い。

そんな時は、食物繊維が多く入った「から芋」をおススメ。

私の子供の頃の大好きなおやつは「から芋」でした。
蒸して、塩をかけてそのまま皮ごとガブリ。

何個でも食べれます。
そんな「芋好き」女は、カフェで「芋とりどりのお菓子」を売っています。

それを器季家ブログに書いたら、某テレビ局のディレクターさんが「芋と栗」の対決を番組にしたいので取材させてください!と依頼がありました。


もう、私はテレビに出るのはしばらく断るつもりでいたのですが、主役が「から芋」ならOK!
と即答。スタッフ誰も出演なしです。

そして、ご近所の「唐人町のケーキ屋」さんとの「おやつ時間コラボ」も宣伝して下さるそうです。

ありがたや、ありがたや。
f0031420_15155823.jpg

可愛いめぐみちゃんが取材してくれました。
放送は、9月29日夕方テレビタミンです。

美味しそうな芋たちが主役です。
唐人町のケーキ屋さんのマロンスイーツも並びます。

さて、熊本の人は「から芋と栗」どっちが好きな人が多いのでしょうか???
結果は、テレビ放送で。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-23 15:11 | ひと | Comments(0)

軽老の日   

軽やかに、年を重ねることを意識する日。
すなわち、私にとっては、まだ敬われるほどの人格もないので、自分自身の年のとり方を考える日と思っているのが、カレンダーの「敬老の日」

昨日は、老人介護施設に暮らす女性をたずねた。
前回伺った時「カステラが食べたい」と言っていたので、お菓子セット持参で。
f0031420_1415776.jpg

突然の訪問。
彼女とは電話でのやり取りが出来ない。私の携帯男番号も忘れてしまったと思う。
食事前で、大きな食堂の窓際に彼女は座っていた。
f0031420_1442541.jpg

Mさん、母と同じ年で、今年85歳。
施設内でも、いつもおしゃれをしている。
首からいくつものネックレスを下げ、指輪もはめ、真っ赤のブレザーにコサージュまで。
どこかに、コース料理を食べに行くような装い。

素敵です。
周りの入居者は、皆さん地味な色合い。



スタッフの方と外出イベントの時は、きっと真っ赤な口紅をつけているはず。

初めてお会いしたのは、父が67歳の時、彼女が60歳、とても華やかな女性でした。
ご主人が癌で他界され、その後、父と社交ダンスクラブで知り合ったそうです。

暮らしぶりが全く違う60代の男女のお付き合い。
親の恋愛ながら、興味津々でした。

色々あった彼女と父と子供たち。

今では父も他界して、私が時々元気かな?と訪問する程度のお付き合いになりました。

母が他界して落ち込んでいた当時、心身ともに支えてくれた女性。
感謝しています。

金銭的なドロドロは全くなく、自立した高齢者同士の恋愛でした。

人間の最後は、男女ではなく人としてどう関わるかに変わっていくのかもしれません。
父と彼女は共存の関係。

彼女には子供さんがいません。

彼女はひとりで生きる覚悟で、早々に施設にも入り、悠々自適の暮らしをしています。

私は、施設を出て駐車場までの道を歩きながら考えました。

私には、高級施設に入るお金もない。85歳の時どんな暮らしをしているのかな?と。

すると私の前を、ちょっと腰が曲がった70代位の女性が自転車をこいで通り過ぎました。
軽やかに元気よく。


「これだ!」と思いました。
車の運転がめんどくさくなったら、まちに降りてきて公営の老人アパートに暮らし、仕事をする。
通勤は自転車?徒歩?

これが私の70代後半からの姿?!かな???

軽やかに年を重ねる日々は、もう始まっています。

毎日が「軽老の日」なのです。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-22 14:23 | ひと | Comments(0)

大好きな季節   

f0031420_10184130.jpg

小学校の頃から出ていた藤崎宮のまつり。
大人になってもしばらく出ていた。

そして、今は、見ない。
ゆっくり静かに山にいる方が好き。

でも、今度の連休はゆっくり休みはない。
仕事もあり、同じ場所に何日もいられない。

昨夜、たまたま食事会が終わり、街の中でまつりを見た。
祭りが終わると、季節は秋。

肌寒い風が、切なくも心地よい。

秋から冬。

心や体の傷がいやされないままに季節だけが、また巡っていく。

自然界の色も変わる。
緑から、黄色、赤へと変わっていく。

進化か脱皮か、成長か、いづれにしても

人も変わらないとね・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-21 10:25 | 季節 | Comments(0)

初心を思い出せ!   

息子に筋トレを指導してもらって、1年半が経ちました。
最初は、水も2リットル毎日飲み、食事もメモして、日々カロリーを気にしながら、週2回体重を息子に報告。

最初は食事のことも厳しく指導していた息子も、最近では諦めモード。
9月に入ってからは、徐々に体重が・・・。

今日の仕事は、お客様とキッチンのショールーム回り。
f0031420_1761018.jpg

最近は、インテリアショップに様変わりしたようなTOYOキッチンを見た後、近くのイタリアレストランでお客様とランチ。
f0031420_177315.jpg

仕事半分、楽しみ半分のランチの時間。

また高カロリーの食事です。
昨夜もお腹いっぱいになる夕食会に。

2月には城下町マラソンの4キロコースに出て、街中を楽しく走る予定。

いくら短い距離といっても、「軽やかさ」がなければ、「年よりの冷や水」状態。
今夜から、今夜からはカロリーを考えた食事にしよう!

筋トレ始めた頃の気持ちに戻って・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2015-09-19 17:10 | ひと | Comments(0)