<   2014年 11月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

ローゼン三早枝・陶展   

ローゼン三早枝さんの「手仕事の軌跡」と題した作品展開催。
シャワー通りAZUMAビル5階Raiz(ライゼ)にて。
f0031420_0373490.jpg

今回のDMにもなった、宇宙的をテーマにしたデザインの皿。
f0031420_039960.jpg

可愛い花器たち。
f0031420_04240100.jpg

会場は、これまでの三早枝さんの過去から今までから作品を選んで展示。
f0031420_0445427.jpg

この器は、ローゼンさんの思いでの一点。
ニューヨークの街並みを表現しています。素敵です。
明日28日から12月1日まで、陶展開催中!」
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-28 00:47 | 創り人 | Comments(0)

大人時代   

両親が他界して、初めて自立した気がする。
もう、甘える存在もなく、ひとりで生きる大人の女。

これが良いのか悪いのか?
倖せなのか、不幸なのか?

大人時代はいつまで続くのでしょうか?

世間一般には、大人。
でも、自分では、まだまだ成長途中のような気がする。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-25 22:35 | ひと | Comments(0)

通潤橋の放水   

山都町へドライブへ。
今、通潤橋の近くに土地を購入して、M邸を建てる計画のサポートをしています。

先日は、建築予定地を確認して、すぐ帰ったので、今回はゆっくり通潤橋を見てみようと思ったのです。
何十年ぶりかに。紅葉と竹林の緑が綺麗でした。
f0031420_2248179.jpg

中学生の時、学校で通潤橋見学遠足がありました。
あれから何十年が経ったのでしょうか。
そして、幸運にも、行ってすぐに放水を見ることが出来ました。
f0031420_22503439.jpg

感激しました。先人たちの石の建築技術に。中学生の時とは、まったく違う感激です。
f0031420_22535899.jpg

マイナスイオンもたっぷり浴びました。
熊本県の名所めぐりだけでも、これからの人生、充分に楽しめる気がします。
ランチは、山都茶寮で頂き、そよ風パークで温泉に入り、久々の休日を満喫しました。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-24 22:56 | 家づくり | Comments(0)

自然の景色が変わる!   

私は山の眺望良い所に小屋を建てたことを、とても良かったと思っている。

でも、周りは耕作放棄地ばかり。

村の人は、後継者がいない畑は、荒れる一方でイノシシの通り道になる。
太陽光発電を設置しようと、動いているらしい。

ちょっと!!!

色々な感情が巡ってくる。

私に「農業をします。この荒れた畑を貸して下さい」
と、言えたら、自然の風景は守れるのだろうか?


無力です。
ひとりの力ではどうしようもない。

村の人は、毎日眺めている壮大な自然には感動は無いのかもしれません。

太陽光のパネルの設置は、自然の風景を壊すす。

私の家の前だけでも、何とかならないものか。

非常にもどかしい状況です。自然エネルギーと自然の風景という点で。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-23 20:15 | Comments(0)

寺小屋日和   

f0031420_1432980.jpg

墨を磨る。みがくと書いて「する」と読むらしい。
先日は、しゅんけい先生のお寺の習字教室へ飛び入り参加しました。
f0031420_1462320.jpg

日々新たなりの「日新」が書けません・・・。
f0031420_1482246.jpg

子供たちは、無邪気に、そして、楽しそうに筆と墨とつき合っています。

私も小学生の頃、土曜日に近所のお寺の習字教室に通っていました。
8時までには家に帰りたかったので、必死でした。
赤丸をもらうことに。

なぜなら、「8時だよ全員集合!」を見たかったから^0^
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-22 01:50 | 創り人 | Comments(0)

人生計画の軌道修正   

80歳までのライフプランはいつも意識している。
もちろん、思い描く通り、計画書に書いた通りにはならないことは、分かりながら、言葉にしたり、書いたりしている。

大切なのは意識することだ。

自分の未来像を描くことは、とても大事。

方の力を抜き、浮草のように浮遊層の暮らしはしていても、水面下の足は、ちゃんと目標値を目指して、緩やかに水をかいている。
そんな状態で、これからも進む。

山に暮らしながら、東へ西へと考えていたのですが。

自分でも、急な軌道修正に驚いている。

来年早々、街の事務所を引越しする。そして、息子と暮らすことに。
息子が、近い将来結婚するであろう日まで。

これは、私の人生計画にはなかったこと。

でも、今しかない、人生の中で双方が元気で一緒に暮らすのは。
と思った。

痴呆や介護で暮らすのは、私の想いとは違う。

大人の会話ができる人間同士、ゆっくり時間を過ごせる家がある。

計画外ですが、来年から数年間、街暮らしを軸に、休日を山で心の深呼吸。

色々事情はあるのですが、父が他界して、介護からも解放され、自由気ままに生きてきた私が、息子とどう暮らすかは、イメージが湧きませんが、とにかくこれが最後の同居だと思うので、楽しみ。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-21 07:19 | ひと | Comments(0)

幸福の黄色い椅子   

風水で、西側には黄色が良い!と聞いたことがあります。
f0031420_13555143.jpg

「空を眺める場所」
山小屋の2階の西側ベランダの黄色い椅子。

日向ぼっこは、確かにしあわせ。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-18 13:56 | 季節 | Comments(0)

ブランド力   

仕事や商売に関して「ブランド力」という言葉をよく使います。
大きな会社は特に、名前が広まるための、広告宣伝費もかなり使っている。
宣伝費を莫大に使い、中身とは関係なく、大きく見せるケースもある。

でも、私のような個人商店はどうしたら「ブランド力」は培われるのだろう?
歴史ある町屋を守り活かしたいの個人力。
マイナスからのスタートでした。

今の答は、「続けること」「品質を上げること」「丁寧に接客すること」
この三つを大切に、日々反省、日々進化です。

会社は利益を上げなければ、継続できません。
色々な意味で、私は逆行しているのかも。

思い出しました。
島根に会いに行った社長の言葉。

「君は、逆行小船の生き方をしているね。
「ばかもん」「わかもん」「よそもん」の力を合わせて進みなさい。」

その意味がよく分かります。

「継続は力なり」
今やっていることが、10年後もやり続けることが出来るためには、やり方、やる人の意識も変えながら、他力にも活かされながら進んで行こうと思います。

そして、気がつけば、月日が流れ、私がやり続けた事が力になって「ブランド」となるのでしょうね。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-17 09:02 | ひと | Comments(0)

宙に浮く!   

バッタが宙に浮いていた!?
f0031420_111653100.jpg

街中育ちの田舎もんは、こんな状態も楽しんでいます。
ただ、フロントガラスにバッタがへばりつき、出かける私を止めようとしている・・・。

こんなに近くで、バッタのお腹を見たことがなかったので、興奮しました。

平和ですね!わたし。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-15 11:18 | 楽しみ | Comments(0)

浮遊層の暮らし   

何やらまた政治の世界が、年末にかけて慌ただしくなっているようです。

私は、少々の風が吹いても、波が来ても、日々の暮らしにはあまり関係ありません。
関係ないというより、水鳥のように水面下で必死で足を動かし、表情は、普通にスイスイ泳いでいるように、すまして暮らしています。
必死とか一生懸命は、他人には暑苦しいだけですよね。
なので、表情は、「ナンクルナルサ~」の笑顔で。

だから、私は富裕層と言うより、浮遊層の暮らしです。


お金がある所には、またお金が入る話が近寄っているのでしょうね。

引き寄せの法則。

儲ける。信じる者。信頼を得る者。

貧乏暇なしの暮らしではなく、ほどほど豊かなお金と時間。

これは大事です。

人に依存しない、高齢者の暮らし。

自立した浮遊層の暮らし方。

少額のお金でも楽しめて、引きこもり老人にならず、ふわふわ軽やかに働く。

人生90年とすれば、まだまだ長い。

色々考えることがありますね・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-13 12:09 | ひと | Comments(0)