<   2014年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

書を飾ろう!   

室内を見まわして、自分の暮らす空間にどれだけの書があるだろうか?
私は女性書道家稲田春逕(しゅんけい)さんと出会い「書」に対する想いが強くなりました。、

その中でも一番は、「掛け軸を家に飾ろう!」の想い。
骨董品や高価な美術品としての書ではなく、身近に感じる「文字力」
意味も理解できる書。

床の間や和風の壁が少なくなった家創りの状況はありますが。季語の書を壁に飾る。
まさに文化遺産として残したいものです。
f0031420_9112579.jpg

「雪月花」この意味を深く味わった今年の冬。
山の雪の中で満月を見た時のきれいさ。そこにけなげに咲く野の花の強さ可憐さ。
とても心に感じる書になりました。
年を重ねたから感じることかもしれません。

この掛け軸は自分で書きました。しゅんけいさんの指導のものとに。
もちろん、私に才能がなく、字の評価は全く0に等しいことは承知で写真に出します。
でも、この掛け軸が愛おしいのです。

次は春の書を飾ります。

日本の春夏秋冬を楽しめる一つに、書もあるはずです。
季語を飾る、想いを飾る。


昨夜はしゅんけいさんと久しぶりに飲みながら話しました。
彼女のあふれ出る書への想いが、次の世代の書道家の才能へと繋げるように、何か出来ないか?!
と、またおせっかいな「つくるdeつなぐ人」は考えてしまいます。

熊本在住の女性書道家の作品が人の心を引き付ける機会を多くつくること。
身近な暮らしの中に「書」を飾る豊かさ、楽しさを無くさないこと。

さ~!どういう企画をすれば良いものか・・・。

ひとつ浮かびました。
早速、しゅんけいさんに相談しよう。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-28 09:24 | ことば | Comments(0)

動物のホスピス   

後どのくらい一緒にいるのだろう?可愛い娘と。
f0031420_19524989.jpg

リュウマチのような症状で、前足が曲がったのが4歳の時。
2年前位から心臓の調子が悪く、今は肥大して気管支を圧迫しています。
苦しい咳をするので、知人の紹介で薬だけをもらう病院へ私が通っています。
そして、乳がんとも診断されました。
手術は出来ません。心臓に負担がかかるので。

今年の8月で14歳になる娘。

延命治療の強い薬は飲ませたくありません。
苦しまずに天国への願いです。

動物のホスピス。
必要だと思っています。

自然環境は娘の体調には合っているようです。

早く春になって、南阿蘇の心地よい風を入れてあげたい。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-26 20:04 | ひと | Comments(0)

春の予感   

雪で道が凍っていたので、街に泊まって一週間。
早朝からの仕事もあったので、娘のシーズ犬とパソコン、プリンターから着替えまで、長期出張のような荷物を持って移動。
やっと昨日、山に帰ってきた。
心の深呼吸が出来る場所。やっぱり自然の風景と環境は、私を癒してくれます。
早速、玄関とトイレに生花を。
f0031420_9385011.jpg

春の花を置いてみた。
寒さで、肩に力が入っていた日々が、スーと消えていった。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-25 09:43 | 季節 | Comments(0)

真生流の花展   

4月に器季家カフェで、真生流の花展をされるI姉妹と一緒に、陶芸家ローゼン三早枝さん工房へ伺いました。
花器を貸していただくために。
f0031420_19164299.jpg

素敵な花器がいっぱい!
f0031420_19173588.jpg

置いてるだけでも存在感のある器たち。
f0031420_1919263.jpg

どの花器を使うか検討中のI姉妹。
f0031420_19201473.jpg

DM用の写真は撮れたでしょうか・・・。
今回は、カフェの奥の西村邸の床の間にも花を活けられます。
人に貸されるのは、初めてのことです。

ドキドキ、ワクワク!!!
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-23 19:21 | ひと | Comments(0)

神も仏も   

目に見えない力。

信じます。
だからと言って、信心深く何かの団体に入るということでは、ありません。
大切なものは、心の中で受け止めているだけです。

神社でひいた大安のおみくじ。神の教え

神様がどこから私にメッセージを出されているのか?

同じ言葉を2か所の神社で引いたのは、とても意味深いものでした。

楽天知命ではないけれど、これからの人生は、「できる力で人の役に立ちなさい」
を命じられている気がします。


神の心に叶えば嬉し、
暗いこころも、晴れて来る。
お金をためたら、慈善をするという人は、
ためるお金に限度がないから、なかなか慈善が出来がたい。
物がなければ力で、力がなければ言葉ででも、人を慰め、人の力になってやれ。
情けは人の為ならず、慈善をすれば心が明るくなって、まず自分が救われる。


慈善事業は出来ません。
小さな小さな、私に出来ることの積み重ね。
日々、自然に体が動かされている感じがします。見えない力に・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-22 09:30 | ひと | Comments(0)

雅治に会える!   

昨日陶芸家、味府さんの工房へ伺った。
作品展の打ち合わせに。
そこで、何気なくおいてある雑誌に目をやった。
f0031420_8205748.jpg

「福山雅治。良いですよね。私ファンです。竜馬伝の時の雅治カッコ良かった。私も海援隊に入りたかった。」
と言ったら、
味府さんが
「私、5月に福山雅治のライブに福岡ドームへ行くんです。一緒に行きますか?」
私は興奮しながらも、チケットが取れないと思った。
「チケット2枚当たりました。一枚は誰かを誘おうと考えていたんです」

きゃほ~~~!
超嬉しい!!!なんてグットタイミング。

雅治に会える。
正確には、姿を見れる、歌を聴ける。が正しい。

今年は、春から縁起がいい!
f0031420_8262543.jpg

その前に、味府さんの作品展を頑張らねば。
f0031420_827174.jpg

シンプルで、飽きのこない器たちが生まれていました。
f0031420_833254.jpg

4月4日(金)~7日(月)
熊本市中央区新市街13-8アズマビル5階
ギャラリー ライゼ
「味府礼子の春の器展」
日々の暮らしに、馴染む器たちが並びます。お楽しみに。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-21 08:28 | ひと | Comments(2)

夢占い   

昨夜か、今朝かは分からないけど、親友の夢を見た。
天国に行った親友の。

彼女の最後の姿は出来れば記憶から消したい。
でも現実には、よく頑張った。最後まで。

そんな彼女がまだ若く、ご主人と可愛い赤ちゃんと三人でお風呂に入ってる。
裸を見たわけではなく、突然遊びに行ったら、
「今お風呂に入ってるから、ちょっと待っといて」
と言われ、出てきた彼女の笑顔がとても輝いていた。
30代後半くらいの表情。

嬉しかった。嬉しくて忘れたくない笑顔。

彼女は、来世でも幸せなのだろう。

この夢は、どんな意味かな?
夢占いをしている人に聞いてみたい。

とにかく、嬉しかった。笑顔の彼女に会えた!
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-20 08:01 | ひと | Comments(0)

タロット占い   

知人がタロット占いをしてくれた。
「好きなカードを3枚ひいて!」と言われ
ランダムに引いてみた。
初めてのカード占い。
鍵穴の絵、光に導かれる女性の絵、農夫が何か道具を持っているような絵。
占ってくれた人も、まだ経験値が浅いので、
私が引いたカードが全部初めて見た絵らしい。
手引きを見ながら、その絵の解説をしてくれた。

鍵穴の絵は、直感を信じて突き進むという意味。
光を浴びている女性の絵は、再び大切なものを取り戻す。
農夫の絵は、身辺をすっきり整理する。

みたいな意味があるらしい。

すべて当たっている。

私は、動物的臭覚を持っている気がする。そして「感」を大切にしている。
大切なものを取り戻すは?だけど、これから人生に大切なものは何か、気がついた。
そして、断捨離ではないけど、本当に大切なものは「目には見えないもの」なので物質欲が無くなった。

究極の欲は「こころ」の持ち方。

ありがとう。愛してる。ごめんなさい。、許してください。

単純で重要な心模様を豊かにすること。

タロットカードに教えられるまでもなく、今、私はこれから人生に、何が大切かに気がつき始めている。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-19 18:19 | ひと | Comments(0)

想いがあふれる・・・。   

誰もしてないことする、道のないところ歩く、本人が気がつかない潜在的な魅力を伸ばす・・・。
ものづくりプロデューサーの想いは膨らむ一方。

あふれる想いが多すぎて、色々と企画の事を考えていると、時々、帰る道を間違えてしまうことも。
南阿蘇に帰るはずが、内の牧の方へ直進していたこともある。
夜なので、風景が違うことも気がつかなかった。

器季家カフェでの想いは、4月から販売開始のかき氷のこと。
南阿蘇の金龍山の伏流水を氷にします。
f0031420_19482991.jpg

山の台所も作りました。
そして、木を伐採して畑に。
f0031420_1958126.jpg

今月末には果樹も植える予定。
柑橘系から葡萄系、柿に栗に、それから・・・。

実がなったら、ジャムやシロップづけ、ジュースにしてカフェで出そう!
考えるだけで楽しい。

でも、もしかしら、「考える」だけで終わるかも。
根付かなかったら、枯れたらの一抹の不安はある。
結果は2年後に分かるでしょ。

ほかに、家創りの内覧会、ギャラリーライゼの企画展の案も。

とにかく、やりたいことがあふれる毎日。

家創り日記も毎日更新中(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-18 15:18 | ひと | Comments(0)

強い女になりました・・・。   

山の自然は、私を更に強い女に育ててくれました。
初めての大雪。
経験値もないままに、ひとりで暮らす。
f0031420_17504910.jpg

15日の夜、外は満月の月灯りで、雪が輝いて見えた。
あまりにも美しいので、夜中に外へ出てお月見。かまくらでも作りたい気分だった。
翌日、外を眺めたら
f0031420_17383886.jpg

昨夜、歩き回った私の足跡が方々に。
私はキタキツネか!イノシシか!と自分でもおかしくなった。
f0031420_17395079.jpg

ベンチの雪座布団に座ってみたかったけど、がまん。

外の自然は、満喫したので次は家の中で。
薪ストーブの前に、こんなに座ったのは初めてという時間を過ごした。
f0031420_17433318.jpg

ちゃんと、ひとりで火もおこせるようになりました。
冬期オリンピックから映画まで、薪ストーブの炎に癒されながら座り続けました。
テーブルには珈琲からワインまで何でも手の届くところにおいて。

来年の今頃は、やまん婆から女仙人に成長しているかも^0^

数年後からは、冬は沖縄に長期滞在を妄想中!

もちろん、恋人や友人はいますが、基本は「どこでも、ひとりを楽しめる」が「おとなの女」です。
[PR]

by k2kikiya | 2014-02-17 17:47 | 季節 | Comments(0)