<   2013年 10月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

言語欠落性   

ある恋人たちの会話。

女性
「ねえ~!たまには私を美味しい料理を出すレストランに連れて行って!ハプニングで」
男性
「・・・?そんな驚かせるようなことは出来ない」
女性
「は~?」
男性
「だって、予測も出来ない料理店には連れていけない。何が起こるか分からないのは心臓に悪い」

会話がかみ合っていない。

女性が、「サプライズ」と言うつもりで「ハプニング」と言ってしまったのです。
男性は女性の言語欠落性を知っていて、わざとまじめに答えました。顔は笑っていましたが。

身近な女性の実話です。
日々、漫才のネタのよう会話が・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-31 08:50 | ひと | Comments(0)

来年の準備   

薪ストーブの炎を楽しむ季節になりました。

我が家はまだつけていません。
寒くないのです。
夕暮れ時に、少し電気ストーブをつけるくらい。
断熱性の高い施工をしたせいでしょうか?!
それとも私が、寒さに強いからでしょうか?

でも、来年の薪の準備も兼ねて、下の土地のヒノキを伐採します。
f0031420_8182384.jpg

道路に面した一列を残し全部伐採します。
その効果は
眺望が良くなる。
薪が出来る。
畑が出来る。

今年中に「阿蘇の暮らし」のステージは整います。
後は年月をかけながら、少しずつ季節のリズムを作ろうと思います。
春夏秋冬の暮らし方。
自然の中で心の深呼吸。

楽しみです。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-29 08:21 | 季節 | Comments(0)

開眼   

人の良い所をきちんと見て言葉にしよう!
と思う。

自分の欠点や無力を棚に上げて、理想論と他人の欠点を批判する自分の小さな器に
最近、嫌気がしてきた。

生きることの意味。

深く掘り下げて考えても、哲学者のような言葉は出てこない。

でも

おかげ様で。
ありがとう。
ごめんさない。
これからもよろしくお願いします。


短く、簡単な言葉を心の底から湧き出る想いで言えたなら

きっと、何かがうまく転がっていく気がする。

周りの人のいいとこ探し。
人生ゲームとしては、凄い特典がついてくる気がする。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-28 08:37 | ひと | Comments(0)

自分を知る!   

あれこれやりたいことはいっぱいあります。
でも、これをひとりで出来ないため、他力を探す。
縦割りの組織を作るより、仕事力のある横のつながりをつくるべし!
これは自分自身への教訓。

自分が出来ること。
自分がやりたいこと。
自分がやらなければいけないこと。

自分らしく活きるのに、足かせになるものを自分で作ってはいけない!
と最近、自分を知って自分を戒める。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-26 18:00 | ひと | Comments(0)

古代文字   

昨夜のねいねい塾は「古代文字を和タオルにする!」でした。
書道家しゅんけいさんが主宰の塾です。
墨とアートを楽しむ!で、毎回いろんなことにチャレンジ。
f0031420_1745376.jpg

ゴム印の福と吉の間に青色で書いた文字は「さて、何と言う文字でしょう?!」
答えは
「祝」
示すへんは、神への祭壇を意味するそうです。
そして、右側の絵は、祭壇前にひざまずく人。
ハア~~~!の世界です。
古代人は様子をすべて絵にして、そこから変形させて字が生まれたのですね。
f0031420_1710972.jpg

昨夜は、水俣の愛林館の館長沢畑さんも飛び入り参加。
自然の棚田風景を守る活動をされているので、もちろん文字は「棚田」の古代文字でした。

字を知るは奥が深くて楽しいです。
どれだけの知識の引き出しを、しゅんけい先生はお持ちなのでしょうか?
探究家で、勤勉家で書道家のしゅんけいさん。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-25 17:13 | ことば | Comments(0)

優しい別れ方   

高校1年の時、「優しい別れ方」を習得した気がします。
かなり、激しい失恋をしました。

数か月で終わった、あこがれの人との恋。
彼は、憎まれ役を買って出ました。

彼は、冷たい態度を徹底してとりました。

今時の希薄なネット恋愛なら、どんな態度に出るでしょうか。

私は、「阿蘇の山に埋もれて死んでやる」と言い、彼は「家に火をつけてやる」と言い返す。
16歳と17歳の激しく幼い恋。

でも、お互いに相手と自分のことを思いやれる状態でした。

あの時の別れ方は、今でも教訓として、脳裏に残っています。

優しさという、自分を悪者にしたくない優柔不断な態度は、相手を苦しめる。ということ。

「別れ」を決めたら、誠実な態度で、長引かせない。

先日、離婚と再婚の相談者に

「幸せの神様は前髪しかないのよ!あれこれ悩んでいる間に、あなたの新しい愛は去っていくかも。
これまでの愛が終わりと感じているなら、潔く、謝罪して、誠意ある責任を取りなさい。」

とアドバイ。

私の発言に、「冷たい」と感じるか「優しさ」を感じるかはそれぞれ。

一度割れたカップを接着剤で補修しても、必ずまたどこかに支障が起こる。

「優しい別れ方」
これが分かるのは、精神的に大人になった人かな?!
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-24 07:46 | ひと | Comments(0)

ハーブ畑   

ハーブ畑を作ろう!
と自分自身に語って来ました。
誰でも、マンションなどでも簡単に育てているハーブ。
私は、花を育てるのが苦手。
以前、マンション暮らしの時、大量の土とプランターを買い込み、玄関周辺を、花で飾りました。
でも、数か月で全滅。
日当たりとアブラムシが原因。
山小屋周辺にはハーブ畑と下の段には野菜畑を作る。は決めていた事。
着手日が決まっていなかっただけ。
やれる事から始めたいの思いで、今日はハーブを買ってきました。
f0031420_174481.jpg

アップルミント、スペアミント、ローズマリー、ローマンカモミール。
そして野草のようなコバルトセージ、パイナップルセージを買いました。
店の方が、
「ハーブはかなり広がっていきます。
もし、上に伸ばしたいなら根が広がらないように、土の中に囲いをすれば良いですよ」
と教えてくれた。
早速帰り道に、ホームセンターで、田んぼ用の仕切りに使う波板のようなものを購入。

準備は出来ました。
f0031420_17124281.jpg

後は、この場所の土を少し耕して、枠創りをして植えるだけ。
この場所はイノシシの通り道です。
きっとハーブは嫌いだと思うので、反応が楽しみ。
寒い冬を乗り越えてくれたら、来春は一面ハーブ畑?かな???
自信はないけど。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-23 17:14 | ひと | Comments(0)

本日も晴天なり!   

南阿蘇の今朝の風景。
f0031420_932218.jpg

快晴です。
また台風がやって来るとは思えない静けさ。

人生と同じ。
当たり前のように、平凡に暮らす毎日がいかに幸せか!
今日目覚めたことに、今日出会う人に、今日する仕事に感謝!

人生は波乱万丈!
まさか!でも!やっぱり!、ちょっと!!ワオ~!はぁ~!

色々な感嘆符のつくことが、予測なく起きます。

その時、どう自分自身が対応していくか!
これが大事だと思う。

現実逃避は必ず、また自分につけが回ってくる。

目の前の小さな幸せを大きく感じ、大きな苦難は小さく受け止め、逃げずに対処する。

その習慣が
「本日もまた晴天なり!」と心の晴れへと繋がる。

色んなことに悩む日々。

私の力量では無理!と思う時は、自分一人で抱え込まずに、信頼できる人、仕事力のある人を探す。
自力と他力の知恵で何とか切り抜けようと考える。

人財を探す眼力は常に磨きをかけておきたいものです。


本日も晴天なり!
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-22 09:13 | 季節 | Comments(0)

山ごもり   

昨日は久々に一日中布団の中にいました。
日曜日にこんなことをしたのは何年ぶりでしょうか。
週末や祝日が、家創りの打ち合わせで忙しい時なのです。
でも、先週から、鼻かぜから中耳炎になり、体調不良へ。
こんな時は「山ごもり」と決めました。

いつまでも、「若さと勢いのつっぱしり」は出来ません。

ひと休み・ひと休みの精神で!

布団の脇ににワインとつまみを置き、朝から夜までずーとテレビ鑑賞三昧。
お腹が減ったら、簡単に食事をつくり食べて、布団へ。
お蔭で、床ずれになる感じを体感。

こんな状況は一日で十分です。

さ~!今週も色々打ち合わせやイベントがあります。

無理せず、短時間集中で、「今やるべきこと」をすすめます。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-21 09:40 | ひと | Comments(0)

モラルとルール   

会社組織の中で働いているわけではないので、自由気ままと言えばそうですが、仕事に関してはチームを組んでやるので、そこには最低限の「モラルとルール」が必要だと思います。

モラルを辞書で調べると、倫理観、道徳心とあった。

恥ずかしながら、私は高校の時、宗教倫理で赤点をとった人間です。

校則違反をしたことは、数限りなくあります。

なので、優等生の如く「モラルとルール」を言っているのではありません。

仕事は誰が誰の為に、何をどのようにしていくのか!
という共通認識のものとに、進めないと、長い年月の中で生業から本業へと成長しないと思うからです。

10人いれば10人の倫理観、道徳心の話が聞けるはずです。

その中で、自分がいかに仕事を進めるか!生きていくか!

誠実さと我利我利ではない金銭感覚。

チームでブランドを確立するためには、常に「モラルとルール」についての認識確認は大切な気がします。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-20 09:18 | ひと | Comments(0)