<   2013年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

不動明王   

私の守り本尊は「不動明王」です。
酉年の人は皆。
怖い顔をしているので、私に似てるのかな?と思う時もありますが、この顔には深い意味があるらしい。
その不動明王を熊本で祀っているお寺が、富合町の長寿寺、木原不動尊です。
今日は、H邸地鎮祭。
長寿寺の住職がお祓いをして下さいました。
f0031420_1824289.jpg

敷地の四隅も。私達参列者全員を個別にも。
不動明王繋がりで、お祓いも何だか心を感じ、とてもきりっとした気持ちになりました。
私の邪念も払えた気がします。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-29 18:03 | 家づくり

がっかり・・・。   

山の自然の中で暮らしたい!森林浴したい!が一変することが。
隣のくぬぎ林が、いつの間にか綺麗に伐採されていた。
ん?
花も綺麗に咲いていた場所がどうなるのか?
f0031420_847526.jpg

ここに太陽光パネルが敷き詰められるそうです。
がっかり!本当にがっかり。
なぜうちの隣???
原発は賛成しないし、エネルギーの効率化も必要。電気会社に勤めていた時期もあるので、エネルギーに関しては敏感に感じています。
私もお金があるのなら、太陽光発電機を屋根に乗せたい気持ちはある。
でも、目の前に並ぶのは・・・。
視線を変えよう。下の土地のヒノキを伐採して、久木野を眺めよう!
とこれから考えます。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-28 08:51 | 季節

ばれた!   

娘は感が良い!
感というより、人の気持ちを読み取れるのかもしれない。
シーズ犬の娘のことです。
仕事に行く時は、寂しそうに私を見ながら、あきらめたように見送ります。
でも、私が楽しいことを考えているのも見抜いているよう。
昨日は、久しぶりに阿蘇の陶芸家の工房へ作品を見にいくことに。
その途中で、さー蔵で「おひとりまマランチ」を楽しみにしていました。
なのに・・・。
「行ってきます」と声をかけると、自分も行く気満々。
しっぽを振って玄関で私が抱くのを待っています。

「ばれた!」と思いました。

「いつもママばかりドライブして。私も、たまには連れてって」と言っているようです。
体調が良いのは嬉しいし、
一緒にいる時間が限られているのならば、連れていこう。
ということで、ランチは中止。
道の駅でお弁当を買い、駐車場で食べて
f0031420_6433844.jpg

せめて珈琲でも、と店外でひとやすみ。
f0031420_6441584.jpg

次は、陶芸家山下さんの工房へ。
f0031420_6475366.jpg

阿蘇坊窯の山下太さん。人柄も良く、作品は料理を引き立たせるものばかり。
飽きのこないシンプルな「阿蘇の素材」をカタチにしている人です。
f0031420_6484112.jpg
f0031420_6491151.jpg

f0031420_6494982.jpg

本当はゆっくり、秋の阿蘇をドライブしたかったのに、と思いながらも、娘が元気そうに助手席に座っていることも幸せな時間でした。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-27 06:52 | 創り人

自分にファイト!   

[頑張ります!は、傍迷惑]
と息子のリトルリーグ時代の鬼監督がよく言っていた。
げんこつで小学生の息子の頬を殴っていた監督。今考えれば、あれは暴力以外なにものでもない。
その当時の私には、その行為をどうすることもできなかった。
スポーツの世界は、指導なのか暴力なのかの境が分からない。
いつも試合中、心の中で「ファイト!」と息子を見ながら呟いていた。

そして、今の私の仕事。
家創りには多くの人達の力が必要。
全体を見ながら、工事が順調に進んでいるか見守る。
そんな時、自分は一生懸命です。と言い切っても、工事が完成して、お客様が満足しなければ、自己満足でしかないのです。
工事だけでなく、お客様の心も喜んでくれなければ完成ではない。

そんな時、自分に言い聞かせるのは、自分の弱さや、逃げを克服すること。
仕事力の無さにみんなに迷惑をかける時など、「自分にファイト!」なのです。

ということで、自分への応援歌。
出てくる人がみんな好き。
私に歌いかけてくれていると妄想して聞いています。

ファイト」(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-26 09:01 | ひと

75才の私   

あと19年で私は75才になります。
一般的には「おばあちゃん」と言われるでしようね。
でも、私は一生現役で、何かに向かって進んでいると思います。
当然50代、60代、70代では動きのリズムやスピードは違います。
そのときどきの環境に応じた動きで、自分が楽しいと思うことに取り組んでいるのは間違いない!と。
でも、ちょっと心配がありました。
70代の私ってどんな感じだろう?って。

それが最近分かりました。モデルが登場したのです。
Sさん。
仕事は引退されていますが、75才、今でもスケジュール帳を見ないと、家創りの打ち合わせが出来ないくらい、ボランティアや旅行に飛び回っていらっしゃいます。
f0031420_6461672.jpg

左側の女性がSさん。
凛として、頭の回転も速く、物事を決めるのに迷わない。
依存しない自立した女性です。

私の憧れで、理想的な生き方をされています。
何より、高齢者と一般的には言われる年齢で、家を建替えるということに、ひとりで挑戦されています。
凄いです!尊敬します。

私もSさんのように、アクティブな生き方をしたいと思っていますが、大きな違いが。
Sさんは定年まで働いて退職金、も貯蓄もしっかりしたそうです。
私は・・・。
自由気ままな自営業。
もちろん退職金などありません。貯蓄もありません。

これは大きな違いです。
他界した母がいつも言っていました。
商売人は、サラリーマンの3倍働いて、同じ報酬。退職金は無い。だから、とにかく一生懸命働くしかないよ。と。

私の75才。
どんな仕事をしているのか?
どんな生き方をしているのか?
どこを拠点に動いているのか?

まだ未定ですが、とにかく「動く」は意識しているはずです。
自分の好きなことをして生きていくために。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-25 06:54 | ひと

自分へのご褒美   

毎日が慌ただしいと「自分」を大切にしない。
自分のことは後回し。
これでは、健全な笑顔にはなれない。
自分へのご褒美を考えよう!

ひとりで観たい映画を観て、ゆっくり温泉に入り、好きなお酒を飲み、寝る。
何と安上がりなご褒美でしょうか!

でも、一日休みを取れない今の状況では、私には贅沢なご褒美。
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-24 09:13 | ひと

雑草取りのレベルでは・・・。   

この可愛いものは?
f0031420_7592512.jpg

何だか愛嬌があります。
鉄のアーティスト、ズべさんの作品のような。
f0031420_833118.jpg

マイ刈払機。買いました!
800坪の敷地は、雑草取りのレベルではありません。
あっという間にジャングルに!はオーバーですが、自然の生命力には驚きます。
なので、月に一回は「草刈の日」を決めて、この刈払機を肩にかけて頑張ることにしました。
でも、急斜面や難しい地形の所は師匠にお願いします。
f0031420_88422.jpg

[PR]

by k2kikiya | 2013-09-23 08:08 | 季節

分身の術   

完成した家を案内する内覧会。
完全予約制で、三連休びっしり予約が入る。
ゆっくり接客したい。の思いはあるのですが、時間が限られる。
こんな時、分身の術が使えたら!
私1号、私2号と何人もの私がゆっくり接客してくれたら。

ドラえもん何処にいるの?
と探したい気分。

家創り日記毎日更新中(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-22 13:42 | ひと

経年美人   

歳を重ね、人生を生き抜く女性には、輝きがある。
年齢という数字では、計り知れない魅力が増しているはず。
そういう女性を経年美人と称賛したい。

キャロルキングもそのひとり。
青春時代に彼女の歌をよく聴いていた。当時はラジオで。
その時代は動画はあまりなく、音楽雑誌で彼女の写真を見ていた。
彼女はいまだ現役で、ピアノを弾き、歌を唄う。
もう70代。
時代が変わり、容姿は変わっても凄く魅力的な女性。
「続ける!」
自分の想いをカタチにする事を続けている人には、いつの時代にも魅力がついてくる。

20代のキャロルキング70代のキャロルキングどちらも素敵です。(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-20 21:53 | ひと

整理下手!   

整理整頓が苦手です。
なので、モノは出来るだけ持たないように心掛けています。
でも、本は増えるばかり・・・。
ビジネス本、住宅雑誌、暮らし方の本がほとんど。
なぜか、ファッション雑誌は買わない。
女性を捨てたわけではないけど、流行や人のまねが好きではない。
なので、ファッションもお化粧も我流。
情報としては本屋での立ち読み程度。
f0031420_1042690.jpg

本の整理をしながら、あることに気がついた。
ひと昔前の雑誌も好きな内容のものはとっている。
すると、最近発行されたもので内容が同じようなものがある。
編集者もネタ切れか!
同じような写真が何回も出てくる。

似たような内容の本を片付けられずにいる私。
次々に発刊される雑誌は吟味して買うことにしよう!
[PR]

by k2kikiya | 2013-09-20 10:13 | ひと