<   2013年 05月 ( 25 )   > この月の画像一覧   

アソビト   

「アソビト」という名前で南阿蘇から暮らしを発信していこうと計画しています。
色々名前を考えました。
そして、「阿蘇で楽しく遊ぶ人」で「アソビト」に決めました。
阿蘇地域は「世界の農業遺産」にも認定されました。
南阿蘇の住人としても嬉しいことです。
住人といっても、まだ何も稼働はしていませんが。
f0031420_23234720.jpg

山小屋の近くの段々畑は、もう田植えは終わりました。
f0031420_232434100.jpg

山手から流れる水は、冷たくてきれい。
阿蘇の伏流水で育つお米は美味しいはずです。

阿蘇で暮らしたい人の家創りから阿蘇で出来た野菜の料理まで。

自然に学ぶこと。
自然を活かすこと。
自然を残すこと。

アソビトの活動は無限です!
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-31 23:25 | 季節 | Comments(0)

やっとたどり着いた味   

家創りの事務所が御船にあります。
そして、器季家カフェのスタッフで、布のデザイナーのちよみさんから紹介されていたお店も御船にあります。
もう1年半前ぐらいから行きたい!と思い、探せずにいたお店。
最近、どこにあるか分かりました。
そして、やっとたどり着きました。
Rouen(ルアン)
ランチタイムのコースを頼んでみました。
いつものように、食べるのに忙しく、可愛いサラダを撮るのを忘れました。
f0031420_19473363.jpg

お肉の上に載っているのは紫ジャガイモ。
綺麗ですね。
f0031420_19481281.jpg

デザートはサクランボのムース。初めての味です。とても上品な甘さ。
f0031420_1949980.jpg

ハーブティーで心も落ち着き、お腹も満足。

事務所の近くには何もないと嘆いておりましたが、この店なら、お客様をご招待しても喜ばれそうです。

ルアン 上益城郡御船町791 クレインパレス2階 080-6408-4911
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-30 19:52 | 美味しいもの | Comments(0)

土着民の色   

f0031420_1951868.jpg

沖縄の陶芸家山田義力さんの器には「土着民の色」を感じます。
私は東南アジアからアフリカまで、その地の原点色、デザインに魅かれます。
私が以前に買った布、アフリカで染めた柄に山田さんの椀の柄が似ている。
私の前世は「肌の少し黒い人種」だったそうです。
何かそこと繋がっているのか・・・?
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-28 19:08 | 創り人 | Comments(0)

見たことありそうで???   

f0031420_1773240.jpg

器季家カフェで開催中の沖縄展の紅型の作品。
金城さんの作品。
タペストリーに描かれている絵は、アメリカのポークハムの缶詰のデザイン。
でもよ~く見ると、ちょっと違うんです。
ゴーヤと豆腐と卵が加わった沖縄食材のデザインになっています。
金城さんのオリジナル。真似した缶詰の食品メーカーも了承済みだそうです。

私はこのデザインがとても気に入りました。
麻の布に紅型染めで、沖縄のポップデザインのタペストリー。
大人買いをしました。(まだお取り置き)

近い将来、沖縄スタイルおばんざいの店「おきらく」の店内に飾る予定です。
気が早い女将です・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-27 17:15 | 美味しいもの | Comments(1)

正論   

最近読んだ本に
「正論ほど、言葉優しくゆっくりと相手に伝えよう!」と書いてあった。
その通りだと思う。
でも、私は、勝手に正論と持論をイコールにして力いっぱい話すことがある。
時には威圧的に。
これがいけない!と今頃分かった。

相手に伝えたいと、本気で思うのであれば、理解してもらう努力が必要だ。

正論こそゆっくりと話したい!クールに。

と書きながら、どこかで私が熱くなり、早口で語っていたら、目撃者は「イエローカード」を出してくださいね!
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-26 16:38 | ことば | Comments(0)

沖縄と熊本を繋ぐ   

いつから沖縄と熊本を手仕事で繋ぎたい!と思ったかは、忘れてしまった。
そのくらい心の故郷への気持ちは深い。
そして、その想いがカタチになりました。
今日から、器季家カフェで「夏は愉しやオキナワ流儀」の企画展をスタートします。
f0031420_9475319.jpg

山田義力さんの器
f0031420_9424395.jpg

金城宏次さんの紅型。
f0031420_9482923.jpg

準備が整いました。
今日明日は作家さんがカフェにいらっしゃいます。
企画展は6月2日まで。

つくるdeつなぐは始まったばかり。
このお二人の作家を核にして、少しづつ、手仕事の交流が出来れば幸せです。
特に、伝統工芸は守ると進化がなければ、すたれていきます。
個人力の微力でも、何かが出来ないか?がいつもテーマになります。

とにかく、愉しくスタートしましたので、皆さん遊びに来てくださいね。
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-25 09:52 | ギャラリー | Comments(0)

武士は!   

最近、テレビ番組で、過去の時代にタイムスリップして、その当時の暮らし方などを取材するSFのようなものを観た。漫画でいえばドラえもんかな。
昔でいえば、農民から商いを始める人物であったかな?!と自分のことを考える。
実際は、両親の先祖はそれぞれ琉球王国の武士。
でも、私は
決して礼儀正しく、武士道などを語る人物では無かったと空想する。

「武士は食わねど高楊枝」
どんなにお金に困っても、平静を装い気品高く行動しろ!の意味。
痩せ我慢とも解説してあった。

夢は大きく、あれもこれもやりたいことのアイディアがあふれ出てくる。
でも、そこにお金をどれだけ儲けるかの収益計画の数字が見えない。
楽しんでいるけど、お金がないことがしばしば。

そんな時、心の中で呟く言葉は決まっている。

「武士は食わねど高楊枝」
「お金は後からついてくる」
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-24 07:49 | ひと | Comments(0)

攻めの農政   

私は家庭菜園もまだ成功させていない、土に関しては、ずぶの素人です。
両親は、田舎の村で親の後を継ぎ、さとうきびや、ゴーヤを作る農業が嫌で熊本の地に来ました。
それなのに、私の会社設立の際に作成した行務内容の中に、農産物の生産加工販売があります。
私の先祖のDNAが動かしているのでしょうか?
自給自足の暮らし方も含め人生後半のテーマには、農産物のデザインもあります。
海外輸入の食品と価格競争するのではなく、マイブランドをコツコツと作り上げて行く。
基本的に、私は大きな組織の企業人気質はなく、起業する喜業人には向いていると思っています。

今朝の新聞に「攻めの農政」を安倍総理が打ち出していると書いてありました。

こういう言葉には、農業を新規ビジネスと捉える企業は反応するだろうな!と素人評論家は思います。
戦略、攻撃、撤収、解散…。

「事件は現場で起きている」

クーラーのきいた大会議室で、ネクタイ締めた人たちが机上論を戦わせている。
同時期に、畑では汗水流しながら、農作業に励む人達がいる。
この現場の人たちにとって、攻めが上手くいかなかったので解散! は、死活問題。
日本の中の九州の、小さな熊本の街の真ん中で、農業の素人が考える「攻めの農政」

現場の人達が振り回されたり、苦しんだりしないことだけを祈りたい。
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-23 09:58 | ひと | Comments(0)

あつい!   

体に厚い脂肪の着ぐるみをかぶって、気温も暑くて、あつさに、参ってます。まだ五月です。真夏の私はどうなっているのでしょう!!!
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-22 17:39 | ひと | Comments(0)

幸せの家創り風景   

f0031420_21543821.jpg

音楽家のご夫妻の家創りをしています。
自宅にスタジオを設けます。
f0031420_21563596.jpg

打ち合わせをする度に、ご夫妻の幸せそうな表情がうかがえます。
先日は地鎮祭でした。
f0031420_2158491.jpg

そして、午後からは
f0031420_21594076.jpg

もう基礎工事が始まりました。
さすが、音楽家の家創り。ハイテンポでリズミカルに進んでいます。
私も、幸せのおすそ分けをいつも頂いています。
ありがとうございます。

家創り日記も毎日更新中!「ファーレ通信」(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-21 22:02 | 家づくり | Comments(0)