<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧   

北風と太陽   

イソップ物語?かな。
子供に本を読んであげながら、これって大人の世界に繋がる話じゃ!といつも思っていました。
「北風と太陽」

詳しい内容は覚えていませんが、「男性のコートを脱がせる」という目的で、北風と太陽が競った話。

ぴゅう~ぴゅう~と北風は冷たい風を吹かせました。
太陽は、サンサンと照らす日差しを。

自信満々だった北風ではなく、優しい太陽の勝利。心地よい日差しに男性は笑顔でコートを脱いだのです。

この物語が、今の私には「教訓」です。

想いの伝え方、言葉の使い方、笑顔の温かさ。

とても大切なことです。人が動くと書いて「働く」
その時に必要なことが「北風と太陽」の物語から学べます。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-30 06:28 | ひと | Comments(0)

夢は語れば・・・   

昨日、器季家カフェのテレビ取材で聞かれたこと。
f0031420_6231582.jpg

「これから東さんのやりたいことは?」

やりたいことはいっぱいある。

ただ、間違いないのは「大きな組織」は作りたくない。
ピラミッド型の末端に熱い血と神経の通わない人はいらない。

同じ方向に目標がある、熱い想いのある人が数人で動く。
これが良い!

やりたい事への質問に

「5年後の私は南阿蘇で土を触っているでしょう。」
と答えた。

これには、大変で楽しくて大切なことが、ぎっしり詰まっているはず。

夢は語り続ければ現実になるはず。

だんごや日和もご覧あれ!
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-29 06:28 | ひと | Comments(0)

ドン!   

私はドンである。
ボス的な意味ではない。
どんくさい!のどん。
ドン・くさ子と呼ばれても仕方ないくらい、ドジばかり続く。

いかん!
早く、自分の生活のリズムをつくらなくては・・・。

だんごやの女将の仕事も早く慣れないと・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-26 20:16 | ひと | Comments(0)

つくりびとの物語   

農業にまったく縁のなかった私が、農業で活きている人たちに関心が湧いてき来たのは、いつ頃からだろう?
f0031420_8243728.jpg

この写真は農業生産法人コウヤマの芋畑の様子。
来月5日に芋ほり大会があるそうです。
行ってみたいな!
自然を相手にものをつくる人達の生き方には物語を感じます。
簡単に語ることの出来ない、奥深い想いを感じます。

衣食住全般に対して世界各国からいろんなものが集まって来ます。
でも
近くで、コツコツと毎日できているものに対して、つくり人から話を聞くことも大事な気がします。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-25 08:35 | 美味しいもの | Comments(0)

  

昨日は忙しく疲れていたせいか、眠りも浅く夢をみた。
息子が子供の頃の姿で出てきた。
腕がボンレスハムのように、むちむちして食べたくなるくらい可愛かった。

最近会っていない息子は元気だろうか?
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-24 06:52 | ひと | Comments(0)

なんとかオープン!   

西唐人町10西村邸倉庫をリノベーションして器季家カフェが、明日オープンします。
3時からのオープンパーティーです。

通常営業は24日10時から。

明日のパーティーはどなたでも参加OKです。
お時間のある方は覗いてみてください。
駐車場は近くのコインパーキングへお願いいたします。

詳細は「だんごや日和」をご覧ください。

普段着気分でお越しください。

店舗地図はHPの器季家カフェをご覧ください。
(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-22 07:47 | 美味しいもの | Comments(0)

あこがれの女性(ひと)   

十代の頃、私の理想は専業主婦だった。
実家が商売をしていて、いつも忙しく、母親がゆっくりと家族の世話をする環境ではなかった。
なので、私はどっぷり家庭に入ろうと考えていた。

そして、今。
私を知る人は???だろう。真逆の生活をしている。
子供や孫とゆっくり遊ぶ時間もなく動いている。
子育て中は、しっかり母親業をしていたつもりだったけど、今は「おやじ化」した行動をとっている。
何十年もの間に、私も進化したのだ?!

そんな時、ほっとするのが花あしらいの時間。
f0031420_852446.jpg

お稽古の後に、草友先生がつくってくれたお菓子を頂く時間が至福の時。
もちろん、花に触れることが一番。
f0031420_864459.jpg

青草でも石を詰めたガラスのコップに入れるだけでテーブルが、爽やかになります。

私が憧れていた主婦は先生のような人だったのですが、どこで軌道修正?脱輪?したのかな?
23日の器季家オープンの時は、先生にお花を活けて頂きます。たのしみ!
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-21 08:09 | 美味しいもの | Comments(0)

食欲の秋から冬   

神経も体も疲れているはずなのに、食欲がある。

これは良いこと?
昨夜店舗ミーティング中にそれそれ目標体重に向かって頑張ろう!の結団式もした。
そしてその帰り道、卵とうどん麺を買っている自分がいた。
夜食の鍋焼きうどんの材料を無意識に買っている。

さっきの結団式は何だったのか!!!
これからも食欲だけはあり続けるのだろうな・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-19 06:39 | 美味しいもの | Comments(0)

引き寄せの法則(友人つながり編)   

器季家カフェの内装現場で「はじめまして」のふたり。
f0031420_6334120.jpg

西村邸倉庫を借りるきっかけを作ってくれた冨士川さんと、器季家カフェの厨房責任者の山中さん。
山中さんは私が「こんな人がいないかな!?」と思っていた人。
笑顔が優しくておいしいだご汁をつくってくれる人を求めていたら出会いました。
そのうえ、20年も秘伝のたれに火を通してきた桜飯を器季家カフェで出してくれます。馬肉飯です。ご実家が製麺業だったことではじめられたうどん屋さんを先月閉められて、ほっと一息されていたのを、強引?にお願いして店に来てもらうことになりました。
そして
人間都市研究所の冨士川さんとの初対面。このお二人の繋がりは、建築家の友人。
山中さんのご実家のビルを設計したのが冨士川さんの友人だとか。

熊本は狭い。良くも悪くも知り合いの知り合いは知っている・・・。

器季家カフェは、引き寄せの法則で「ひと・モノ・まち」づくりに関わる人達が集まる場所にしたい。
もちろん、熊本の美味しいものを食する場所としても。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-18 06:45 | ひと | Comments(0)

ひとりとふたり   

高齢化社会の中で、この先何十年も一人で暮らすか?
と時々考える。

ひとりごはんの寂しさも気楽さも、栄養の偏りも考える。

70歳過ぎからシルバ―賃貸マンションも良いと思う。
一階に健康を考えたレストラン。(個人的には定食屋が良い)
自炊もできる2LDK。
何かあれば管理会社が飛んできてくれる。
門限無しで、セキュリティーはしっかりしている。

色々考え出したら楽しくなった。
後は、一人暮らしか二人で住むか?

仕事は体と頭が正常に動く限り年齢の数字に関係なく働くつもり。
たぶん70歳でも飛び回っているだろう。
街中、南阿蘇、沖縄?

ひとりとふたり。

シルバーパワーが自分でも楽しみ。
[PR]

by k2kikiya | 2011-10-17 06:09 | ひと | Comments(0)