<   2011年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧   

オムライスの美味しいお店   

一年中食欲のある私は
美味しいランチタイムが一日の楽しみ。
f0031420_6441610.jpg

昨日は御代志のasukaへ。
f0031420_646522.jpg

ランチタイムはサラダ、フルーツ、スイーツ食べ放題。
野菜不足の私にはとても嬉しく美味しい歓び。
f0031420_6484113.jpg

オムライスの種類も多く、決めるのに悩みました。
そしてパスタも食べたい!
ということで、オムライスとパスタ両方食べました。
全部自分で食べたのではありませんよ!(可能性大ですが・・・)

美味しく優しい春の味でした。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-31 06:51 | 美味しいもの | Comments(0)

窓口の人材   

色んな相談窓口がある。
私も「家創り相談室」の窓口担当者である。
いろんな方の相談を受けるけど、私なりに誠心誠意に対応しているつもり。

昨日の不愉快な窓口対応。

会社を立ち上げるに当たって、自分で会社定款を作成し、公証人役場や法務局で手続を行なった。
新米代表取締役であり、発起人であり、諸手続係りとしては、「教えてもらいたい」の謙虚な気持ちで、〇〇局の相談窓口へ行った。

残念ながら
そこに座っていた人と相性があわない。
完全にバカにしたような態度。
必要書類の説明もさらっと。薄笑いを浮かべながら。
「あんたに何ができるのかな・・・」と言わんばかりの表情と言葉ずかい。

そういえば、以前〇〇銀行でもそんな思いをしたような。

中年女性がひとりで生きてると、いろいろ感じることがある。
でも今は怒る気持ちより、かわいそうな感情が湧いてくる。

仕事に歓びを見出せない人。
毎日同じことを繰り返し、人に感動を与えることもなく、時間をつぶしている人。
たとえ小さな気配りでも、相手に大きな感謝を与えることを知らない人。

かわいそう。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-30 05:55 | ひと | Comments(0)

夢と志   

新年度4月1日から新しい志のもとに動きます。
これまでの私の夢をもっと大きな枠で実現しようと思っています。

その思いが偶然にも昨日つけたテレビの中でソフトバンクの孫正義さんが語っていた。

夢は個人の思い。志は自分だけではなく、周りの人達、地域、大きくは社会のために何かをするということ。
お金が目的ではなく、手段として志を高く生きていきたい。

その通り!

楽しいだけの夢から、苦しさや障壁を越えることになるかもしれない「志の仕事」に目標を持ち、今まで以上に周りの皆様に感謝して、お力添えを頂き、進んでいこうと思います。

今日、会社設立の手続に行ってきます。
f0031420_815504.jpg

[PR]

by k2kikiya | 2011-03-29 08:04 | ひと | Comments(0)

めで鯛   

先週末、K邸の上棟、餅ち投げと祝宴がありました。
K様とのご縁はいろいろありましたが、結果はこれが一番!という思いです。
f0031420_7274995.jpg

職人の手技と木の素材感で、とてもいい感じに進んでいます。
f0031420_729356.jpg

朝からご家族でつかれた紅白の餅。
f0031420_730486.jpg

餅投げの後の祝宴の準備もOKです。
お弁当の中身をちょっと覗けば
f0031420_1054459.jpg


まさしく、めでたい!めで鯛!餅投げ日和。

「ファーレ通信」家創り日記 毎日更新中!
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-28 07:31 | 家づくり | Comments(0)

車が盗まれた!   

朝、仕事にいく為に駐車場へ。
自宅から歩いて15分位かかる場所。
街中は駐車場代が高いので、少々歩くけど5000円位安いところへ駐車場を借りた。

歩くこと=体を動かす。そして経費節減。良いことづくめ。

と前向きに考えていた。

昨日はさすがに焦った。
駐車場に車がない!

盗まれた!?一瞬冷や汗が。


どうしよう!これからお客様と現場で待ち合わせ・・・。

冷静に考えてみた。
そして、思い出した。前日の夕方の打ち合わせが街中であった。
その打合せに、前の現場から駆けつけて、コインパーキングに停めた。
そして、ひとしきり熱く仕事を語り、終了後歩いて自宅に戻ったのだ。

コインパーキングに停めたのを忘れてしまって。
マイカーはひと晩お泊り駐車でした。


そのコインパーキングまでまた引き返し。
朝から30分以上街中を歩いていた。(本人の気持ちは走っている)

忙しいとは心を亡くす。
ではなく私の場合は記憶を亡くす。

危ない症状です。落ち着け!久美子。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-27 08:59 | ひと | Comments(0)

信念の生き方   

ずーと思い続けてきた家づくりが、今できている幸せ。
そして、この先どう生きていきたいか!
を考えて、想いを膨らませています。
f0031420_7591374.jpg

10年間企業人だった頃も必死で新しい家の創り方の仕組みを考えていた。
絵に描き、組み立て、イメージして・・・。
その当時は利益がなければ事業展開できない構想で終わっていた。
でも
信念を持ち、独立独歩になっても想い続けて動いてきたことが「夢から現実」となっている。
そして
これからの生き方を書いてみた。
昨年書いたものを読み返してみると、目標に達した項目、軌道修正が必要な内容。
予定より早く進みそうなプロジェクト。
紙に書く。
これはかなり夢を現実にするのに効果を出すシンプルな手法です。

但しこれは私の仕事の計画のみ。
プライベートの部分は未だに霞がかかった状態・・・。
思い続ければ叶う!
を信念をもってイメージしてみようっと。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-26 08:07 | ひと | Comments(0)

和歌を書く   

昨夜の寧々塾。
「小筆を使う」がテーマで和歌を書きました。
f0031420_7204455.jpg

しゅんけい先生は書に関わる歴史も詳しく、中国、日本の古文の話もして下さいます。
学生の頃、出会いたかった先生です。
楽しく、身近な題材をテーマに学べます。
皆さん、先生の手本を見ながらお上手に。
f0031420_7234685.jpg

私が選んだ和歌は
f0031420_7242794.jpg

春なのに、切ない秋の夜の歌。

恋ひしさは
おなじこころに
あらずとも
今宵のつきを
君見ざらめや

しゅんけい先生の解説。
これは、片思いの気持ちを歌ったもの。
同じ想いではない愛しい人が、今宵の同じ月をどこかで見ているのでしょうか・・・。

小筆で繊細に書かなくてはいけないのに、どうも性格上、元気良く太い字になってしまい、切なさが表現できない久美子でした。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-25 07:30 | 季節 | Comments(0)

熊本のおやつ   

熊本のお土産でおやつになるのは?
と聞かれたら、
今は「いきなり団子」と答えます。
神のお告げか分かりませんが、一年前位から「いきなり団子」を売る店をつくりたいと考えていました。
そのことを身近にしてくれたのが
「芋屋長兵衛」(色字クリック)
上益城郡益城町小谷の工場の一角にお店があります。
市内から第二空港線へ向い再春館を通り過ぎた三叉路の上に「小谷」の看板が出ています。
そこを右接して車で2分ぐらいの所。
「小谷」と書いて「おやつ」と読みます。
最近まで知りませんでした。
f0031420_163717100.jpg

チラシを見るだけでよだれが・・・。
実際のいきなり団子も
f0031420_16383644.jpg

まうごつうまかです。
お土産用に冷凍の「ばってんいも丸」も新発売。
f0031420_16402269.jpg

熊本のうまかもん21に選ばれたそうです。

只今、団子屋の女将になる勉強をさせていただいているお店です。
皆さんも寄ってみて下さい!食べてみて下さい。

私は居りませんが、どうぞ熊本のお土産に、おやつに。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-23 16:31 | 美味しいもの | Comments(2)

私腹と至福   

「しふく」
同じ読み方でも、意味は大きく違うと感じる出来事があった。
私腹
自分の財産・冨
至福
この上ない幸せ。

私腹を肥やし、他人の至福を壊わす。

世間ではよくある話かもしれません。
警察沙汰にもなりません。
犯罪?単なる勘違い?正当な理由がある?

私自身も失敗や過ちを犯す不完全な人間です。

人生、生きている時間が長くなると、自分の私腹を増やすことで、大切な何かを見失ったり、夫婦間や人間関係で至福の価値観にズレが出来ることもあると思います。

言えるのは、自分の至福は自分でしっかり守ること。
我慢やストレスを貯めても、至福にはなりません。

人生の軌道修正は自分の為にも家族の為にも見極めていかないと、死にまで至るという悲惨な物語が身近でありました。

ご冥福を祈るばかりです。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-22 07:37 | ひと | Comments(0)

内容のない大切な会話   

高校時代の友人達で合宿をした。
街中の温泉付きビジネスホテルで。
修学旅行を思い出した。
ひと部屋に皆集まり、止め処もない昔話が始まる。

何十年も前のことを良く憶えているものだ。

震災の随分前にこの合宿は予約していた。

でも、こんな時だからとても意味のある時間だった。
皆が元気である。
その確認が出来たこと。
そして、それがとても大切なこと。

内容のない大切な会話が夜中まで続く・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2011-03-21 13:25 | ひと | Comments(0)