<   2010年 05月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

山菜の美味しい食べ方   

街中産まれの街中育ち。
自然に触れる機会もなく生きてきました。
その反動で、南阿蘇に土地を買い、家を建てて娘家族が住み、私が通う日々。
未熟な田舎暮らし人に、とても心強い人達がいます。
上熊本駅の近くで手打ち蕎麦屋をしている福永夫妻。
昨日はファミリーで阿蘇の家に泊まりに来てくれました。
そして、楽しい「食」のライブが。
我が家の周辺には山菜がいっぱい。

それを採って料理の仕方を教えて頂きました。
f0031420_1835472.jpg

高校時代からの友人。福永幸彦さん。
風貌は熊本のかまやつひろし?
これからの田舎暮らしにはとても心強い存在です。

そして、楽しい企画も。
「手打ち蕎麦レッスン&ランチ」をして頂くことに。
自宅で蕎麦を打ちたかった娘夫婦は大喜びです。


詳しい様子は
風土・Foodsあそのブログで
色字クリックでご覧になれます。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-30 18:07 | 美味しいもの | Comments(0)

旅の途中   

昨日、お葬式に参列した。
故人を偲ぶ映像が流れた。昭和を生き抜いてきた男性の若い頃からの写真が。
戦争の苦しさも体験した人には、家族にも語らなかったことも多かったはず。
BGMは小田和正。
涙が止まらなかった。2年前に他界した父とダブったのだろうか。

人生が旅だとしたら、今私はまだ途中。
見えない到着地を探しながら歩いたり、止まってみたり、泣いたり笑ったり。

「生きる」ことは修行。と言われる方もいる。
修行というイメージはとても苦しい。
自問自答しながら、もがき苦しみ旅を続けなくてはいけないのか・・・。

思考能力が足りない私にとって、言葉の奥の深い意味を考え抜くのは難しい。

でも
旅もひとりではないと感じることもある。

あうんの呼吸で通じ合う人達の支えは大きい。
身近な肉親との葛藤より、程よい間をおく友人達との関係で救われることも。

修行の旅の途中で飲む、湧き水のような家族愛や友情。
枯れることがない。

そういう想いで支えあって生きたいものだ。

いつか修行から解き放されて、天に召される日まで。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-29 08:12 | ひと | Comments(0)

書の歴史   

月に一回、器季家でしゅんけい先生が開く寧々塾。
書のアート教室。
昨日は「うちわにかな文字を書こう!」
でした。
私は参加できなかったのですが、ちゃんと見本を準備して頂いていたので、ひとりで書いてみます。
f0031420_18302042.jpg

涼を感じる文字の線。
簡単そうで難しい。
f0031420_1831415.jpg

先生の資料で知る、ひらがなの漢字?
しゅんけい先生の書の歴史に関わる膨大な知識と技と精神。
まだほんのかけらほどしか私は知らない。
本当に奥が深い書の世界です。

女流茶掛け展・屏風展
6月8日(火)~13日(日)県立美術館分館で開催。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-28 18:38 | 創り人 | Comments(0)

底力   

自分の底力どのくらいか知っていますか?
どうやって計れば良いのでしょうね?

単位は?
Kg、m、W?

とにかく、体とこころの奥底に沈んだ自分のパワーを奮い立たせてみたいと思っています。

毎日の流れに任せて、サボっていたことがいっぱいあります。

最近、一気に走ることは出来ませんが、ひとつひとつクリアーしながら
自分の底力を計ってみようと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-27 17:04 | ひと | Comments(0)

今日のランチ   

合志市御代志の「asuka」でランチ。
f0031420_22131373.jpg

本日のパスタランチは
サラダ
ごぼうのクリームスープ
ソーセージと春キャベツのぺペロンチーノ
デザート
水出し珈琲

大変美味しくいただきました。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-26 22:15 | 美味しいもの | Comments(0)

デザイナーのわ!   

デザイナー宮島さん宅へ伺ったら、
f0031420_5543983.jpg

友人のデザイナー太田光柾さんが、展覧会のチラシを持って挨拶に来られていた。
8月1日から島田美術館で開催される
「肥後つばの世界と武士道美術展」
f0031420_66299.jpg

デザイナーであり居合道を通じて武士美術も研究されている。
それにしても、チラシの彼の姿は凛々しく繊細でカッコ良過ぎる。
オダギリジョーを上品にしたような素敵な方です。
私が暑苦しい顔をしているので、爽やかな醤油顔の方に惹かれます。

武士道美術館
http://www.bushidoart.jp
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-26 06:12 | 創り人 | Comments(0)

マクロビオティックの料理教室   

NPOきらら塾が主催する「穀菜食コーデュネーター養成講座」初級コースがスタートします。
受講日7月7日より毎月第一水曜日。全6回。
ビオ・フィールドアカデミークッキングスクール。
f0031420_1654182.jpg

私も詳しい知識はありませんが、玄米と野菜はいっぱい食べようと意識しています。

マクロビオティックの世界は奥が深く、楽しく・美味しく料理を入り口として多くのことが学べそうです。
講師は
波多野毅(たけし)さんと北里洋子さん。(色字クリックで波多野さんのブログが読めます)
共に小国のTAOで活動されています。

初心者の方へ
6月4日は1Dayセミナー。穀菜食とは?マクロビオティックとは?を食事つきで楽しみながら学べます。
場所は熊本市下通西部ガスリビングスタジオ(城屋ダイエー前)
参加費3,500円
私も参加します。美味しい料理をめあてに。

申込・お問合わせは080-1777-7054(小山さん)へ
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-25 17:06 | 美味しいもの | Comments(0)

アートのわ!   

縁はいつ「わ」になるか分かりません。
熊本の狭い中では、常にプラスのアンテナを張っていれば「わ」は向こうからやってくるようです。

家づくりのお客さまKさんから電話がありました。
「ギャラリーで展示する作家さんを知り合いの方が探している。東さんは顔が広いから誰か知ってますか?」
(私が広いのは身幅です)

創り人の知り合いは大勢いますが、今いち様子が分からない。
その探している方と話してみないと。
会いに行ったのが、上通りのギャラリー。日航ホテルの裏のイーストンビル3階のギャラリーカフェ「アーク」
以前はTOTOだったところ。
探している作家は、若くてこれから頑張ろうと思っている方と聞き
そこで思いつくのは櫻井ご夫妻。
ご主人は画家で奥様は布作家。

そして
f0031420_7352537.jpg

3人のご対面。話はトントンと進み、1週間の作品展示会が25日からスタートします。
右から貴照さん。櫻井ご夫妻。一週間のギャラリー使用料はプレゼントです。
櫻井さんに連絡して展示準備終了までの時間10時間。
さすが!若い二人のやる気とフットワークの良さ。
プラスの「わ」は即掴むべし!です。

中央に写っている櫻井栄一さんは特定非営利活動法人アートスイッチの代表として8月にはアートの祝祭典を開催予定。場所は熊本クレア。
巨大壁画制作やワークショップ、最少年女性活弁士による映画上映、身体表現が一堂に会するアートの祝祭典だそうです。
f0031420_7442980.jpg

彼の手書きのDM。

若い人達のエネルギーに触発されて、最近の自分を反省。

お酒の飲みすぎ、喋りと体の動きが反比例。

いかん!

2010年、もう直ぐ後半に突入。クリスマスを楽しく過ごすために充実した6ヶ月にしよう!

アートのわ!
櫻井ご夫妻の作品を時間のある方はご覧下さい。
奥様のブログは
モヒカンポシェットで検索を。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-24 07:51 | 創り人 | Comments(0)

軌道修正   

人生85年として、常に真直ぐな道は不可能。
紆余曲折が常識とするなら
目標、夢に対する修正、進むスピードも変えてOK.

そう自分に確認した。

人生の軌道修正。
やるだけやって、心も体も前に進めない状態が続くなら、夢が描けない状態に進むなら
活路の道を軌道修正しても良い。

こっちが駄目なので、あっち。あっちがきついので向こうへ。
これではいくつ道があっても、ゴールには到達しない。

自分で決めた目標や夢は変わらず
そのゴールまでの進路変更は自分で納得すれば早い方が良いのかもしれない。
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-23 09:15 | ひと | Comments(0)

エコファーマーの新茶   

芦北のカジハラさんちの新茶が届きました。
f0031420_17515435.jpg

これからの季節はアイスティーとして水出し茶を頂きます。
パッケージデザインとリーフレットはグリ「わ」プロの宮島さん。
茶畑の撮影にも同行したので、とても愛着があるリーフレットです。
カジワラ夫妻の笑顔が素敵です。
伝統工法の釜炒り茶。
除草剤、農薬は一切使っていません。肥料も有機肥料を主体として昨年、エコファーマーを取得されました。

つくり人の顔が見える食物。

美味しく飲ませていただきます。

ご注文は http://www.kajihara-chachacha.com
[PR]

by k2kikiya | 2010-05-21 17:58 | 美味しいもの | Comments(0)