<   2010年 01月 ( 30 )   > この月の画像一覧   

ご報告   

しゅんけい先生へ
先日の作品はこんな感じになりました。
f0031420_819068.jpg

自己満足陶酔型の私です。
好きな作家の花器に花を添え、壁面演出はOK.
どう考えても、しゅんけい先生の作品が飾ってある同じ空間に私の文字は飾れません。
f0031420_8222220.jpg

先日書いたものは全部、ポストカードにコピーして使います。
ご指導ありがとうございます。

~お知らせ~
※月一回第四木曜日の夜7時から器季家で稲田しゅんけい先生の「書のアート教室・寧々塾」があります。
他の書道教室では体験できない楽しい事ばかりです。
一日体験も出来ます。
楽しすぎるかもしれませんよ。大人の楽しみ方のひとつです。
墨と筆で自分を表現します。

お問合わせは 096-312-0783 東まで
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-31 08:28 | 創り人

ご近所さん   

シャワー通りに3年前位前で可愛い紅茶屋さんがありました。美味しいオムレツ等の料理もあるカフェ。
器季家と同じビルにあり、良く通わせて頂きました。
ご夫婦二人で営まれていましたが、店を閉めて今はどうされていることか・・・?
と思っていたら
f0031420_813891.jpg

お会いしました。南阿蘇で「キャラメルプティング」というプリン屋さんをされていました。
何とまた我が家のご近所さんです。ご縁ですね。
阿蘇大橋を渡って325号線を高森に向かって車で15分位直進。白水温泉瑠璃の手前。道路沿いです。
f0031420_8182663.jpg

甘さ押さ抑えめで、舌触りも良い手づくりプリン。美味しかった。
f0031420_8185572.jpg

f0031420_8192560.jpg

オリジナル紅茶。
街中で食事を出すお店の時から、いつか大自然の中でその地でしかつくれないスイーツを創ってみたかった。というご主人の夢を実現!。素敵です。
南阿蘇に店を出していらっしゃると知人から噂を聞いて訪ねてみたのです。
ご夫婦の活き活きしているお姿を見て私も嬉しくなりました。
南阿蘇の住人として、ご近所さんとして、これからも宜しくお願いします。

阿蘇周辺の楽しい暮らし・アーティスト・美味しいものなどは
ファーレ・南阿蘇便りでこれからも紹介していきます。ご覧下さい!(下線字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-30 08:24 | 美味しいもの

アウトサイダーアート   

私は何かを模写するとか、写経するというように、長い時間の集中力がない。
小さい頃から落ち着きの無いことで有名だった。
あまりにも家の中を動き回るので、父がロープで腕を縛り、吊るされたこともあった。
結果、そのロープをほどき、素足で脱走したことを覚えている。4~5歳の頃だったかな。

ということで、ものづくりは大好きなのに長時間それをし続けることが出来ない。
そして、細かい作業も駄目。

今年初めての書のアート教室、寧々塾で書いたものは
f0031420_9203284.jpg

色々模索しても、一番楽しいのは枠にはまらない自由な線。
墨と筆は大好きなのに、きれいな優等生の文字はかけない。

しゅんけい先生。
はずれ者ですが、他の生徒さんの邪魔しませんので、今年一年よろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-29 09:23 | 創り人

かみわざ   

私の駐車場までの通り道に駐車してある車を見て驚いた。
f0031420_6565273.jpg

玄関塀にピッタリ。
もしかして停めたものの出すに出せなくなったのかな?
車が傷つくのが怖くて?
f0031420_6584245.jpg

私道に停めてある車に感動してしばらく眺めていた、運転オンチの私です。
まさに神技!
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-28 07:00 | ひと

自信と過信   

大きな組織にいれば、年一回査定委員会にかけられ、自分の能力と実績を見極めた仕事力を評価され給与が決まる。
小さな会社では、さほどの給料の変化はなくても、皆が一致団結して頑張れば会社も良くなる。という精神的満足度の高い環境で仕事をする。
では個人になったら?
一匹狼、独立独歩になると、誰から評価され、誰から給与を頂くか?
全て、お客様から直結した環境。
これがとても良い。
明確に自分が分かる。今までお世話になった大きな会社から小さな会社まで、私なりに頑張ってきたつもり。
職場環境も良かった。週休二日に給与もボーナスもちゃんと頂きました。
ありがたい環境でした。お陰で子供二人を私ひとりで育てることも出来ました。

しかし、考えました。
このままで良いのか?
私がやりたかったことは何だったのか?
夢は?希望は?仕事の目的は?
二番目の子供(長男)が高校2年生の時、転勤で福岡行きが内定した時思いました。
人生の優先順位を決めよう!と。
それは、大きな組織の看板を背負った環境から身を引き、自分のやりたいことへの軌道修正でした。

子供は呆れていました。
「俺の学費どうなるの?」
そうですね。もし私が父親で妻や子供を養う立場だったら、家族のことを一番に考えなくてはいけません。
それが「責任」だと思います。
でも、会社は辞めました。うまく説明は出来ませんでしたが、私には「生き抜いていく」自信はありました。
これまでもそうでしたから。
大きな会社の組織力の中でぬるま湯につかったようにしていたら私の夢は実現しない。今しかないと思ったのです。
あれから8年が経ちました。
何とか生きています。

あの時の選択は正しかったと確信しています。
お金があるわけではありません。私の夢や目標は「高収入」ではないのです。
家を建てたい方とつくる人を繋ぐ。
自分が不満足の家づくりをしたことから始まった夢はずっと変わりません。
組織の中にいるとお客様のことは3番目くらいに出てきます。
一番は会社の存続。二番は社員の環境。三番は顧客満足。(外出しするときは当然一番に顧客満足)

人生最大のお金を使う我が家創りプロジェクト。
一番大切なのは初心者であるお客様のフォローだと思います。

独立してやっとそれが実践できました。
でも、独立して肝に銘じたいことがあります。
これは私だけではなく、周りの仲間達にも伝えたいこと。

「自信と過信は紙一重」
ポジティブに前向きに仕事をして自信を持ってやっていかないとお客様にも感動は伝わりません。
でも、時々「それ過信しすぎじゃない?」と思う発言や行動の人を見かけると、わが身を振り返ります。

「美人の鼻毛」状態になっていないか?
私は美人よ!と過信している女性がもし鼻毛が伸びていても誰も教えないし指摘もしない。
これは成長が止まる合図です。
男性で例えると「裸の王様」

才能のある方、仕事力のある方は人柄に出ます。
時々、どうしようもなく嫌なやつだけど才能は認めるという例外の人に出会いますが、基本的に私のものさしには人柄という基準は必ずあります。
但し、人柄は良いけど仕事となると・・・?の人とはビジネスパートナーではなく、良いお友達関係を大切にします。

仕事がうまく回っている時ほど慎重に自分の事を見つめる時です。
一番素が出ます。忙しいとは心を亡くすと書きます。
取り繕う時間がない時ほど、自分の本性が出ます。

自信と過信
最近このことを良く考えます。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-27 08:36 | ひと

老人マンション   

先週末から喉がかれて咳が出始めた。
カラオケに行ってその後家に帰って裸同然のような姿で寝てしまったのが原因か!
インフルエンザではなかった。病院でも軽くあしらわれる。
風邪をひいて寝ている時は何となく淋しいものである。
当たり前だけど、ひとり身は自分のことは自分で。
強くなります。心身ともに。
子供の世話にはなりたくないので、いずれは老人マンションに入ろうかな。
と本気で考える。
朝、生きているかを確認してもらい、何かあったら対応してくれるスタッフがいて、
食事は館内レストランでも自分の部屋でも外食でもOK.
自由気ままに快適に暮らせる老人マンション。
誰か建ててくれませんか?20年後に入るので・・・。街中が良いです。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-26 08:39 | ひと

つくるをつなぐ   

利益追求ではなく「つくるをつなぐ」ことがしたい!と思い、最初に始めたお店から20年ぶりにギャラリーカフェを始めたのが5年前。
そして、今そのギャラリーという場所は明確にはない。
創作プロデュースとして、作家のイベント企画をたて、会場を探し販売や対応の手伝いをする。
今はこの動きだけ。
f0031420_7101387.jpg

この名前と文字には想いが深い。
作家の器が好きで「器」
日本の春夏秋冬の季節の移りゆく風景が好き。
家づくりのプロデュースが一番の生業。
書道家しゅんけいさんとデザイナー嶋田さんへ依頼したロゴ。

カフェギャラリーを再開するには人材が必要。
アートが好きで、人が好きで、簡単な事務も出来て、デザインセンスや味覚にもこだわる方。
もちろん一番は人柄。
表現者達の作品をひとりでも多くの方に観てもらいたいという熱意。

どなたか居ませんか?
一緒にやります。と想いの熱い方。
作家の作品は商品ではありませんが、売りたいのです。
私個人の考えでは。
そして、対価でまた次の作品をつくる制作費にあててもらいたい。心も暮らしも豊かになってもらいたい。

これをビジネスとして「儲け」だけが先行しても無理です。

でも、また再開するためには私ひとりのマンパワーでは動けません。
私が居なくても、私と同じ想いで「表現者達」の作品や企画イベントを楽しく考えていける方。

連絡お待ちしています。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-25 07:20 | ギャラリー

法事   

昨日は父の三回忌。
身内が集まりました。孫は初めてのお経を聞き何故だかそのリズムに合わせて踊っていた。
父の死から2年しか経っていないのに、私の人生は大きく変動した。
良くぞここまで来たという感じ。

この先もどうなるのか分からない。
楽天的というか、思考回路が少しゆるい私には「なんくるなるさ」しかない。

お坊さんの言葉。
お経はなくなった方へあげるのではなく、生きている私たちの為にあげるのです。
故人を仏さまの世界へ導いてくださったことを感謝して、いつか私もその立場になる時まで、この世でしっかり勉強させて頂きます。というようなことをお経の中には記してあります。
ですからお経は、法事の時だけ、坊さんがあげるのではなく、常日頃からご自分たちであげても良いのですよ。
最近は、テレビをつけたまま法事をされる方。
私がお経をあげている間、家族の方は他の部屋にいるということもあります。
これは、いかがでしょうか?
お経はこの世に生きてる私たちの為にあるのです。

ということを話された。

家族全員がこのことを聞き、何を感じたかは確認していません。
でも、
父は生前何かあると「全員集合」をかけ、家族がひとつになることを喜んでいた。
きっと昨日も、あの世で母と二人喜んでくれたことでしょう。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-24 07:59 | ひと

女性力   

最近見聞きする言葉「女子力」
でも私はあえて、
「女性力」と表現したい。
生まれてこれまで男性に生まれたかったと思ったことがない。
一度だけ、出張先の営業会議で
「最終的に営業力は男性の方がある」
と男性上司に言われた時とても悔しくて、新幹線の中でビールを飲みながら泣いた。
その時は、明日からネクタイしめて仕事しようか!と一瞬思った。

今「女性力」の発揮の仕方を考えている。
これは私だけのことではない。
特に建築関係の仕事は男性社会。
ここにじわ~と、女性力を浸透させる。

手始めに、女性の口コミネットワーク作戦を練っております。

「レディーのように振る舞い、男性のようにものを考え、犬のように動け!」
住宅営業時代は、女性の上司これを叩き込まれた。

何だか軍隊のような言葉。

今の私が、後輩達にメッセージするなら

「しなやかに、明るく、テキパキと動き、相手の想いをしっかりくみ取れる女性力で楽しく仕事をしましょう!」

私の仕事風景は
熊本の建築家とつくる家を覗いて見てくださ。(下線字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-22 11:47 | ひと

見合いのススメ   

女三人寄れば・・・。
の集いが毎年お正月に阿蘇の友人宅で行なわれる。
つながりは住宅会社関連。会社員だった頃からの長いお付き合い。
仕事に子育てに恋愛にと、話は尽きず、食べて喋って、また食べて。
f0031420_12293788.jpg

いつも最終的な話題が「結婚」
でも、具体的な進展もない今年の食事会のはずだった。

何とビックリ!
Fさんがバクダン発言を年末にした。
「私入籍します」
「は~~~?何それ?」
「どこの誰?いつからの付き合い?去年のお正月はなんも変化なしだったでしょう」

「そうなの。去年の9月に見合して3回目のデートでプロポーズされたの」

「・・・」
絶句。そんなのありか。

ということで昨日の恒例会は
入籍発表会でした。
二人の友人から、ねほりはほり入籍までの経緯を聞かれて、大変だったでしょう^0^

最後に彼女から取り残された?私達にアドバイス。

「結婚はお見合が良いよ。知りたいことの40%はすでにリサーチ済みだから、あとはフィーリングでしょう」

なるほど。
[PR]

by k2kikiya | 2010-01-21 12:24 | ひと