<   2009年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

悪魔の囁き   

「久美!なんさまよかよ!聴いてみなっせ!」
この声は私にとって悪魔の囁きです。
熊本市上通りにあるライブハウスバイーアのちーこの言葉。
私が、映画が好き、ミュージカルが好き、音楽が好き。と知っているので昨夜のライブに誘ってくれました。
f0031420_854054.jpg

東京で活躍中の大須賀ひできさん弾き語りライブ。
さすが、デュークエーセスの新メンバーに抜擢された実力派。
声も語りも演奏も良かった。ちーこも数曲ピアノで参加。

しかし、私の毎日は早朝からスタートするので、夕方6時頃には心身共にエネルギー切れ。
上通りまで、這うようにして行きました。
顔は元気でも、体は睡眠状態。
そこへ、悪魔の囁きが脳裏に聞こえて、引きずられるように席に着くのです。

座って、栄養源が体内に回れば、もう元気になります。
最後まで大須賀ワールドを堪能させて頂きました。
ソフィアローレン主演の「ひまわり」。戦争によって引き裂かれる愛の物語。
高校生の頃見て号泣。その曲を日本語で唄われたのは感動でした。

そして、
次回は「天使のささやき」があります。
f0031420_963657.jpg

この二人の共演をどれだけ待ったか!
西村和真&豊田隆博ライブ。
10月16日金曜日。
大人の繊細で美しく、そして秘めた情熱を表現できるおふたりです。
今回は和真さんがオリジナル曲を多く唄ってくれます。日本語の歌詞がきゅ~んと心に響くはず。
そして、リクエストしたあの曲も・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-30 08:51 | 楽しみ

セカンドキッチン   

孫連れで美味しいものを食べようと考えると、畳のある店になる。
なので、ここには頻繁にお邪魔しています。
上熊本駅の直ぐそばのそばや。(だじゃれではありません)
ふくなが。
f0031420_1895842.jpg

自宅のリビングがお店です。
私にとっては我が家のセカンドキッチン。
手創りの季節のお漬物や山菜料理、デザートがお蕎麦と一緒に出てくる。
f0031420_18123548.jpg

玄関先には天日干しにした椎茸が。何つくるのかな?
f0031420_18133476.jpg

まずは盛りそば。そして
f0031420_1814915.jpg

汁そば。早く食べたくて手が震えたいた。
最後にインドの健康茶が付く。これでお昼1000円。
満足の味です。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-29 18:15 | 美味しいもの

デッドストック   

まだうら若き主婦の頃、近所のセブンイレブンでパートをしたことがある。
もともと商売人の娘なので、「売上」ということには興味があった。
イトーヨーカドーがアメリカコンビニの経営展開権を持ち、地方都市でも2代目がいる専売品を扱う商店をフランチャイズに勧誘した。
これから先のビジネスの話をすればいくらでも語りたくなる。
こういう話は大好き。
但し、金儲け主義ではない。

このパート体験で一番学んだ事は、デッドストックを持たないこと。
これはどういうことかというと、店側からお客を誘導するのである。
新製品が出ると、期間を決めて商品を仕入れ、そのエリアでの売上をリサーチする。
その後は売上の上位の商品しか仕入れない。
同じコンビにでも地域によって並んでいる商品が違う。
f0031420_2115027.jpg

新市街のセブンイレブン。
ビールコーナーはこの状態。
ここで売れる上位3位ぐらいを集中して陳列する。
商売としては、成功かも。
でも、買う側として、選ぶ楽しみがない。

百貨店との違いはデッドストックを持たない。
イコール売上重視。生き残るにはこれでしょうね。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-28 21:07 | 楽しみ

舌が変わりました。   

生活レベルは決して高くはありません。
高いのは志のみ!
ということで、普段の暮らしはシンプルイズベスト。
指にも首にも輝くものなんぞつけていません。
でも
食事だけは美味しいものをと心がけています。
高価というのとは違います。美味しいものです。
昨日行った花立の和食処。
f0031420_19574325.jpg

高級和食と売り出したいのでしょうか?
f0031420_19585571.jpg

f0031420_19594415.jpg

多くの器に盛られた料理が運ばれてきました。
それぞれはとても上品な味付けで美味しいです。ランチメニューは1,800円。
量も味も悪くありませんが、私の舌が変わったのでしょうか?
もうこの店には来ることはないかもしれません。

おそば単品でも、お好み焼き一枚でも、素材が美味しくいただけたら、量はいりません。
うちご飯の「玄米と納豆と具沢山のお味噌汁」で幸せを堪能できる舌になりました。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-27 20:05 | 美味しいもの

繋がっていました。   

私は視覚で目標を確認するタイプ。
これイイ!
こんな暮らしがしたい!
こんな仕事のやり方を展開したい!
自分の感性に通じるものだったり、共感する考え、憧れの空間。
何でもカラーコピーしてファイルする。
それが
ライフスタイルブック。
f0031420_1750075.jpg

建築の専門雑誌で3~4年前に見つけた益子の「STARNET
このスターネットの代表馬場浩史さんは、20代の頃から東京・パリを拠点としてファンション関係の仕事をし、奥様は恵比寿でギャラリーしていた。
1998年に全てを引き払い、自然の雑木山や棚田が残る益子で「衣・食・住」の表現をしている。
2004年には馬場浩史環境設計事務所を設立。
そんな馬場さんに勝手に憧れていた私。

そして、今日ナガオカケンメイさんのブログを読んだ。9月25日のブログ。

なんとスターネットのことが書いてある。
(色字クリックで見て下さい)

繋がってる~!
と勝手に興奮。

彼らからすれば、私の行動はありんこの巣をつくるようなもの。
でも勝手に同志と思う幸せ者です。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-26 17:54 | 創り人

風景   

毎日の中で見慣れた風景。
それぞれ住環境が違えば、全然違う。
私の見慣れた風景は
街のど真ん中。人とビルと車。
それでも、シャワー通りは緑が多いので少しは気持ちが穏やかになる。

今日は、南阿蘇の役場に建築書類を提出に行った。
帰りにファーレ・ルオーゴの様子を見た後、ご近所さんの温泉へ。
南阿蘇蘇峰温泉「ゆうやけ」
f0031420_21211458.jpg

我が家(予定地)から歩いて5分の所にある。
f0031420_2122227.jpg

温泉周辺は私の好きなピンクのコスモスが咲きほこっている。
f0031420_21225988.jpg

浴室から見えた綺麗なゆうやけ。
来年からはこれが私の見慣れた風景になる。
しあわせ!
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-25 21:24 | 楽しみ

何ぼのもの?   

自分に自信を持つ。
これはとてもたいせつなこと。
でも過剰は禁物。
足元をすくわれる。

バブル時期に「自分は商売の天才かも!」
とお金や仕事が転がり込む時期を経験したひとが
今は
「不景気のせいで暮らしていけない」
と嘆く。
これは景気だけのせい?
普段の自分の行動は?
確実に?誠実に?現実を見据えていた?

自分は何ぼのもの?
自分の中でクールに自分を見つめるもうひとりの自分が必要。

調子が良い時ほど、謙虚に足元を固めよう。

量ではなく質。

上質元気な生き方をしよう!

と朝から考える私である・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-25 08:41 | ひと

お洒落な小物   

私が少しずつ買い揃えているキッチングッズのお店。
シャワー通りのAZUMAビル2階、ロジコレクションが今セール中。
f0031420_12591164.jpg

30%から50%までのプライスダウン。
今なら私もまとめ買いができます。
f0031420_1303372.jpg

f0031420_1312959.jpg

可愛いクッションを見つけました。
夕方まで考えよう。50%は魅力です・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-24 13:02 | 家づくり

カーテンの要らないリビング   

今日お客様を案内したU邸。
2階リビングで、周りの視線を気にすることもなく、レースのカーテンがついているだけ。
f0031420_18303191.jpg

日当たりも風通しも良いので、夏は扇風機が主役。
玄関には、笑顔のシーサーが飾ってあります。
f0031420_18321542.jpg

これから設計打合せをするお客様も快適空間を体感できて満足の笑顔でした。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-23 18:34 | 家づくり

自分党   

私は無所属派の自分党。

別に難しい政治の世界の話ではありません。

生き方、生きる道のりでの人との接し方のことです。

女性は仲間や友人の和・輪をカタチで表現したくなる習性があるように思う。
私は半分オヤジの気質があるので、
「いつも一緒」の行動は出来ません。

考えも同じに合わせません。主婦の集まりで「仲間はずれが怖いので」という雰囲気の中で何でも同じ。
洋服まで色違いで。
そんな様子を見た時、???

「違い」がひとの魅力だと思う。
違うから魅かれあうし、認め合える。相手を尊重できるのだ。

以前、ラジオで作曲家の久石譲さんが話していたこと。
「映画の音楽を創るという仕事はとても長期にわたり大変。
それなりの人たちが集まり、凄い仕事を完成させる。
運命共同体のようにして創り上げた仕事が終わるとみんな握手して解散。
その後、焼き鳥屋で集まったり、食事したりの付き合いはない。
そして、数年後また仕事で再会。
すると家族のように溶け込み、また全力を出してみんなで音創りに望む。」

こんな付き合い方が出来ると良いなと思った。
これこそプロの仕事人。

友達付き合いはここまで熱くクールにはいかない。

日々の暮らしの中で起きる出来事や健康の安否も気になるので、時々電話したり会って食事をするのは、私にとっても大切なこと。
中・高時代からの女性の友人達は私の宝。
でも、べたべたの付き合いはない。
違いを尊重しているから。
同窓会と称して、年に何回も食事会はする。

しかし、おひとり様の行動が基本。

自分党は、自分時間を大切に、人に思いやりを!がモットーです。
[PR]

by k2kikiya | 2009-09-22 09:43 | ひと