<   2009年 03月 ( 37 )   > この月の画像一覧   

食のわ~・輪・和!   

最近、本当に不思議な輪の広がりを感じます。
これは娘がベジタリアンになってからの頃ですが。
それまで私の食生活はみだれっぱなし。
孫の為に元気なおっぱいを飲ませなくてはの気持ちで、娘につくり続けた玄米・菜食のごはん。
それからの出会いや繋がりに・・・。

憧れのミュージシャン西村和真さんが玄米・菜食の生活をされていると知り、驚き。
f0031420_20151220.jpg

そして、明日から新しい会社を立ち上げるという、デザイナーの宮島秀生さんは、農業大学で果実の栽培を勉強されていたと聞きました。。
もう何年も仕事でお付き合いしてきたのに彼の経歴は知らなかった。
「ところで、次の会社の名前は?」とたずねると
グリ[わ]プロ
何?グリってグリーン?野菜のこと。
すなわち農家の野菜を流通する為のデザイナーとしての仕事。
農家と消費者を繋ぐ流通販売に関するパッケージや広告や文書作成などなど。

「わ~!」と思わず叫んだ。
私が以前から興味があり、必要としていたこと。作ることに必死な農家の為に「売る」を意識するお手伝い。
もちろん安心で美味しく、生産者の顔が見える作物であることが条件です。

先日は沖縄在住で、砂糖きびの粉末を開発する綱田誠さんに熊本で再会したばかり。
「食」に関する色んなわ~!が輪になり、日本の和の食文化を見直す時代が本当に来たと感じる。
何だか不思議で楽しくて、奥の深い世界の仲間が沢山増えそう・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-31 20:13 | 美味しいもの

次世代へ繋ぐもの   

昨日、直理建築総合コンサルタントの直理氏と天草へ。
f0031420_725250.jpg

桜舞い散る海岸を楽しくドライブ・・・!
ではなく、新築計画のあるNご夫妻から、実家に置いてある書籍や絵の数を確認して欲しいとの依頼で。
もう頭の中にはN邸のテーマを勝手に考えていた。
「軌跡ギャラリーのある家」
実際伺って、本当に書籍の数の多さにビックリ。教師であり、歴史家であり、アーティストのお父様が残した軌跡の品々は素晴らしく、そして「次世代へ繋ぐもの」の価値があるもばかり。
お父様が亡くなられ、次にお母様が亡くなられる前の遺言。
「お父さんの書いた本や絵は、捨てないで」
そのお言葉には夫婦愛と尊敬を感じます。
f0031420_7312931.jpg

f0031420_7321065.jpg

携帯の画像でその素晴らしさが伝えられませんが、水彩画の淡い色合いや筆のタッチが素敵でした。
郷土史を書かれた本の数も凄い。
親の生きざまを子供が大切に守る。
そして、語り継ぐ。とても素晴らしいことです。
何とか、Nご夫妻のご希望をカタチにした家づくりのお手伝いをしたい!
帰りの車中では直理氏と熱く語りながら、
プロデュースという仕事で、子供達に残せるものは何だろうと考えた。
「関わった家、関わった作品、出会った人財」
解ってくれるかな?私の軌跡や想いを子や孫は。
お母さんはいつも楽しそうだったので、あれは仕事じゃなく、趣味の世界の産物では?と言われそう。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-31 07:43 | ひと

春色の贈りもの   

今、リノベーションプロジェクト打合せ真っ最中のK様から「春色の贈りもの」を頂きました。
f0031420_7302225.jpg

桜の花びらが入った桜ロール。きれい!
豆乳クリームときな粉とわらび餅とあんこが入っています。
f0031420_7323882.jpg

豆乳のさっぱりした味とわらび餅ときな粉とあんこの懐かしく優しい食感。
そして、塩付けした桜の花びらが甘さを引き立てています。
嬉しくて美味しい贈りものありがとうございました。
但し、この桜ロールは春のみ、桜が散ったらつくれないし、販売しないそうです。
今しか味わえない春の幸せの味です。

とうふ工房 きむら
熊本市石原1丁目6-16
096-380-6585
東バイパスを市内から運動公園のほうへ進み、オートバイRから左折して1分のところに看板があります。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-30 07:37 | 美味しいもの

頑張らない!   

「頑張らなくていいんだよ!あなたはあなたらしく輝く道をゆっくり歩いていけばいいんだよ。」
と頭をよしよしされたら、きっと号泣するだろうな。
と、時々考える。
これまでの人生は「生きる」ことに必死で、人に甘えるすべさえ知らず、走り続けていた。
「頑張らない!人生」
肩の力を抜いて、柔軟に軽やかに生きる。
そんな日々が、きっとすぐ近くまで来ているのかも知れない。
何か予感がする春です。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-29 22:06 | ひと

音楽は世界を駆けめぐる!   

昨夜は私が通っているLAMMY MUSICのファミリーライブ。
Drマイケルホームズ先生がニューヨークで教えていた方が、日本に戻り全国ツアーの途中で熊本に寄ってくれました。
f0031420_8423261.jpg

お久しぶりの再会です。
ニューヨークで出会い、東京で活躍し、熊本で再会。
いつの日か今度は違う国でまた共演したりして。
「音楽は世界を駆けめぐる」
昨夜はそんな気分で聴き入ってしまいました。
f0031420_845298.jpg

宇宙灯ル(ソラトモル)」とユニット名のお二人。ご夫婦です。
マイケル先生とYASUKO先生もご夫婦。
価値観や感性の同じ男女が魅かれ合いながら人生を表現していく。
素敵ですね。
最後はファミリーで。
f0031420_8585888.jpg

音楽は心の栄養剤です。
心地よい音色と表現される魂で「心と体」が癒されていきます。
私には、とても大切な世界です。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-29 08:49 | 楽しみ

上質元気な女性たち   

昨夜はローゼンクレイスタジオのお疲れさま会。
先生の作品展と生徒の出展が終わり、ほっとひと息の会です。
生徒の半数ぐらいが集まった食事会。
当然、お店は貸し切りでお願いしました。
f0031420_1895534.jpg

何故なら、皆さん「上質元気な女性たち」なので、笑い声も大きいし、良く食べて、飲んで、明るい。
ある女性雑誌のキャッチフレーズに「上質元気な50代」とありましたが、まさにピッタリです。
その代表が
f0031420_1894819.jpg

ローゼン三早枝先生。
先生は「上質元気」+「美しい」です。
これからも「土と戯れる楽しい時間」のご指導を宜しくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-28 18:14 | 仲間

再会   

22年ぶり位の再会。
偶然です。
私には素敵な方と逢える秘密の場所があります。
その場所から5分前に出ていたら逢えなかったはず。
やっぱり偶然ではなく必然?
綱田誠さん。
私が最初のギャラリー「クロスポイント」をオープンした頃です。
その当時、彼は広告代理店に勤める青年でした。
それが
f0031420_6435873.jpg

立派な大人の男性になっていました。
前日の夜に再会し名刺交換だけして別れ、次の日の朝電話を。
10分でも良いから話したかった。
どうしても気になる存在でした。
「今日沖縄に帰ります。後2時間後です。今から逢いましょう!」
と即動いて下さいました。
今彼は沖縄で砂糖きびを粉末にして焼酎メーカーと商品を作っています。
大根から糖分をとりチョコレートを作っていた時期も。
30分位の短い時間に熱く語る仕事の話。迫力がありました。
凄いバイタリティーと夢と信念をお持ちの方に再会できて嬉しい。
来年から沖縄に長期滞在したいと計画中ですが、親戚以外友人知人も全くいない沖縄。
熊本県人が住んでいることを知って心強い。
それも凄いパワーを持った人が。
「普通と言われるのはイヤ!」と言う血液型ABのマイペースな個性派。
誠さん!初夏に沖縄で逢いましょう!
色々と教えて下さいね。
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-28 06:53 | ひと

生涯の職業   

Carriera(カリエーラ)
イタリア語で生涯の職業。
昨夜はこの言葉がぴったりのライブでした。
親友の店BAHIA田上智美さんのライブ。
彼女の後姿はとても美しかった。
f0031420_11223027.jpg

もちろん、正面からも素敵な女性です。
私は年を重ねるのがとても楽しい。
なぜなら、これまでの人生の色んな出来事を乗り越えた「人としての美しさ」が表現できるような気がするから。
同年代の彼女の後姿からも「音楽を生涯の職業として、柔らかく生きていく」という優しさが感じられました。
そして、
もうひとりのカリエーラを楽しんでいる女性。
バイーヤのオーナーちーこ(店ではちか子さんと呼ばれています)
f0031420_11333827.jpg

彼女も音楽は生涯の職業。ピアニストです。そしてライブハウスのオーナー。
60歳の年にはこのバイーヤで友人達の文化祭をします。
私はジャズを歌います。只今2曲目の歌詞憶えに奮闘中。

とにかく、カリエーラ美人が私の周りには多い。
良い刺激になります。

[PR]

by k2kikiya | 2009-03-27 11:17 | ひと

幸せ者   

先日、大阪の親友からメールが届きました。
「あんたは本当に幸せ者です」
これは、「ちょっとおバカなお気楽者」=「幸せ者」
という愛情表現だと思います。
私も自分が幸せ者だと、うすうすは感じております。
でも、この性格は今つくられたものではないので、これから70歳になっても80歳になっても変わらないと思います。
特に、母が60歳で他界してからは、この幸せ者の生き方を大切にしたいと思うようになりました。
幸せの先延ばしはしない。
今、目の前にある大切なものは細い糸でも良いから、小指に結んでおく。
心にいつも潤いを。
人をうらやんだり妬んだりしない。
ため息はつかない。
そして、自分自身を大切にする。

お気楽なおバカさんでも、誰かの為になることもあるはず。
心と体の栄養をバランスよく取りながら、
死ぬまで明るく元気で生きていたいです。
皆さま
これからも、こんな私ですが、なが~くお付き合いくださいね!
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-26 15:22 | ひと

男は黙って!   

初孫の真由ちゃんに会いに娘の所へ。
明日がお宮参りです。
f0031420_63797.jpg

ママのおっぱいを沢山飲んで丸々してきました。
あっという間に二重あご。
そんなところだけ私に似てる?可愛いです!

真由ちゃんの洋服や帽子など、真由パパのお母様の手づくりが多い。
布オムツも縫っていただきました。
本当に感謝・感謝です。

布オムツは、赤ちゃんの肌に良いとは思いますが、洗濯が大変!
オムツ替えの後は、まず漬け置きして、もみ洗い。
それから洗濯機で再度洗う。
一日に何枚洗うのか?
ということで、
子育て大いに参加の真由パパは
f0031420_695833.jpg

お休みの日はせっせと布オムツを洗っています。

「男は黙って、もみ洗い!」
これがS家の家訓です?
[PR]

by k2kikiya | 2009-03-25 06:11 | ひと