<   2008年 11月 ( 28 )   > この月の画像一覧   

おとなのクリスマス   

二日間、フレンチスタイルのクリスマスリースづくりを器季家で開催。
どこを見ても花・華・はな
美しい花々に囲まれて皆さん楽しそうでした。
f0031420_14335544.jpg赤で統一したリースはおとなの雰囲気で素敵。
f0031420_14352330.jpg







f0031420_14365538.jpg
アトリエ・マツノのみーちゃんのデザインドレス。世界に一着のドレスです。
白の意味は、新しい人生。と知ってとても好きな色になりました。
f0031420_14381577.jpg
f0031420_14385975.jpg
同じ花材でも、それぞれつくる人で表情が違うリース。

花には妖精が宿っていると友人が言いました。
本当にレッスンが終わり、皆さん帰られるときは、とても優しく美しい表情でした。

大勢の参加者の皆様にお会いできて嬉しかったです。
また来年、大阪のフローリスト由利信子さんと楽しい企画を立てますのでお楽しみにお待ちください。
f0031420_1511278.jpg
f0031420_18422891.jpg
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-29 14:39 | ギャラリー | Comments(0)

フローリストレッスン   

器季家に華やかな時間が過ぎた一日でした。
フレンチスタイリストの先生が名古屋、大阪からクリスマスリースのレッスンに来てくださいました。
最初は酒井先生のブーケ作りのデモンストレーション。
デザイナーの松野さんのウエディングドレスに合わせて。
f0031420_203139.jpg
f0031420_20315533.jpg
先生の優雅な手さばきで素敵なブーケが出来上がりました。





f0031420_20353914.jpg


何だか挙式前の花嫁になった心境。

し・あ・わ・せ!

白は新しい人生。グリーンは希望。
と色の意味を教えていただき、更に幸せ気分。

平和だ!
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-28 20:34 | ギャラリー | Comments(2)

あきらめなければ・・・。   

来年時間をつくってジャズを習いたい憧れの人、西村和真さん。
なぜ、魅かれたかは色々理由があります。
介護のこと、遅咲きで天職を見つけたこと。地道に自分の音楽を探究する。

同じ年代で頑張っている人をみると応援したくなります。
彼のマネージャーさんのブログで読んだ新聞記事。
f0031420_6591164.jpg

取材に答えた彼の言葉。
「夢は願い続ければ必ず叶う」

そうですね!

でも、彼は努力の人のような気がする。
同年代で頑張っている人を身近に感じると、私も元気をもらいます。

何?充分元気だって?

その通りですが、更に・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-27 22:30 | ひと | Comments(0)

楽天知命   

論語の一節に楽天知命という言葉がある。
f0031420_18144143.jpgしゅんけいさんが書展に出展したものを見て、意味を知り、これからの私の人生だと思った言葉です。
論語の内容は
50歳からは天にいただいた命を楽しみ、天命として今までお世話になった方々に恩返しや助ける立場になりさい。
というような意味。
父が他界し、後継ぎのような役目になった時だったので、感動と実感で買わせてもらい、毎日眺めています。

今日、友人が「今からの仕事に自信がない」と言いました。
新規事業を立ち上げるわけではなく、これまでと同じ業種で「質にこだわる」ということで特化する方向に進む計画です。

社長が「自信がない」と言ったらどうなるのでしょうか?
社員は?応援する友人知人や関係者は?

私は50を過ぎて確信したことがあります。
「これが天職だ!この仕事をしたい!これをすることで誰かの役に立つ!」
そう思えることがあることの幸せ。

そして、自分を自分が信じないで、誰が信じるか!
たとえ、その自信がはったりだとしても、やり続ければ真実になる。

50歳からは自分の事だけを考えて生きるのでありません。
これまでお世話になった方々。
これから出会う方々へ、天命を持って接して生きる。

でも、自分ひとりで乗り越えるのではありません。
周りの人たちに助けられながら、活きて
そして、恩返しをしていく、支えあいながらの人生を
前向きに、明るく進むのです。

「笑う門には福来たる」

同年代の人たちへ
限りある人生を大いに笑い楽しみながら仕事をましょう!
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-26 18:18 | ことば | Comments(3)

夢と目標   

夢と目標の違いは?
自問自答してみる。

夢は叶わぬほどの大きなことも含む。
目標は手段を経て、達成する可能性を多く含む。

とにかく、
私の性格はずぼらなので

夢というふわふわした優しいものより「目標」と掲げて
突き進む方が性に合っている。

夢なんて語らせたら

白馬に乗った王子さまと大きなお城で幸せに暮らす。
などと、おとぎ話を平気で語るアホな面がある。

さ~!
連休も終わり、
後1ヶ月半で2008年も終わり、
達成していない目標をクリアすべく全力を尽くそう!
そして2009年の目標もたてよう!

来年は必ず幸せな風が吹いてくるはず。
強い予感を感じる。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-25 08:35 | ひと | Comments(0)

陶芸体験会   

私が通うローゼンクレイスタジオ
先生の美的センスが高いご指導に助けられ、私はいつも楽しく作品を創っております。
今日は、私の楽しい経験を友人・知人・お客様にも紹介しようと
体験会を企画しました。
午前の部は友人、知人が集まり、午後は家づくりで関わっている方々が参加。
f0031420_19491713.jpg

基礎工事が終わったばかりのF様父娘。3年前にプロデュースしたY邸のさくらちゃん。
勝手に「安藤ファミリー」と思っている方々です。
f0031420_2034926.jpg
Fママは私と感性が近い!さすが全国で個展をされる内田剛一さんの白マットのお皿を見本にして作成開始。
f0031420_2042150.jpg
Yさくらちゃんは刺身用の取り皿家族分4枚を創りました。頭が良いのでローゼン先生の言ったことをすぐカタチにできます。
Yママはすり鉢の片口を作成。写真は勘弁!と逃げられました。
とても笑顔が素敵な明るい方です。
さ~!
焼き上がりが楽しみです。
完成したら、それぞれの家でどう使われるのか、お宅訪問しなければ・・・。

体験会第二段は来年1月末を予定しています。
バレンタインカップづくり。
温かいハートも添えて、手づくりカップのプレゼントを創りませんか!!!
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-23 19:47 | 創り人 | Comments(0)

器を創る   

今日の予定
午前中は南町の家、内覧会会場にいます。
素敵なご夫婦のお住まい。
f0031420_826146.jpg


午後はローゼンクレイスタジオへ。
現在建築中の方の手洗い器をご自分達で創る!という体験教室へ同行。
f0031420_832135.jpg
以前プロデュースした家のご家族も参加の体験教室。
私は、クリスマス用の角皿の仕上げ。
構想10分。
ローゼン先生の指導が良いので、いつも楽しく大作に挑めます。
どちらも「器を創る」ということでは、私にとって大切な時間です。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-23 08:42 | 創り人 | Comments(0)

暮らしが変わる!   

本業のライフスタイルプランナーの仕事。
初めましての挨拶をしてから、打合せが進むにつれて
ご家族の表情が変わります。
心配と不安を隠せない表情から、設計プランの打合せが進むにつれて明るくなります。
笑顔が増えます。
きっと、新しい暮らしが想像できるようになるからでしょう。
f0031420_9412672.jpgその笑顔で、建築家や私にまで更に力が入ります。
現在リノベーションの提案をしているK邸。
再生をキーワードに風と光と家族の愛情があふれるプランです。
ご夫婦の前向きな気持ちが暮らしを変えるはずです。
きっと!
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-22 09:39 | 家づくり | Comments(0)

解禁日   

昨夜はボジョレヌーボー解禁の日。
親友達と早速ワインバーへ。
真っ白な店内。女性のソムリエに私達。
f0031420_8401413.jpg
f0031420_8405381.jpg女性だけの楽しい会話に、美味しいワインとチーズ。

至福のひととき。f0031420_8412857.jpg

年代ものの飲み比べをしていたら酔ってしまいました・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-21 08:43 | 美味しいもの | Comments(0)

寒い夕暮れ時は・・・。   

この時期になると「マッチ売りのおばさん」だった時のことを思い出す。
住宅営業の飛び込み訪問。
冬は夕方3時過ぎから冷え出し、もう5時前には暗くなる。
営業所に戻れるのは、明るい報告がで来る時。

たとえば、
「リフォームの見込みがありそうなお客様と話が出来ました。」
「玄関先から、応接間まで入れてくれました。」
商談の始まる報告が出来る時。
それまで、自分の担当エリアをぐるぐる回る。

寒さで鼻の頭は赤くなり、手先はかたまり、髪の毛もぱさぱさ。
家の中から笑い声や夕食の仕度の臭いがする時
本当に辛さと情けなさで
「家を買ってください・・。」
と嘆願するマッチ売りの少女の気分でした。

良くぞ、あの当時の辛さを乗り越えたと自分で自分を誉めたい。
そして
気がつけば、こんなにたくましい女性になってしまった。

若いときの苦労は買ってでもしろ!
35歳が若いかどうかは?ですが・・・。

あんなきつい思いをして住宅営業をしていたのに
今でも、家づくりに関わる仕事を続けている私は、
本当にこの仕事が好きなのだ!と思う。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-20 18:22 | 季節 | Comments(1)