<   2008年 06月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

やっとここまで・そして   

家づくりの仕事で、新築祝いに参加できるのはとても嬉しいことです。
もてなしのご馳走も大変嬉しいことですが
私が一番感じることは
その家に住むご家族の再スタートの時に同じ場所に居ること。
同じ場所というより、一緒に創り上げた家で空間の心地よさと人の温かさに触れることができて、仕事人としても、ひとりの人間としても幸せです。

人生の中では1~2年のお付き合いは短いものです。
でも、そこには凝縮した人生の縮図を感じ取ることから始まるのが私の家づくりです。
単純に部屋数いくつ?予算はいくら?といった表面的なものでないところから関わっていきます。

新築祝いを開いてくださったHさん。
とても大変な人生をこれまで歩いてこられました。
f0031420_9591941.jpg
f0031420_100076.jpg

家を建てると考えながらも、心も体も前に進めない時期があったようです。
家づくりはすごいポジティブパワーが必要です。
友人から、私の存在を知ってすぐに会いに来て下さいました。
「ご縁があったらこの方の力になりたい」
の気持ちが通じてスタートし
昨晩、お祝いの席に座るところまできました。

家づくりを通して、ご親戚や友人、そして私たちの力は彼女の原動力に火をつけました。
「Hさん、新しい家でどんなことをやりたいですか?夢は?」
「笑っている自分を想像した時、何しているときですか?」
の質問にしばらく沈黙が。

そして、「絵本を読んでるときが幸せです。若い頃は絵本作家になりたかった」
と少し、不安げに話を始められました。
それから色んなことをお聞きして
図書館のようなコーナーを色んな場所につくることに。
f0031420_10171186.jpg

心の底に沈めていた人生の夢が家をつくることによって
少しずつ浮上してきたHさん。
とてもハッピーな知らせを引越しの打合せをするときに聞きました。
「念願だった司書の仕事が4月からできそうです。募集で面接を受けてきました。
この年齢だし大丈夫かな?」
「大丈夫!駄目ならまた次に向かって進みましょう!」
女性で年齢を制限される再就職はとても厳しいことです。でも、彼女ならやれると思っていました。
そして、
今。
私の予想通り、図書館で頑張って仕事を始めました。毎日10冊ずつ位の本を持って帰りチェクしているそうです。
彼女にはそれだけの夢と力があったのです。
人生の苦難で、少し忘れていただけ。

Hさん!やっとここまできましたね。
これまで波乱万丈の人生と思ったことも、あなたの力で乗り越えられることだったのです。
昨夜、テキパキと動く姿を見てそう感じました。
そして、
これからの人生を「本と人を繋ぐ」ことに向けてゆっくり進んでくださると信じています。

少し離れたところから応援していますよ。空楽のみんなも。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-29 10:14 | 家づくり | Comments(0)

涼の花あしらい   

器季家で涼の花あしらい教室(tanabata)を開催。
草心流の本田草友先生が講師。
先生は少人数でゆっくりと楽しみながら活けていくのが良い。
との考え。
今回も午前、午後各5名までで締め切らせていただきました。お断りした方、ごめんなさいね。
最初に七夕の由来の説明があり、
f0031420_630148.jpg
f0031420_6304748.jpg

それぞれの竹の花器に好きな花を活けていく。
「カタチを限定せず、感性を重視して!」が結構難しい。
f0031420_6363794.jpg

草友先生を囲んで、午前の参加者の皆様。
午後も真剣に皆さん活けていらっしゃいました。
f0031420_64103.jpg
花あしらいの大切なことは
「一度切ることによって命を採った木や花は、実が枯れるまで、どんな方法でも活かすこと。」
ということで
竹が一年位使って色がさめたら、次は色を塗ってクリスマスやお正月の「テーブルコーディネート」に活かしてください!の実例も教えていただきました。
f0031420_6462199.jpg

とても楽しく、気持ちが心地よくなる時間でした。
草友先生
お忙しい中、ご指導頂きありがとうございました。
そして、
参加された皆様
家の中に「生花」を飾ってご家族で楽しみましょうね!またお会いしましょう!
(午後の参加者の皆様の集合写真を撮り忘れました。ごめんなさい)
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-28 06:27 | 季節 | Comments(4)

家づくりのプロ集団   

カリエラ・Kと器季家のギャラリーオフィスが私のホームグランド。
「心地よい暮らし」をテーマにここから色んなことを発信しています。
そして、
もうひとつ大切な場所。
空楽
家づくりのプロ集団の共同オフィス。
御船のインター横にある。
f0031420_636537.jpg

設計事務所、工務店、プロデュース、インテリアコーディネート。
それぞれ独立した仕事人の集合体。
「依存」ではなく「共存」の関係です。
共同で「空楽の家」を創る。
それぞれのクライアントの仕事をやる。
独立採算で動きます。
でも、
仕事のテーマが共通しています。「感性度の高い、経年美の家」
そして、家創りに関して超まじめ。
働く場所に恵まれて、私は幸せ者です。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-27 06:33 | 家づくり | Comments(0)

ちょっと・・・。   

毎週水曜日のいえカフェ。
いづれは家を建てたいな~とお考えの方や、暮らしをもっと楽しくと思っている人たちに気軽に遊びに来て欲しいの主旨で始めました。
が、
今日のお客様はほとんど、建築関係者。創る側の方々。
f0031420_21123433.jpg

建築士、インテリアプランナー、ハウスメーカーの営業、インテリアショップのオーナー。
ちょっとメンバーが・・・。
と思いながらも、情報交換の場として盛り上がりました。
その場で仕事の紹介まで進んだ方々も。
いえカフェが、ジョブカフェに早変わり。
皆さん!
お客様が満足する良い仕事をして下さいね。
また遊びに来て下さい。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-25 21:09 | 家づくり | Comments(0)

若い時は苦労を買ってでも・・・。   

今年8月で51歳になります。
でもまだ、
やりたいことがいっぱいです。

一番は建築プロデュースの確立。
熊本の家づくりに新しい風を吹かせつつ、確実に「自分の家は自分達で創り上げたい」
とお考えの方への発信をしていく。
いつの日か
「家創りは誰にプロデュース依頼したの?」なんて会話が街のカフェあたりで聞こえてきたら最高!

そして、リノベーションの提案。
壊すではなく再生する。住宅もオフィスも店舗も。頭の柔らかい建築家達が将来を見定めて提案して欲しい。デザイナーや職人たちを巻き込んで。

創り人の発信基地。
コツコツとモノを創る作家達がゆっくりと語りながら自分の作品を紹介できるスペースを創る。
モノは有形・無形どちらでも。
音楽も素敵。

最後に私の心の故郷、沖縄の血を子孫や周りの人たちに伝えていくこと。
来年夏には父の出身地である、南城市玉城村(たまぐすくそん)にいとこがペンションやバンガローをオープンする。果実農園と海と空。そして、人の心。
とても良い場所です。
宮本亜門さんも家を建てています。いとこが経営する浜辺の茶屋はけっこう有名になったみたい。
その故郷を紹介する企画をやれる時が来たような気がする。

これらのことは確実に一歩づつでも進めて行きたい!

これらが、儲かるとかビジネスチャンスとか言う発想はない。
純粋に
やりたいこと
若いときからお金の苦労はしてきたけど夢はあきらめなかった。
夢のために舗装してないぬかるみや、草むらをかき分けて、道を創り、前に進んできた人生。

これからは次の創り人達の世代に残す物、伝える仕事をしていきたい。

お金は後からついて来る。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-25 13:04 | ひと | Comments(4)

親子の距離   

今月、新築の家に引っ越されたH様宅へ伺いました。
家具が入って初めての訪問。
予想通りの心地よさ。
梅雨のうっとうしさもこの家には関係ない。無垢の床や建具が調湿作用でフォローしている。
それプラス
奥様の明るさが効果大。
私がプロデュースを担当する家づくりのお宅は奥様が明るい事が基本です。
f0031420_19101324.jpg

ふと見ると、素敵な親子の距離が。
お母さんはキッチンでお茶を入れています。
お子さんは階段で好きな本を読んでいます。
子供部屋の充実よりこの空間が重要なのです。
f0031420_19115850.jpg

これこそ、この家のテーマ。
気配を感じながら干渉しすぎない親子関係。
ちょっと離れて見守る親の愛。

今、悲惨な事件が起きているは、干渉しすぎ、強制しすぎ、物を与えすぎ・・・。
「しすぎ」ではなく「加減」が大事。

我が家は息子が高校卒業後、県外に進学するまで子供部屋にクーラーはありませんでした。理由は生活苦^0^
お陰でいつもリビングはにぎやかでした。

「心地よい空間を創りましょう!」
初めて家創りの話をさせていただく時に言う言葉ですが
家が完成して、暮らしが始まるとその意味を本当に納得していただきます。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-24 19:06 | 家づくり | Comments(0)

贅沢な美味しい時間   

上通りの時蔵鮨の大将と女将さんに器季家で鮨を握ってもらいました。
f0031420_921051.jpg

ひとつひとつの味が絶品でした。
f0031420_9224024.jpgf0031420_9232384.jpg




f0031420_9252236.jpg

仕事仲間の集まりで、お鮨を食べよう会を企画。知人の時蔵鮨さんへお願いしたら、快くケータリングをしていただきました。
贅沢な美味しい時間でした。
その後、時蔵ご夫妻も飲み方に合流。
私は、記憶が途切れております・・・。
憶えているのは美味しい鮨の味だけ。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-23 09:27 | 美味しいもの | Comments(0)

三社参り   

朝のジョギングコースにある神社に毎回お参りをします。
お参りと言っても
「神様おはようございます」程度の挨拶ですが。
最初は
熊本城稲荷神社。
f0031420_9435718.jpg商いがうまく行きますように!
そして、
加藤神社。建築の神様なので、
お客様とスタッフ一同が満足できる家創りができますように
f0031420_9453352.jpg

最後は市民会館の横にある山崎菅原神社。
学問の神様。
f0031420_9475244.jpg
いつまでも向学心に燃え、ぼけませんように!

朝からとても欲張りなジョギングをしています。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-20 09:50 | ひと | Comments(3)

挑戦!   

器季家はギャラリーとしても活動するが、今年は後半から何か楽しい事をと考えていた。
元々スタートが県外の創り人の刺激を熊本に、熊本の若手の紹介を地元の方に。
が主旨ではじめたので
めぐり合いがない場合はギャラリー活動はお休み。
そんな時、洋々窯の小松野さんから連絡がありお話を伺った結果、
9月中旬に器季家で個展を開催することに。
f0031420_14384393.jpg
小松野さんの器は、作家の性格そのものという感じ。
実直で頑固で優しい。
でも、今回は私からリクエストを出しました。
今までと違う小松野さんの作品も見てみたいと。

そして、小松野さんからお手紙をいただきました。

日頃創ることを敬遠している器を創ること。
あるいは、やったことのない創りかたで今回の個展を企画してみてはと思いました。

数を多くつくるのではなく、ひとつひとつの器を時間をかけて、丁寧に創るということ。

それは今まで自分が曖昧にごまかして来た部分なのかもしれない。

今回は初めての個展と言ってもいいし、自分にとっての挑戦であり
次の新しい可能性に繋がるかもしれない。


この文書を読んだ時
この方には創ることに専念してもらい
創作プロデュースは私が全面的に引き受けようと思いました。

秋が楽しみです。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-19 14:34 | 創り人 | Comments(2)

いえカフェの理想形   

毎週水曜日だけのいえカフェ。
いえ創りを近い将来にお考えの方や、ギャラリーで企画を検討する作家の方、毎日の暮らしを楽しみたい方などに気軽に来てもらいたい!
それが私の理想形でした。

何となく理想に近づいています。一般の方に宣伝しませんので、目的を持って来て下さる方がほとんどです。

一階の看板を見て上がってこられる方も、お洒落な雰囲気の方が多い。

今日は土地探しからのご相談も受けました。
そして、去年完成した家の庭造りのご相談も。
f0031420_17525187.jpg
店内の好きな場所で好きな時間を過ごしてほしい!ゆっくり本も読んでほしい!
の通り
f0031420_17545083.jpg

庭造りの参考になりそうな本を読んでいるMさん。
f0031420_17571589.jpg
Mさん。早速明日の建築ミーティングで庭の造作、ウッドデッキの日よけ対策法について、建築士、施行士の意見を聞いてきます。
ゆっくり、ゆっくり楽しみながら庭をつくって下さいね!
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-18 18:10 | ギャラリー | Comments(0)