<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

お世話になりました。   

2007年もあと1日。
器季家がオープンして多くの創り人、仲間、家づくりを考えている方々にご来場頂きました。
大変お世話になりました。
そして、楽しい時間をありがとうございました。
器季家は来年2月で一度閉店いたします。
そして、4月に移転して再オープンいたします。
移転先は同じシャワー通りAZUMAビル5階です。
最上階にオフィス&ギャラリーとしてまた動き始めます。
今の場所はとても気に入っていましたのでとても寂しいのです。
が、新しい仕事も始まるのでまた気持ちを新たにスタートします。
f0031420_12421738.jpg

f0031420_12423945.jpg

器季家に関わってくださった皆様!本当にありがとうございました。
来年も新たなステージで宜しくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-30 12:43 | ギャラリー | Comments(2)

来年こそは!   

先日、久しぶりにラブコメディーの映画を観た。
大好きな女優、ダイアナキートンが出ていたのでそれに魅かれて。
f0031420_1124146.jpg
ストーリーはいたって単純。
嫁に行かない娘のために母親が恋人探しをするうちに、未亡人の母親も恋愛願望が強くなり、娘の彼の父親と恋に落ちる。と言う内容。

女性の本当の幸せはどこにあるのか?
私はシングルアゲインで、ひとりで仕事をしながら子育てをして、一段落したら、自分自身のこれからの幸せも真剣に考えたいと思っています。
まだ、父の介護という責任もあるけど、やっぱり、素敵な恋愛もしたい。

仕事が大好きでお酒が大好きで家事は苦手。
完全におやじ化してはいるけれど、
来年こそは心ときめく人とめぐり逢いたい。

以前、中学校の同級生の男性から言われた言葉。
「お前は灰になるまで女でいたいんだろうな」
これを恋愛体質と呼ぶのかな?
きっと老人ホームに入っても、素敵なおじいちゃんを見つけたらアタックをするはずです^0^。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-29 11:23 | ひと | Comments(0)

強さ   

この1年間を振り返り、考えました。
家づくりの仕事を天職にして、そのうえギャラリーでは多くの創り人たちと充実した時間を共有できました。
私は幸せ者だなと思います。
でも、人間は(特に私は)ぬるま湯の中にいると緊張感も向上心も少しづつ薄れてきます。
そこで、更に気を引き締めて
来年は
目の前の現実から逃げない!
言い訳しない!
笑顔を忘れない!

をモットーに軽やかに生きていきたいと思います。
その為にも「強さ」が欲しい。
自分に負けない強さが・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-28 08:01 | ひと | Comments(0)

もういくつ寝ると・・・。   

クリスマスも終わり、次はお正月。
今年のクリスマスも来年のお正月もときめきには欠ける。
でも、飾り付けは楽しい。
f0031420_19581060.jpg

ねずみのお手玉も雑貨屋さんで見つけて、何だか幸せ気分。
明日は年末恒例の草心流本田先生のお正月花あしらい教室。
正月花を活けると、やっと
「あ~お正月が来る。」と実感する。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-26 19:57 | 季節 | Comments(0)

仕事道   

大阪に大切な友人の見舞いに行きました。
健康だけが取りえよね!といつも話していた親友が入院して手術。ショックでした。
でも、一番ショックは彼女自身であり、その家族でしょう。
神様は彼女への休息を与えられたのでしょうか?
クリスマスイブの日。病院の彼女の元へ。
元気そうに振舞ってくれる彼女にひと安心。
中学校から何十年と続く友情は強くて温かいものです。必ず彼女が来年また輝くステージでお花を活けている姿を想像しながら遠くから見守りたいと思います。
そして、彼女の旦那さまとゆっくり話す時間がありました。
不動産業を手広くやっている彼は私にとっては人生も仕事も、大大大先輩の人です。
京都の俵屋旅館へ泊めてくださったり、食べたことの無い京料理をご馳走してくださるとてもありがたい方。
私の仕事に関しても以前からアツ~イアドバイスを頂いておりました。
その彼から、別れ際に深いお言葉を頂きました。
「久美!お前のビジネスの基盤はこの5年のうちに固めろ!あと5年だぞ。分かったか!」
私の脳裏には
タイトルが「仕事道」と言う演歌が流れている気がしました。
5年の重みと意味がよく分かります。
彼の不退転の精神をつめの垢ほど頂き、大阪をあとにしました。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-25 11:05 | ひと | Comments(0)

激動の1年   

今年もあと9日。
私にとっては激動の1年でした。
良くも悪くも。特にプライベートで。
しかし必ず明日は明るい!はず。
昔の唄にも「~♪明日という日は明るい日と書くのね♪~」
とあるように
来年は少しずつ良くなるような予感がします。

ここで、本日の日めくりカレンダーの言葉

「直感は叡智(えいち)である。気づくとすぐする実践が、直感の質を高め、決断力が鍛えられる。

その通り!心と頭のアンテナがピンと立ったら、目の前の事柄は自分のものとして捉える。
決断力は大事。
前にも書いたけど、幸せの神様は前髪しかないので、あ~っと通り過ぎて振り向いて掴もうとしても、もう遅い。後ろのつるつる頭は掴めないのである。
^0^
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-22 15:13 | ひと | Comments(0)

建築家堀部安嗣   

家づくりの仲間で最も多くの仕事を一緒にしているのが空楽
会社という組織体ではなく、「自分達の納得する良い家を創りたい」という同志が共同で事務所を運営している。
この形態で家づくりをしているのは全国でも珍しいと思う。(最先端?)
そんな仲間もそれぞれ別のチームを組んで仕事もしている。
納得のいく自分達のスッテプアップになることであれば。
今回は円ホームが全国で活躍する建築家堀部氏と組んだ。
非常に嬉しく、期待している。
その家が今週末23日日曜日11:00~17:00までの間、見学できる。
ご希望の方は下記まで事前にご連絡を。
場所 熊本県荒尾市万田(荒尾市ナフコを右折してみやじま幼稚園となり)
連絡先 090-7455-9433 川端
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-21 11:43 | 家づくり | Comments(0)

恋人に逢う気分   

プロデュースした家へ年末の挨拶回り。
家に近づくと、恋人に逢うときのようなドキドキ感がある。
これは職業病?
f0031420_1913354.jpg

「元気だった?」
完成したときより更に雰囲気が良くなった家を眺めながら、心で呟く自分がいる。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-17 19:03 | 家づくり | Comments(2)

意味の違い   

年末、毎日忙しく慌しい。
仕事もプライベートも。
でも自分の行動を冷静に眺めてみると、
「忙しい」ではなく「段取りが悪い」
「慌しい」ではなく「周りに振り回されている」
と表現した方が正解かもしれない。

仕事中、目的地までの移動時間。
効率よく動いているだろうか?
仕事と作業は違う。バタバタしているのは、段取りの悪い作業をしているのであって、仕事ではないのかもしれない。

大人になると他人は間違いや改善点をはっきりとは指摘してくれない。
辛口の評価が実はありがたいアドバイスであり、ポジティブな人間には、成長への刺激剤である。

一生懸命頑張っている。
と自己弁護している間は改善も進歩もないのかな?

と自分の1年間の行動を振り返り、「言葉の意味」の違いを考えた。
来年は「効率よく」、「正確」に行動し、充実した時間のとり方で「ON」「OFF」のメリハリをつけたい。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-16 17:03 | ことば | Comments(2)

想いを込めて!   

今日は早朝から我が家のリビングの天井板を自分達で塗ろう!と張り切っているご家族を取材に行きました。
f0031420_1405459.jpg
Kファミリー。ご主人はイケメン、奥様は可愛く、息子さんは美少年。ジャニーズ事務所に推薦状を書きたいくらい。そんな素敵なファミリーがご両親と住む2世帯住宅を現在建築中。
自分達で天井板を塗りませんか!と提案したのはK様の友人でインテリアコーディネーターの下村さん。f0031420_1482343.jpgいつもはエレガントな装いでモデルのようにカッコイイ。今日は頑張るぞモードです。
f0031420_14101024.jpg

ZAZA建築工房の北川さんに塗料の説明を聞き、さ~!皆でやるぞ~のメンバー。
f0031420_14123688.jpg

ご主人は器用に塗り方を習得されたようです。
f0031420_14214621.jpg

私も2枚ほど塗らせて頂きました。感激です。完成したら天井ばかり見上げているかも。
皆の想いを込めて塗った天井ですからね。
この家のコンセプトは
「個々の楽しむ空間を大切にしながらも家族が寄り添い合う家。」
外観は南仏風の洋瓦を使い、シンプルなデザイン。
ご主人はプラモデルづくり、奥様は洋裁、息子さんはお絵かき。それぞれに自分の楽しむスペースを確保しながら心の風通しが良く温かさも伝え合える空間も大切に出来る設計です。
もちろん親・子・孫の3世代が楽しく暮らせる間取りです。
完成したら奥様が集めた可愛い小物たちが飾られて、温かい雰囲気の演出をされることでしょうね。Kママ、楽しみにしていますよ!
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-15 13:59 | 家づくり | Comments(0)