<   2007年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

住宅展示場   

今日、以前プロデュースしたお宅へ訪問したり、電話で話したりして、「何て皆さん良い方たちなのだろう。本当に出逢えて家を建てるお手伝いが出来て良かった。」
と思い、ふと昔のことを思い出しました。

初めて会社勤めをしたのが、35歳の時。
住宅営業。自分の不満足の家創り経験からの選択です。
当時は怖さも大変さも知らない世間知らずの主婦でした。
全国展開している会社で在来工法からツーバイフォーの住宅として展開し始めたばかり。
住宅会社の老舗です。
私が入社した時はちょうど常設の住宅展示場がない時でした。
先輩方は成績が上がらないのは展示場が無いからだとぼやいていました。

そうなんだ。展示場があれば成績が上がる。今は飛び込み営業だけで大変だけど、早く展示場を建ててもらえば・・・。

と単純に考えていました。

やっとJT展示場に常設展示場ができ、主任として配属に。
でも、会社の成績はたいして上がらず、2年で撤退。

撤退理由はいろいろあったと思います。
撤退だけではなく、全国の支店が統合されて、最後は会社もなくなりました。

私が会社を辞めた後の話です。
私は大手の家創りの考えにはついていけませんでした。

そして、何社か転職後に今の建築プロデュースの仕事にめぐり合いました。
今、住宅展示場はありません。大きな会社の看板もありません。
でも、縁があって家を建てさせていただいたお客様の家が
私の最大で最高の展示場かもしれません。

「今度、これから家を建てたい方をご案内していいですか?
家創りの先輩としてアドバイスをお願いします。」
この厚かましいお願いを、皆様快く受けてくださいます。

本当に感謝しています。
ハウスメーカーで営業をしていた時より、充実した毎日です。

家創りの仲間達と共通して考えることは、「経年美の家」を創ること。
建てた時が、一番美しくだんだんすすけた感じの家ではなく、年を重ねるごとに風格や味わい、心地よさをを感じることが出来る家を創ること。

これから建てる方にも、実際に「経年美の家」へご案内することが一番の参考になると思います。そして、そこで快適に暮らしているご家族の話を聞くこと。

これが一番の家創り提案です。

見せるだけの、過大表現した住宅展示場は私にはいりません。

それに、設計士の設計したプランは同じものはありません。私たちを探して相談してくださる方も他人と同じような家は創りたくないと思います。

私の仕事の財産は、これまでにお手伝いできた「家」と「ご家族」と仕事の「仲間たち」です。

これから末永く仲良くお付合いのほどよろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-27 20:40 | 家づくり | Comments(0)

もういくつ寝ると・・・。   

ギャラリーの年末までの企画・イベント案ができました。
陶展、和食と器を楽しむ料理教室、書道教室、キャンドルワークショップ、お花教室。
その他にもいくつか相談を受けてる企画がある。
月別にスケジュールを考えたら、もうお正月が来てしまった。
最後は12月27日の本田草友先生のお正月花の教室で今年も終わりです。
そのあとは「行く年・来る年」を待つばかり。
あっという間です。

日中こんなに暑いと冬は来るのかな?と考えてしまいます。

家創りも来月から着工現場が5件スタートします。

建築現場とギャラリー、どちらも大切です。
今年もあと3ヶ月。
皆様!気を引き締めて充実した毎日を送りましょう!
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-26 20:09 | ギャラリー | Comments(0)

魅力ある女性   

自分が女であることを良かったと思える瞬間。
それは、魅力ある素敵な女性に出会った時。
TINAさんもその女性のひとりです。
f0031420_22492896.jpg
還暦は過ぎても、歯切れのよい関東弁でぽんぽんと発する言葉。
前しか向いていないアーティストの存在感があります。
f0031420_22534898.jpg
f0031420_22541896.jpg

f0031420_22544911.jpg
f0031420_22552466.jpg

TINAさんの作品は世界で活かされる布のアートです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-25 22:55 | ギャラリー | Comments(0)

快適に暮らしています。   

今年6月末に完成したお宅に伺いました。
f0031420_14532933.jpg

玄関の外壁の青が素敵です。
奥様が可愛く緑を演出されていました。
f0031420_1456018.jpgf0031420_14562869.jpg
室内に入ると木のぬくもりとご家族の明るい声に迎えられ、快適生活が想像できました。
f0031420_1512538.jpg

2階のワンフロアーにのびのびと育つ子供部屋があります。
子供部屋から眺めるダイニング。
f0031420_1531440.jpgこの家には親子の断絶はありません。
「木の香りに包まれて、風通しも良くて、日差しが心地よく、快適に暮らしています。」
と語ってくださったSご夫妻。
この言葉はプロデュースしたものにとって一番嬉しい施主からのプレゼントです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-24 14:58 | 家づくり | Comments(0)

10年後の自分   

敬老の日が過ぎ、介護している父の姿を眺め
自分の10年後、そして、老いを考えます。
「日本人は歳の数で人を判断する。実際はその「人なり」で数字ではない」と三輪明宏が語っていた。そう、数字ではなく生きざま。

これまで来た道。これから行く道。
後ろは振り向かず、後悔もしない。
でも、これから進む道は少しゆとりを持ち、勢いだけではなく潤いも持ちたいものです。
自分にゆとりがなければ
周りの人にも愛情はそそげません。

仕事とお酒と愛情。。。

きっと10年後の私は輝いているはずです。  ねばならない・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-23 10:56 | ひと | Comments(0)

プロ意識   

私が家を建てた13年前に本当に必要と思った家創りパートナー。

土地探しから、設計、施工までトータルして誘導してくださる誠実なアドバイザー。
適設適地でその土地にあったベストな設計をしてくださる設計者。
現場で設計図を忠実に現実のカタチにしてくださる信頼のおける工務店。
色や素材や照明、カーテンまで、インテリア全般のことを設計図や現場で分かりやすく説明してくれて、アドバイスとセレクトを手伝ってくれる方。

何も分からない素人の私には家創りは楽しいはずが、とても不安なものと変化していきました。上記の人たちとのめぐり合いがなかったからです。

その思いをこれから家を創る方にさせたくない!と、今の仕事を始めました。
そして、常にこの想いを熱く語っていたおかげで、多くの方と一緒に仕事をできるようになりました。プロ意識の高い人達です。

そのひとり、下村恵美さん。
f0031420_151578.jpg
それぞれ仕事の内容は違いますが、語り出したら止まらない家創りへの情熱を感じます。
仕事はインテリアコーディネートです。

この仕事は奥が深いです。実力の差も現場に反映されます。
日々センス磨きと現場を知るということでしょうか!

私が建築プロデュースを始めた動機の中にはプロ意識の高いセンスと動きが敏速なインテリアコーディネーターと仕事をしたいという思いがありました。
それが現実になり「願いは叶う」の心境です。

お客様が分かりやすく家創りを進めることができるように、独自のツールで提案していかれます。
f0031420_15124266.jpg
f0031420_15132025.jpg

家創りの主人公であるご家族が楽しく不安なく満足できるように、設計士、施工者とコミュニケーションをとり、仕事を進める。フリーでの仕事ととしては大変ですが、力量のある彼女は常に前向きに仕事に取り組んでくれるはず。
安心して任せられる同志のひとりです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-21 15:19 | 家づくり | Comments(0)

夏の疲れ   

毎日があっという間に過ぎていくように感じる。
初秋というのに、真夏の気温に逆戻りの今日この頃。
夏の疲れが出てきたような気さえする。

やりたいこと、しなくてはいけないこと、するべきこと。
頭では分かっていても、体がついて行かない。

今年の夏は猛暑の上に、仕事もハードだった。休む時間も忘れるほど。
ちょっと休憩も必要。

急ぐことはない。ゆっくり確実にわが道を進もう!


今日の日めくりカレンダーの言葉

「やればできる、やらねばできない」
当たり前のことだが、どれほど多くの人が理屈をこねまわし、やりもしない前からギブアップしていることか。
やらなくちゃ何も始まらないのは、不滅の心理なのに。

[PR]

by k2kikiya | 2007-09-19 08:00 | ことば | Comments(0)

親愛なる友よ!   

明日から友人が入院します。ご主人の出張中の期間です。
今夜はその友人の友達が集まり食事会でした。
私はお金も地位も肩書きもありません。
親の七光も、つてもこねもなく今日まで生きてきました。
自分でも良く頑張ったと思うほどに。
でも、そこには友情の支えがありました。
こんな私でも、辛さを笑い飛ばしてくれる友がいました。
これは人生でかけがえのない財産です。
その財産のひとりの彼女が今、難病で苦しんでいます。テレビで「1ℓの涙」としてドラマになった病気です。今の医学では対応が出来ない難病です。
私は彼女の前で無力です。
彼女の苦しさをどうして和らいでいいのか!
神様は彼女や家族や私達に何を悟らせたいのか?
彼女の前では明るくふるまっても、ひとりになると無力の自分にぼろぼろです。
人生は誰かの指示で決まるのですか?
罪も犯していない人をどうして苦しめるのですか?
神様の考えは?
これまで結婚、子育てで頑張ってきた彼女の人生。
これからという時に、心と体の自由を奪う神様の考えを聞かせて欲しい。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-15 00:41 | 仲間 | Comments(0)

全力を尽くした後は   

今日の日めくりの言葉

「結果は天の領分」
俗に「とらぬ狸の皮算用」という。
やりもしない前から甘い夢をみたり、逆に心配しながらではろくなことはない。
ただ全力を尽くせばよい。
結果は後からついてくるものだ。



なるほど・・・。
結果は後からついてくる。
全力で仕事をすればお金も後からついてくる?!
独立独歩の仕事をしている私。
コツコツ、小さなことから大きなことまでベストを尽くすのみ。
時々後ろを振り向きながら前進あるのみです。ね!
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-09 14:57 | ことば | Comments(0)

時の流れ   

「はじめまして」でお客様とお会いしてから、家が完成するまで、どんなに最短でも1年は経過します。小さなお子様がいらっしゃるご家族との打ち合わせはとても楽しく、日々の成長も感じます。
本日打ち合わせのD家のnanamiちゃん。
目が大きくてとても可愛い!パパそっくりです。
f0031420_1630535.jpg

ママが造作キッチンの打合せをしている間、おりこうさんにお絵かきです。
f0031420_16323473.jpg洗面台に貼るガラスタイルは自分で色選び。
こうして打ち合わせしながら、家が完成する頃には話す言葉の数は増え、お絵かきもバージョンアップして、歩くのもしっかりと・・・。
来春、家が完成するので嬉しいけど、打合せで頻繁に会うことが無くなるのは寂しいような「時の流れ」を感じます。
nanamiちゃん!もうしばらくは、ゆっくり楽しく家創りの打合せをしましょうね!
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-08 18:50 | 家づくり | Comments(2)