<   2007年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧   

家創りの夢が現実に!   

「家を建てたいのですが、誰にどんな風に頼んだら良いのでしょうか?」と器季家にたずねてこられたのはちょうど1年前くらいでした。
M様はとても真剣にメモをとりながら家創りの流れを聞いてくださいました。
それからは実際に完成した家を体感して、ご自分の好き嫌いやこだわりを確認していかれたのです。
そして1年後、土地も決まり設計プランニングはスタートしました。
f0031420_20222986.jpg平面図では想像できない所も模型で見ると納得。
f0031420_20263455.jpg



だんだん夢が現実のかたちになっていきます。
今日の打合せで感動したM様が作成されたマイハウスコーディネートの資料。
f0031420_20285699.jpg

この表や図面はすぐれものなのです。
新居に持ち込む家具リストを色分けで作成。そして、平面図に色分けした家具を図面と同じ縮尺寸でつくり貼る。(プロのコーディネーターも負けそう!)
こうすることで色んなことが分かってきます。
壁面の空間、配線計画。置く家具が決まっている場合その場所をよけてコンセントの位置を決めます。そして、これから購入する家具の寸法予測。
そして、引越しの時、配置リストに番号を入れ、家具にも番号をはる。これで引越し屋さんは確実にその場所へと運び込めるのです。

これから家創りをプランニングする方はぜひ参考にしてください。
楽しみながら、すごく近い未来予想図をつくってみては。

着実に進んでいく家創り。楽しみですね。
この家のテーマは「可愛い子供達(3匹の犬)と心地よさを共遊する家」はいかがでしょうか?
M様今度ご意見を聞かせてくださいね。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-31 20:31 | 家づくり

建築家の家   

以前、熊大の建築科出身の人と話した時のこと。
最近、建築家という単語がメディアで飛び交ってるけど、どう思う?
という質問に、答えた彼のことば。
僕が認める建築家は熊本では5人です。
は~。そうなんだ。
のひとり、西山英夫氏の設計した家。
f0031420_200277.jpg

周辺から閉鎖した基地のような建物。外壁は亜鉛。ガルバではない。ここがこだわり。
f0031420_201887.jpg

内側を開放的に中央のストーブを中心に左右に屋外ウッドデッキ。プライベートな開放感を満喫できます。
f0031420_2313769.jpg
この家を設計した、西山英夫氏。
f0031420_7474040.jpg
今月、西山氏は合志市の「I・housein合志」で日本建築家協会熊本住宅賞で選考委員賞を受賞されました。今後もシャープで温かい空間建築を期待してます。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-30 22:47 | 家づくり

想いが現実になる家創り   

先月末、完成した宇土のS邸。
去年のちょうど今頃、初めてお会いして、どんな暮らしがしたいですか?どんな家に住みたいですか?の質問に答えていただいた文章を読み返してみた。

子供と仕切りの無い空間をつくりたい。
いつも子供と会話が出来る家。
無垢材を使った家。子供さんの意見は「ヒノキのいっぱい使ってある家」実は木は全部ヒノキと思っていたらしい。^0^。
子供に、キッチンから「行ってらっしゃい、お帰り」と声がかかられる家。
梁でも、壁でも好きなように動き回れる家。(子供達が)実はお母さんも登りたいらしい。

そのリクエストが現実の家という形で完成しました。
f0031420_2154730.jpg

f0031420_21544666.jpg
二階の子供スペースから一階の梁を身軽に飛び回る子供達。
「子供達も大満足の家です。」とお母様の言葉。
確かに、こんなに自由に室内を動き回れる家は珍しいかも。

内覧会の時は「子供と共に成長する家」と名付けました。
子供も成長するけど、天然素材の家も時間の経過で味わいのある素材感が出て雰囲気が良くなります。そして、共育で親も子供から学ぶこと多し。の意味で名付けました。

でも、設計プランニングのときは「町の小さな体育館」
どちらもぴったりです。

仕事だから、当たり前かもしれませんが、お客さまが語った家創りへの想いを現実にする仕事って、やりがいあるよな~と、自我自賛で感動。
多くの手がひとつの感動の家を創りだします。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-26 22:00 | 家づくり

今日のことば   

25日今日の商売カレンダーのことば

「強烈な願望は必ず実現する」


これと、あれと、それと・・・。欲のかたまり。願望の強さ。

ひとつに絞って、来年中に「あれ」を実現させよう!!!
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-25 14:09 | ことば

夢も現実にも仕事が   

今日の商売の日めくりの言葉

「朝起きた時、自分の仕事が待っている
これが誠の生きがい」

その通り!

明け方、お客さまに資金計画の説明をしている夢を見た。
夢なのか?リアルに説明している。

そして朝起きて、顔も洗わずパソコンの前に座る。お客様の資料を作成し、メール。

ひと仕事終わり、今から家族の朝食づくり。

常に仕事のことは頭に。それがストレスではなく考えたいのだ。
この仕事が好き。家創りをお客さまと話しているときの自分はとても楽しい。

夢も、現実にも楽しい仕事が待っている。
幸せなことです。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-21 07:17 | ことば

人のふり見て・・・。   

商売・日めくりカレンダーの18日の言葉

「身銭学習で成功者をカンニング
身銭を切って他人に学べ」

30代~40代前半迄の私の趣味は研修、セミナー参加と言って良い程多くの方の話、指導を受けました。営業コンサル会社で研修の裏方をしていた時期も。

常に前進、ステップアップを目標にしていたから。
身銭も使いました。
自分のお金を払って受ける研修は貪欲になるものです。

会社からの研修など「ありがたや!」の気持ちで受けていました。勤務時間に勉強させてくれるなんて何て幸せなのでしょう。と素直な気持ちで。

その成果はおおいに有り、普通ではお会いできない先生と話が出来たり、中年女性が無理と言われた会社に入社出来たり。

でも、良い事ばかりではありません。
お偉い先生や他人の話を聞き過ぎると、ちょっと勘違いが始まります。

知識、言葉、未経験の仕事に関して語れるようになるのです。
早く言えば「口先女」

やば~い!と自覚症状が出てからは、「謙虚に人のふり見て自分を磨け」の精神で、静かに生涯学習を続けております。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-18 09:07 | ことば

もしも   

もしも、熊本に中越沖地震と同じ地震が来たら?
私は今どこで何をしているのだろうか?

一瞬にして人の平穏な生活を飲み込んでしまう震災。

私は二つのことを考えた。
もし、熊本が震災でパニック状態になったときの行動。

離れて生活する家族の安否。連絡が取れなければ自分の足で捜しに行くだろう。
これまで建てた家の状況を確認に行くだろう。
その家で生活が不自由な方がいたら微力でも手伝うだろう。

でも、もしもの準備は何もしていない。
緊急時の日用品も無い。

街中に住んでいるので、何でもすぐ揃うという安易な感覚なのだ。
まだ、パニック状態で水を探した経験もない。

でも、もし私が怪我して入院したら・・・。
父は?娘(愛犬)は誰が世話するのか?

日頃から「もしも」のことはちゃんと考えておかなくてはと痛切に思う。

平和で安全な今の暮らしに感謝しながら。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-17 06:39 | ひと

美は執念   

来月ジャスト00歳になる。
少しは自分を労り、可愛がり、美しさを意識しなくては・・・。

と考え、美容室へ。
若白髪が多くなり日頃から繊細な神経が髪に出たかな???と思い気にはしていた。
さて、どのように染めようか?
いつかは映画「卒業」のミセスロビンソンのように黒髪にシルバーのメッシュを入れた髪も大人の雰囲気でいいな~と憧れていた。
決して「101匹ワンちゃん」のクルエラではない。

私の髪は性格と反対でなかなか色が染まらず頑固。
美容師さんもちゃんとそれをご存知で、今の状態ではきれいな白髪にならないので全体を染めるようアドバイス。少し落ちつたブラウン系で。

ところが、またまた性格が地味な私は
「夏だし、パ~と明るくしてください。ひまわりのように!」とお願いしてしまった。

そして、現在の私
「宝塚、中年組」と呼べるほどの髪の色になりました。でも、気に入ってます。

お化粧好き、お洒落好きな親友がいつも言ってる言葉。
「美は執念」
これからは執念で美しさを意識しなくては。
但し、一番大切なのは心の美ですね。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-15 09:41 | ひと

森林探検隊   

f0031420_1058920.jpgここは小国の山の中、森林探検隊の男性二人、色んな樹木について語りながら奥地へ・・・。
と書いてもおかしくない風景。
f0031420_1105276.jpg

本当は熊本市内、交通量も多いバス通りまで徒歩2分という便利な場所。

秋から着工する現場です。
周辺は畑や個人宅の庭園に囲まれ、敷地内にも以前住んでいらした方が植えた、松やもみじや南天など樹木が多くありました。

昨日は雨の中、建築家若杉氏とお客さまとで、どの木を残すか!の検討会でした。
雨にはぬれる、蚊はさす。足元はぬかるんで泥で靴が重くなる。
悪条件でしたが、おふたりはそんなこと気にもならず、ただひたすらに、真剣に建った家を想像しながら木の選定をしていました。

土地から一緒に探しました。見つけた自分でもすごい!と思う場所です。広くて安い。
お客さまの希望は森林の中で生活するような雰囲気。平屋で和のテースト+オリエンタルな内観。外観はちょっと古民家風。
薪ストーブの上でコトコトとシチューなど煮込み料理を楽しむリビングダイニング。
ご主人の趣味はオーディオ。ひとり静かにジャズを聴きたい。
家創りを語り始めたら、顔が緩んで、笑顔になってしまうご主人です。(とても嬉しいのが伝わります)

完成見学会もOKということですので、ここがどこなのか来春をお楽しみに!
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-14 11:01 | 家づくり

びっくり!   

昨夜書いたブログのタイトルは「大人の楽しみ」
このタイトルでブログの内容を勘違いされた方、ごめんなさい!
とてもまじめな大人の習字教室へのお誘いでした。
検索数を確認したら200件近いのでびっくり!
タイトルの効果はすごいですね・・・^0^。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-10 18:46 | ことば