<   2006年 11月 ( 27 )   > この月の画像一覧   

~人生の歩幅~   

朝の散歩
f0031420_14454433.jpg
まだ朝日も登らないうちに我が家の散歩は始まります。
繁華街なのに川沿いは公園の緑もあり気持ちがいい風景です。
f0031420_14475516.jpg

父と娘(シーズ犬)です。
このふたりの歩幅はぜんぜん違います。
父は病気のせいで、小刻みに早くなり、娘はリュウマチで前足が曲がっていて一生懸命に走っても、すごく遅いのです。

このふたりと散歩する私は大変です。

前と後ろに父と娘。両方に気を配りながら歩きます。

疲れます。ひとりの散歩がどれだけ気持ちよく自分のリズムで歩けるか。

でも、考えるのです。

これが家族、それぞれの生き方のリズムかな?

自分ひとりだったら気がつかなかったこと。

子育て真っ最中の頃、子供に
「早く!早く!」と怒鳴っていました。
今思い出すと、可哀想で、怒鳴ってる自分も恥ずかしい。

家族でも、自分の子供でも人として尊重してあげなければいけないこともあります。

何で、今頃気がつくんだろうと反省しながら、

歩幅の違う私達は目的地が同じ「我が家」へ向かって歩きます。

これからも・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-30 14:59 | ひと | Comments(6)

大好きな仕事   

私は今の自分の仕事が大好き。
建築プロデュースの仕事もギャラリーの仕事も。
どちらも手を抜きたくない。

当然好きな事なので力が入るし、頑張るので、疲れもくる。
最近まともに休んだことがなく、体は少々悲鳴をあげだしたけど
精神的ストレスはなし。

幸せなことである。

今日久しぶりに、住宅メーカー時代の同僚にあったけど
顔にはきがない。(心配と残念)
生活の安定の為にメーカー勤めをやめられないのだ。
それも仕方のないことかもしれないけど・・・。

本当に好きな仕事をできることに感謝して、明朝も早くから「満足の家創りお世話し隊」隊員は出動します。

こんな時
宮沢賢治の
「アメニモマケズ」の詩が自然に頭の中に浮かんできます。

私って、ちょっと変?
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-26 19:06 | 家づくり | Comments(0)

発信し続ければ・・・   

自分の仕事、生き方、ものの考え方、欲しいもの、魅力ある作家・・・。
いつも自分が考える事、欲している事、探している事を発信し続ければどうなるか。

それは
同じ周波数の人、ものと交信できるようになるのです。
これ、ホントの話。

今の私がそれを実感しています。

これまでながい人生、山あり、谷あり、ぬかるみありで生きてきましたが、「やりたい事、こだわりたい事」はいつも周りの人たちに語ってきました。
時には「口はっちょう・手ろくちょう」「うどんやの釜」と厳しい指摘を受けながらも。
でも、夢や希望は常に持っていたし、感じるこころは大切にしてきたつもりです。

「お客さまに一番近いところで家創りをしたい」これも理想に近い形で現実になり
「家創り+暮らしを楽しくする空間を創りたい」がギャラリーオープンになったし
「は!」と感動した作品に出逢って3年後にはその作家の作品展を自分のギャラリーでできた。
「建築プロデュース」という職業を東京で展開してしている大先輩達とも接する事ができました。

今本当に実感しています。
発信し続けていれば交信できるのです。

あきらめることなく
少しずつでも自分の気持ち・感性・希望・夢を発信し続けよう!
本当にそう思います。
そして、交信できたとき、私のパワーは2倍にも3倍にもなって、また周りの人たちに感動や喜びを伝える事ができるのです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-25 18:23 | 仲間 | Comments(2)

~経年美~   

今日、出水の肥後国分寺のご住職が来店。
f0031420_2052625.jpg

国分寺と書展中の春逕さんのご縁は日本画を通してですが、最近お寺に「虚空蔵菩薩経」というお経を奉納されました。
国分寺はこれから少しづつリフォームして人が集まってくれるお寺にしたいそうです。
私が家創りを仕事にしていることを知って、
「どのようにしたら人が集まってくる寺になりますか?」とご質問。
生意気にも未熟な私はため口で家創り、空間造りを語ってしまいました。

そこで最後のまとめに出た言葉。
経年美。(けいねんび)
いつも空楽の仲間と話しているテーマ。
本物の素材を大切に使い、日々の経過のなかで更に美しくなる家創り。
新築の時が一番美人で日増しにすすけていく家とは違う。

やっぱり、合板より天然木。
築100年にはそれなりの年月の経年美があるはずです。

口先女はご住職を前にして熱く語ってしまいました。

それなのに「なるほど」と感心してくれたご住職はやはり器の大きい方です。

今度、お寺に伺って、癒しとくつろぎの空間造りの話をする約束をしました。

ご住職。生意気でごめんなさい!
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-24 23:33 | 家づくり | Comments(0)

今日がはじまり   

器季家ギャラリーで書の個展中、ワークショップがあっております。
f0031420_1552516.jpg

何十年ぶりに筆やすずりを持つかな?と言いながら仲良く参加されたO夫妻。
f0031420_15445250.jpg
普段は土を持つ手を筆に変えて集中している陶芸家のRさん。

今ごろ。今さら。もう遅い。
そんな言葉は無用です。

今日がはじまり。今がスタート。
やりたい事。考えてる事。勉強したい事。
大人と言われる年齢になってもチャレンジ精神は大切。

「今日がはじまり。今がスタート」
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-22 15:50 | ギャラリー | Comments(4)

創り人との縁結び   

ギャラリーを始めて1年が経ちます。
多くの創り人と出逢いました。もちろん作品にも。
そして、今想うこと。

ギャラリーオーナーと建築プロデューサーの共通点。
創り人との縁結び

何千万円もする家。
何人の情熱的な建築家が熊本で頑張ってるか。
はたして、どのくらいの方が知ってるだろうか、と考える。

「創り人との縁結び」
来年はこのテーマで色んなことを考え、楽しい企画をたてよう!
そして、一棟でも多くの感動・満足の家創りのお手伝いをしよう!
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-21 10:36 | 家づくり | Comments(0)

耕不盡   

書の個展中、禅語や漢文に浸っています。
素人ながらに心に感じるものがあります。

耕不盡
「たがやせどもつきず」

意味:たがやしてもつきない。

春逕先生の想い
物事を知る事は、更にその深さを知る事です。
色々なことを知れば知るほど、もっと耕さなければいけない自分に気づきます。

わたくし、今だ人生の途中
知る事。学ぶ事。考える事。感じることに終わりはないのです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-20 22:19 | ことば | Comments(0)

近い感点   

来月「年末年始の花あしらい」の教室を器季家でして頂く、草心流の家元教授の本田草友さんが書の個展に花を活けてくださいました。
f0031420_16423139.jpg
f0031420_16433559.jpgf0031420_1644373.jpg
f0031420_16545688.jpg

本田先生と書の稲田先生は面識がありません。
今朝初めてお二人を紹介。
でも、伝統美を愛する心。自然を愛する心。目に見えないわび、さびの美を慈しむ心の感点がおふたりは近いと思うのです。
おふたりの大ファンとしては勝手にこんな想像をしていました。

そして、その思いは正解でした。

紹介してすぐに、ふたりは意気投合。
f0031420_16554231.jpg古文に出てくる花を調べる為に稲田先生が集めた本を手に話ははずみました。

素敵な人の輪・和・ワァ~が今日また広がりました。嬉しい!
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-19 16:59 | ギャラリー | Comments(0)

寺子屋「春逕」open   

明日からスタートする書の個展で
寺子屋をオープンされます。
詳細は先生から送ってきた文章を読んでください。

書のいろは
・書の歴史、文字の歴史、文房四宝(紙、墨、すずり、筆)の豆知識を簡単に説明します。
知的好奇心のお旺盛の方も、今まで、何も知らなかった方も書をやったことがない人も目からうろこです。
        
・大筆、小筆の基本的な使い方を簡単に説明します。もちろん書の経験のある方も個別指導もします。
心に響く言葉を選んでいただき、オリジナル小作品に仕上げます。

書を遊ぶ
 ・書のうんちくを簡単に説明。筆を自由自在に運ばせて文字遊び。
(どちらか一つ選んでください) 
1. 墨、絵の具を使って、オリジナルブックカバーを作りましょう。
2. 楽しい毛筆の年賀状を書きましょう。世界に一つのものあなたの一番の想いをあらわしましょう。
 みんなで楽しい時間を過ごしましょう!
という事です。参加費は材料費込みで1,200円。(安すぎる。)
持参道具は不要。

f0031420_212655100.jpg

f0031420_21272449.jpg
f0031420_2128082.jpg
f0031420_21282873.jpg

世界にひとつだけの墨アートを創ってみてはいかがですか!

寺小屋 オープン時間
19日(日)11時~・14時~
22日(水)11時~・14時~
23日(木)11時~・14時~
毎回11時からは書のいろは・14時からは書を遊ぶ。

先生からのメッセージ。
飛び込み参加大歓迎!時間や内容は状況しだいで対応しますので、お気軽にご参加ください。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-18 21:42 | ギャラリー | Comments(3)

若杉マジック   

今日は宇土市内に建築予定のS様と建築家若杉氏のご対面の日。
事前にS様ご家族には家創りに関する要望はお聞きして、若杉氏に伝えてありました。
土地も見てもらい、きっとイメージ湧いてるだろうな~。と期待しつつ打合せスタート。
f0031420_17407.jpg

嬉しい期待は的中。
敷地図をもとにすらすらと流れるようにイメージを説明。
f0031420_1751836.jpg
私のボス川端と若杉氏の軽妙な会話も交えながら、S邸の設計プランニングのコンセプトが出来上がりました。
コンセプトは「体育館」それも、山間の小さな木造体育館。
子供たちの笑い声と走り回る音、親子の尽きる事のないスポーツの話。
素足で軽快に登ったり、降りたりの階段や室内ブランコ。
f0031420_17132685.jpg

木の香りのする家。
良いですよね。
打ち合わせ中、他のお客様の子供たちと楽しく遊んでくれたS家のほのかちゃん。おりこうさんでした。(左端)
f0031420_17202785.jpg
お客様の家創りも我が家のように楽しみです。
さぁ~!若杉マジックで感動のプランができるのが待ち遠しいです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-11-18 17:12 | 家づくり | Comments(0)