<   2006年 10月 ( 11 )   > この月の画像一覧   

学びの秋   

今日から3回コースで「インテリアセンスアップ講座」を受けます。
今日のテーマは
「暮らしを楽しくするレシピ」
以前、仕事で講演会やセミナーの企画をしていたこともあり、聞くこと、学ぶこともとても好きですが、講師の方にもとても興味があります。
今回の講師、上村さん、下村さんお二人とも素敵な女性です。
個人的にも学ぶところが多いようなので楽しみです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-30 07:52 | 家づくり | Comments(2)

~惚れる~   

人に惚れる。
作品に惚れる。

卵が先か、鶏が先か。と同じくはっきりしないけど、惚れたものには限りない賛美の言葉が出てくる。

サラリーマン時代とは違って、自分の嫌いな人や物に心にも無い言葉で営業トークは出したくない。し、出ない。
甘えか、わがままか。自由人の特権か。

そして、金額が大きい家創りに関して、設計、施工に対する不満や不信感を抑える必要も無いと思う。

大事なのはお客様が満足して、その家に惚れて、末永く住んでいただく事だから。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-26 20:39 | 家づくり | Comments(0)

お引越し   

今日は来月完成の家の最後の建築費の増減説明でした。色々な追加工事はありましたが、工務店の企業努力のもとに、追加金額は小額で収まりました。県産材も抽選で当たりラッキーなお客様です。

さ~、お引越しまでもう1ヶ月を切りました。
これからは段取り勝負です。

まずは、引越し屋への見積依頼。
そして、リサイクルショップへの見積依頼。
リサイクルショップで引き取ってもらえないものは大型ゴミとして市に集荷依頼。市の集荷は日程が決まっているので、早めに日にちだけでも確認。

毎日ごみだし日のカレンダーとにらめっこになります。

自分のことを振り返ってみました。シングルマザーになって何回引っ越したでしょう?

4回です。とてもエネルギーのいる事です。私のかぼそい腕?でどれだけの荷物を運んだことでしょう。だから大変さが分かるので、出来るだけ物の処分を進めます。

2年間押入れに入ったままのもの、使わなかったものは処分すべし!
新築の家のクローゼットへ移動してまた使わないで眠ってしまう可能性が大です。

建築家が収納スペースを考えてプランしてくれても、捨てる潔さの無い方はすぐに収納スペースはいっぱいになるはずです。

U様、段取り1番、体力2番、3番気力で、お引越し頑張ってくださいね!
[PR]

by K2KIKIYA | 2006-10-25 21:43 | 家づくり | Comments(0)

人のふりみて・・・。   

初めての布個展をしている岩崎さんを見て感じること。
自分の作品を買ってくださる方には、補正などその後の事が気になるそうです。とても熱心に説明されています。
f0031420_0452647.jpg
一生懸命に生きる為には。

適職の充実感。私にとっては
家創りの計画がある熊本の約20%の方が、建築プロデューサーと出会えて良かった。と思って下さる仕事がしたい。
クレーム産業といわれ続けても、この仕事を大事にしたいです。

人のふりみて我がふり直せ。
岩崎さんが接客してる姿を見て思います。大切なのは自分を信じて家創りを依頼してくれるお客様の期待を裏切らないこと。

私は近い将来、お客様の一番近いところで、お客様から直接指名されてプロデュースの仕事がしたい。
責任も大きいけど、企業の為に、設計事務所の為に、工務店の為というより、お客様の為に100%の力が発揮できたら最高に幸せです。
f0031420_1361050.jpg
自分がプロデュースした家からご家族の楽しい笑い声が聞こえたら嬉しい。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-24 00:44 | 家づくり | Comments(0)

小さな楽しみをコツコツと!   

深夜ひとり何を作ったか。
それは
明日のオープニングパーティーのチケット。
f0031420_2357453.jpg

美味しいフランス料理を作家の大皿で。
発想は小さな楽しみから始まりました。
なかなか作家の大皿や大鉢は高価で買えません。
展示会でも眺めるだけ。
その器で美味しい料理が食べられたら。それもその器を創った作家と一緒に。

以前からの想いでした。
明日はそれが実現します。最初は軽い気持ちで関係者だけでと。
しかし、私の性格は楽しい事は皆に話したくなります。
結果ぎりぎり定員40名のパーティーに。
お断りした方。ごめんなさい。

器季家は小さな楽しみをコツコツと!がモットーです。
明日の夜も心地よい涼しい風が吹くことでしょう。
深夜に会費制のチケットをつくっている自分が愛おしいです。・・・単にのんべ~???
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-20 00:05 | 美味しいもの | Comments(3)

息子   

昨日は福岡へ
息子の進路について学校へ
f0031420_11333687.jpg
f0031420_11341128.jpgf0031420_11344132.jpgすごいビルの中に息子の通う専門学校があります。大きい~カッコイイ~なんて感心している場合ではありません。今後のことを話さなければ・・・。
食事をしながら、和やかにと頭では考えていたのですが、
「今後の計画と現状を報告しなさい」
まるで経営会議のような私の言葉。
喧嘩を吹っかけているような会話。息子も「干渉も援助も今後しないのなら聞くな」
と反発。レストランのウエイトレスさんがビックリ!で目がテン状態。

私も大人気ないと反省しながらビールを飲み交わし少し冷静に。
f0031420_11413641.jpg

帰りは親子和やかに?オープンカフェで休憩。

息子よ!世界に向かって大きく羽ばたいて欲しい!
今は努力あるのみ!
母はあなたの負担にならぬよう死ぬまで元気で仕事が出来るように今頑張っています。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-18 11:45 | ひと | Comments(0)

~センス~   

昨日、今月20日から「ふたり展」をやる布作家、岩崎さん宅へ作品造りの陣中見舞いに行きました。

私は男性を見る眼がないかもしれませんが、作家・アーティストを見る眼はあると思いました。
やはり、作品のセンスが抜群。自我自賛で説得力がないかな?

f0031420_17393232.jpg
ご主人と探してきた流木にさりげなくディスプレイされたマフラー。布の素材感だけで充分素敵です。
f0031420_17414612.jpg
布を裂き織して創ったバック。
f0031420_17424032.jpg
シンプルだけど前が開いてすごく動きやすいエプロン。(モデルもカッコイイ!)

岩崎さんの作品造りには型紙がありません。
黄金の魔法のはさみが素敵なカタチに創り上げていくのかな?

個展が楽しみです。私もオーダーした洋服着てますよ。エプロンも頼みました。但し、大きなお尻を隠す為に少し布は多めに使うそうです。お手数かけます・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-12 17:50 | 創り人 | Comments(0)

創り手の想いを   

器季家ギャラリーで建築家がつくった絵本や家創りをテーマにした絵本を親子で見て、読んで楽しんでもらう「住まいの絵本カーニバル」を11月1日から5日まで開催します。主催はプロトハウス事務局です。東京・大阪・福岡・そして最後が熊本です。

f0031420_22331840.jpg

純粋な心の子供の頃から家を創ることへの夢や希望を親子で考え、育てる。
とっても大切で楽しいことだと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-10 22:38 | 家づくり | Comments(2)

~淡交~   

人間関係。
生きている間は関わり続ける人との付き合い。

私の長所でもあり短所でもある熱い感情。
友人の話で「なるほど」と思うことが。

大切な人との付き合い方は「淡交」が一番。茶道の世界で用いられている言葉。
辞書を引くと君子の人との付き合い方。あっさり付き合う。と書いてある。
淡く交わる。
少し距離をおき、あっさりと付き合うことの大切さ。

最近は仕事にも、プライベートにもこのことを意識している。
根が熱すぎるので、出来る限りあさっりと!

先日運転中にラジオから久石譲(宮崎はやおの映画音楽を担当する男性)のコメントが流れてきた。

仕事で一緒になる人とはその時期すごく熱く、深く付き合う。でも、その仕事が終われば、あっさりと距離をおく。メールアドレスを交換したり、たまには電話して「お茶飲む?」なんて社交辞令は必要ない。そして何年ぶりかにまた仕事で会うときは、以前と同じように熱く語り合う。

まさしく、私の理想の人間関係。
「淡交」という言葉を教えてくれた友人も同じ時間にそのラジオを聴いていた。

私と同じように「その通り」とうなずいたそうだ。やっぱり感点が近い。大切な友人です。

その友人が11月中旬から器季家で書の個展をする。
熱い人間が静かに淡交を意識して書く字はすごくエネルギーを感じるはず。

男性も女性も愛する人たちを大切にしたい私にとって「淡交」は人生のテーマーです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-08 10:23 | ひと | Comments(4)

運命の出会い   

8月の暑い日、ある住宅展示場で名刺のかたまりが紐で結んでさりげなく置いてありました。

この展示場をコーディネートした方かな?と思い1枚拝借。

店に戻りブログを読んで感激。素敵な女性でした。そしてビジネスパートナーも。

下村さんと上村さん。何だか出来すぎの名前です。

今日は器季家へ来て下さいました。

お二人ともモデルのような長身でスリム。そして美しい。(話に夢中で写真を撮り忘れました。残念)

私が小さく見えます。幅は勝ってますが。

今月末からインテリアセミナーをホテルニューオオタニで3回に分けてスタートされます。

私も生徒として参加します。学びの秋です。

センスアップできるかな~?

このお二人とは運命の出会いです。

今日聞いたのですが、名刺は展示場に忘れたもので次の日取りに行かれたそうです。私があの日、あの場所で見つけなければ出会うことの無かったお二人です。

本当に運命を感じます。来年は楽しい事をコラボできそうな予感がします。

たかが、コーディネーター、されどコーディネーター。

満足の家創りには重要な役割です。
[PR]

by k2kikiya | 2006-10-06 16:52 | 家づくり | Comments(2)