<   2006年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

素直なこころ   

今日、S様宅で感動の絵を見つけました。
f0031420_1750448.jpg

色づかい、表情、力強さ。
思わず
「わァ~~~!!!!」と声をだして感動しました。

7歳のお嬢さんが描かれたものです。

子供の純真な絵には人を感動させる力があります。
見たまま、思ったまま、感じたまま。
素直な心で書いたものです。

大人になると、上手に見せよう。認められたい。このくらいで良いか。
色んな雑念、邪気が入り、なかなかモノづくりが難しくなります。

家創りをご計画のS様。
お子様の作品を飾るホームギャラリースペースをぜひ創りましょうね!

次回は外観見学ミニツワーへご案内します。お楽しみに。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-26 17:59 | 創り人

~また会う日まで~   

シーサー代表より

熊本の皆様 短い時間でしたが、大勢の方とお会いできて私たちはとても楽しかったです。
沖縄へもぜひ遊びに来てください!
恩納村のジャングルで私達は楽しく暮らしています。

それではまた会う日まで!
f0031420_19133289.jpg



オーナーより
ウーマクシーサー達が帰っていくのはとても寂しいですが、必ずまた会えるので、その日を楽しみに、これからはしばらく建築プロデュースの仕事に専念します。

期間中大勢の方が器季家に来店していただきました。
心から感謝いたします。ありがとうございました。
また、楽しい企画展が控えています。その日まで皆様お元気で!
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-14 19:18 | 創り人

一以貫之   

一以貫之(いつもってこれをつらぬく)
~やわらかい心で~

野田大燈氏の「ほっとする禅語」より引用。

楽な方ばかりに、目移りしてそのたびに都合の良いポリシーを変えていくと、物事の本質はいつまでたってもつかめない。

しかし、単に頑固に1本の道を行けといっているわけではない。
伝統工芸は何代続いてもノウハウと技術が受け継がれていく。何百年もの間に少しづつ修正を積み重ねて完成されてきたもの。思いつきの新しい方法を急に用いても勝るものではない。
いつまでも時代を少し反映させながら継承されてきたはず。

柔軟な心と謙虚な態度があってこそ、ひとつのことが貫ける。
ゆずれること、ゆずれないことの選択は、やわらかい心で。

ムゥーーーーー。

柔軟な心と謙虚な態度。
いくつになっても忘れたくないことです。

今日お客様の質問で、建築プロデュースとギャラリーをどうして一緒にされているのですか?
とあった。

いつも考えているし、話していることですが、
私にとって、25,000円のシーサーも2,500万円の家も創り手が気持ちを込めてつくった作品です。その良さを飾る方、住む方に伝えてあげることが大切なプロデュースの仕事なのです。

この気持ちを大切に貫き通し、創り手と出会うことによって「幸せ」を感じていただくのが私の幸せにも繋がるのです。

柔軟な心と謙虚な態度。
これを忘れた時に成長が止まるような気がします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-13 23:23 | ことば

あきらめていませんか?   

家づくりに関してはほとんどの方が始めて。初心者です。
親や友人、知人の体験談を聞くことはあっても、我が家の設計、施工を施主として進めるのは大変なことです。

予算や条件、打ち合わせ。金額が大きくて、でも希望を言えばまた追加で予算オーバー。
家づくりってこんなもんかな?しょうがないか!希望は半分かなえばOKかな?

そうお考えのあなた!一生に一度の大きな金額で家族を守る器を造るのです。
ハウスメーカーや地場の工務店の家に「なんか違う・・・?」
と思いながら
あきらめていませんか?

私がプロデュースで関わっている空楽は今秋新しい提案をします。
空楽Style
施主もあきらめず、造り手も妥協しない家。
キャリアのある専門スタッフと職人の知恵と技を集結して「建てる」を目的でなく「暮らす」を大切にした「無駄なお金をかけず、質の高い家」を私達は空楽スタイルの家として提案します。

f0031420_23431249.jpg
その具体的な説明は今週末の建築ギャラリー富合で。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-12 23:32 | 家づくり

沖楽ライブ   

昨夜は器季家で沖楽ライブがありました。

ウーマークシーサーの作家大下ご夫妻のウエルカムパティー兼はいさい国吉さんの沖縄唄遊びライブ。
f0031420_15132479.jpg

f0031420_15153261.jpg
手前の紫の沖縄絣のシャツを着ているのが父。その隣で見守ってるのが娘です。
参加者全員私の友人、知人。
沖縄を楽しんでもらう宴でした。

f0031420_1518376.jpg
はいさい国吉さん。ちっと哀愁漂う表情。
f0031420_15194097.jpg
父のリクエストで伝統民謡を歌っている国吉さん。緊張したでしょうね。父はキャリア50年以上の三線弾きですから。
f0031420_15221560.jpg
呼んでもいないのに福岡の息子も参加。
家族全員集合の夜でした。

私は子供のころから父に三線や沖縄舞踊を習うよう言われ続けてきたのに、途中でやめてしまいました。父がいなくなったら、子供や孫(まだいませんが)に沖縄を伝えていくすべがありません。
そこで、ギャラリーやライブで沖縄の風を感じてもらうことをやろう!と考え沖縄を楽しむを集約して「沖楽」と名前をつけました。

でも、呼び名も素敵です。「おきらく」まさしく私の生き方のテーマ。気楽に楽しく生きましょう!です。

大下ご夫妻。はいさい国吉さん、佐世保からわざわざ来てくれた増田夫妻、そして心から大切にしたい仲間達。
楽しい夜をありがとう。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-10 15:36 | 仲間

社内検査   

空楽の家竣工社内検査がありました。
空楽スタッフ全員集合で現場の職人まで合わせると20人を超す人たちでチェックしながら、その場での手直しや仕上がりを見ていきます。
自分の担当で無い部分も真剣に見ながら、手直しの手伝いもします。
f0031420_194508.jpg

f0031420_195207.jpg

f0031420_1955213.jpg

空楽の社内検査でいつも感じること。
関わる職人の方がたの人柄と腕の良さ。

一軒の家が完成するまでに多くの人の思いや技が刻み込まれていきます。
f0031420_1993723.jpg

f0031420_1995613.jpg


空楽は完成見学会の企画を新しく「建築ギャラリー」と称して開催していきます。
その第1号がこのお宅です。

建築ギャラリー とみあいは9月16日~18日まで開催します。
詳細は空楽のブログ空楽日記でご確認ください。

あきらめていませんか?ハウスメーカーや建設会社の家で満足できないあなた。
空楽ギャラリーには「満足の家のヒント」がありますよ。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-08 19:15 | 家づくり

満員御礼   

長旅お疲れ様です。
f0031420_21374996.jpg

雲海を乗り越えて熊本に上陸。
f0031420_21393935.jpg

「いやいや、疲れたけど、熊本は初めてなので、緊張してるさ~」
今夜は泡盛で熊来のお祝いをしましょう!
とシーサーの全員集合と器季家満員御礼を確認して、ほっと一息。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-04 21:43 | 創り人

騎牛求牛   

書道家の稲田さんの影響で禅語に興味を持つようになりました。

もともと学生時代、勉強は好きではなかったけど、詩集や漢文、古文の中の人生や恋愛論が書いてある内容には鋭く反応していました。

今日買った禅語の本から~

騎牛求牛(牛に乗って牛を求む)
求めるものは、あなたの手にある。

意味は著者の野田大燈氏のことばを抜粋させていただきます。

牛に乗っていながら、牛に乗りたいという人。
給料が良くて社員のレベルが高くて、自分の能力を評価してくれる会社に転職したいと考えている人。
狭くても良いから四季折々の小さな鉢植えの花が咲いて、縁側に座ってお月見が出来る家に住みたいと思っている人。
美人に生まれたかったと嘆いている人。

ゆっくり自分を見つめ直してみてください。
今の環境を見つめることなく嘆いている人よ。

求めるものは外ではなく内にある。

自分の牛に、もう一度愛情を注ぐと思い出せます。
いい牛だったことを。いい牛に乗っていたことを。
今の会社で全力投球していますか?今の会社は最悪ですか?
家の中を片付けたら、ゆっくり出来るスペースは出来ませんか?
素肌と笑顔は素敵ではないですか?

解説はもっと詳しく書いてありました。

今に不平不満を言う無かれ、今の自分や周りの人たちやものに対する見方を変えて、今日を尽くせば感謝と希望が湧いてくる。
ということかな?

禅語に詳しい方が読んだら笑われる解釈かも知れません。

このことばは今の私に言い聞かせることばのような気がします。

「禅」は生活そのもので、禅語は杖ことばだそうです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-03 15:02 | ことば

いとこ   

昨夜は我が家の子供達とLAに住んでるいとこの食事会。
食事会といっても、餃子が食べたいということで、ラーメン屋へ。

f0031420_1391095.jpg

元だんな様の妹の子供達。可愛いです。生まれも育ちもLAなので二人の会話は英語。
でも両親と話す時は日本語。

うちの子供たちより漢字も知ってるかも。日本語学校で熱心に勉強してきたので。
f0031420_1365574.jpg
親の縁は切れてもいとこ同士はいつまでも仲良くしてください。

変な熊本弁を息子が教えたみたいで、どんな言葉の語尾にも「ぎゃん、ぎゃん」とつけていました。

私を含めて子供の語学力の無さを痛感した夜です。息子は留学希望なのですが・・・。
すべて、会話は熊本弁でした。
[PR]

by k2kikiya | 2006-09-02 13:12 | ひと