<   2006年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

キャリアが違います。   

私が「家づくり」で大切にしていことは、「その家に住むご家族が主役で、その主役が一番心地よい空間を提案すること」

当たり前のことです。
でも、それがなかなか難しいことなのです。

現在、多くの建築のプロの方と仕事をさせて頂いています。

その中で、建築プロデューサー+設計事務所+インテリアコーディネーター+工務店が建築集団として「家づくり」もやっています。

それが「プロジェクト空楽」です。

このプロジェクトのメンバーに誘ってくれたのは熊本で建築プロデューサーと初めて名乗った川端さんです。

私は、ハウスメーカーの流れ作業的な家づくり、利益追求で会社の方しか見ていない管理職、現場職人への不信感などで、家づくりの仕事に絶望して現場を離れた人間でした。

現場を離れても良い家を造るお手伝いをしたいと思って、検査機関での仕事をしていた時、
「僕達はお客様の方を向いて家づくりをしています。一緒にやりませんか。」と誘ってくれたのです。
以前から、プロ意識の高いセンスのある設計士と誠実で技術力の高い工務店、そしてインテリアコーディネーターと一緒に家づくりをするのが近い将来の夢でした。

安泰の高収入を捨てて、夢を現実にすることを選んで今があります。

今日も「プロジェクト・空楽」のミーティングでした。

f0031420_22492015.jpg


私がこのメンバーと仕事をする時感じることは、

「皆純粋に家づくりが好き」ということ。まじめです。

組織力ではなく、個人力で家づくりを熱く考えているところ。

そして、家づくりに関わる年数が20年以上という人たちが、馴れ合いになることなく家づくりを純粋に考えているところが素敵です。

最近、広告も垢抜けていて、家もモダンで、30代位のご家族の家づくりをターゲットに頑張っている家具屋さんや地場メーカーもあります。
これもまた、新しい提案として良いと思います。

でも、空楽と何が違うかと言うと、

家づくりに関わってきたキャリアが違うのです。

重ねてきた経験、建築棟数も含め会社勤務時代から独立して現在に至までのキャリア。

そして、このキャリアを更に向上させたいと謙虚に考えている姿勢が大好きです。

派手な広告も、活動もしませんが、空楽と縁があって「家づくり」を一緒にさせて頂いた皆様にはきっと喜んでいただいていると自負しています。

色んな家づくりがあっていいと思います。
ブランドが好き、広告がおしゃれだった、価格が安い、などの選択肢で家づくりのパートナーを選ぶのも自由です。

でも、もし「自分達の考えをきちんと聞いてくれて、個性的で、自然素材を重視して、空間を楽しむ家が造りたい。」
というご希望があったなら、一度「プロジェクト空楽のハウジングギャラリー」へお越しください。

9月16.17・18日に冨合町で開催します。

「百聞は一見にしかず」キャリアのあるスタッフがご案内いたします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-31 23:16 | 家づくり | Comments(2)

事務所訪問   

本日は西山英夫建築環境研究所へ。
f0031420_16281038.jpg
器季家へも何度かお越しいただいて話はしましたが、今日も淡々と家づくりに関して熱く語っていただきました。

西山氏との会話で印象に残った言葉。

「欲しがる家ではなく覚悟して決める家づくりが大切」
あれもこれもとフル装備の家を希望するのでは無く、本当に家族が暮らしに必要なものは何かを考え、必要以上の物であふれる家をつくらない。

なるほど・・・。言葉は短くても意味が深い。

現在、西山氏の設計で南阿蘇の畑の真ん中に一軒家を建築中。
住む方は立地条件として自然の風景と環境を一番重視した。暮らすのに買い物や交通機関は不便。でも、それを覚悟で住環境を選ばれたのです。

10月の中旬には竣工予定。見学が楽しみです。また、今度ご自宅拝見も約束しました。


帰りに新町の塩胡椒でランチ。

f0031420_164450100.jpg

欲張ってパンのおかわりをしてしまい、デザートに行き着くときは苦しい~状態。

店主の白石さんは私の小・中学校の先輩。7日からの「ウーマクシーサー展」のDMも快く置いてくださいました。持つべきものは先輩。ありがとうございました。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-30 16:51 | 家づくり | Comments(0)

私の適職   

暑苦しい夏も終わりに近づき

食欲の秋ではなく(年中食欲有り)仕事の秋を意識せねば。

飲みすぎ食べすぎついでにしゃべりすぎで少々だらけている自分に

私の仕事は建築プロデュースです。

今年後半は色いろと企画を立てています。

これから「建築家と家づくりを」と考えている方へご案内です。
9月中旬は空楽の完成見学会を予定しています。
12月初旬にも2箇所で。
PSS・熊本では10月中旬に「プロトハウスの建築家と一緒に満足の家づくりができたご夫婦に体験談を聞こう!」を企画しています。
そのほかにも熊本で実力ナンバー1のカラーコーディネーターの「暮らしの中の色彩学」ミニセミナーや建築家の自宅拝見など計画中です。

どこかの現場を覗いて見てください。
自分の適職「建築家と一緒に造る家づくり」に奮闘している私がいるはずです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-27 11:45 | 家づくり | Comments(0)

人生設計   

おとなの女性

昨日またひとつ年齢を重ね、大人になりました。

なんとも言えない心境です。
すべてが中途半端。
仕事も暮らし方も恋愛もこれからの人生設計も。

そこで、誕生日の夜はひとりでこれからの生き方についてじっくり考えることにしました。

おとなの女性はひとりの時間を楽しめる。と雑誌に載ってたよな。
(内心ちょっと寂しい気分も・・・)

でも、

f0031420_8443571.jpg


さりげなく
誕生日を祝ってくれる人がそばにいました。

ありがとうございます。これからも末永くよろしくお願いします。
昨夜は急なパーティーで今後の生き方を考える時間がありませんでした。
今日からまじめに
「素敵に加齢する女性の生き方」を考えます。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-26 08:48 | ひと | Comments(5)

目標   

8月15日終戦記念日特集で色んな番組が放送されてる。
特攻隊の青年が恋文を送れず、読んでる単行本の本の文字に丸をつけて「僕はお国の為に死にます。でも、君を愛しています。」と送った。

この放映を見た時涙が止まらず、私はこれからどうして生きていくんだろうと考えた。

戦争もないない日本で、今の悩みは老後の不安ぐらいかな?伴侶もいないし、子供の世話にもなりたくないし。

そこで考えた。
いさぎよい女になろう。
恋愛も生き方も、死に際も・・・。

私らしく。

焼酎3杯目の思考です。
明日はまた、新しい目標があるかもしれません。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-14 21:12 | ひと | Comments(0)

めおとシーサー   

9月7日から器季家で個展をする大下氏のウーマク(わんぱく)シーサーの作品を一部紹介します。

大下氏のシーサーには情緒があります。怖いけど、愛居があって、ひょうきんで。
特にめおとシーサーは会話が聞こえてきそう。
f0031420_1543655.jpg

夫「やった~!熊工勝ったぞ! お酒も美味しい。おかわり。」
妻「あなた、いい加減にしてよ!もう相当飲んでるよ」
夫「いいじゃないか!勝ったんだから」
妻「あんたの酒癖は死ななきゃ直らんね・・・」

f0031420_15465218.jpg

妻「あなた、さっきのメール誰から。こんな深夜に?」
夫「は~。ああ。間違いメールだよ」
妻「間違いメールに返事してたの?」
夫「は~。ああ。間違ってますよ。と教えたのさ。」
妻「・・・・」

f0031420_1549388.jpg

夫「面白いな~。やっぱりさんまは」
妻「ホントね。くだらないんだけど笑えちゃう。」
夫・妻「ワハハハハ~」

私は子供の頃から想像力豊かでした。
勝手な想像で、大下氏のイメージと違ったらごめんなさい。

でも、ひとり身の私はめおとシーサーが羨ましい。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-10 16:01 | 創り人 | Comments(1)

熱いもてなし   

久しぶりに友人宅でランチをご馳走に。

中学時代からの友人が集まる。話すことはたぶん学生時代と大して変わらないレベル。

招いてくれた友人は体調があまりよくない。にもかかわらず、ウエルカムランチの準備をご主人として待っていてくれた。


冷やしソーメンに巻き寿司に持ち寄った惣菜。

私にとっては涼のもてなしがとても熱く感じた。

友情や夫婦愛・人間愛。

自分が窮地にたったとき、周りの人の本質が見えてくる。

何が、誰が大切か。近頃悟りのテーマーが増えたような気がする。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-09 07:38 | 仲間 | Comments(0)

塗り壁体験会(1)   

6日日曜日は器季家屋外ステージでPSS・熊本主催の塗り壁体験会を開催しました。

8月の猛暑の中、参加者・スタッフ全員で13名。とても充実した会になりました。
f0031420_10191475.jpg
講師は㈲智建の松本氏。28歳と若いのにしっかりと職人の技を探求する智建の2代目です。

参加者はプロトハウスの建築家、坂本さん、長野さん、インテリアコーディネーターの東さん。それから、家具職人の森さん。森さんは今度ドイツに修行に行かれるそうです。
そして、これから家を建てられらるM夫妻。Mさん、飲食店を今度オープンするAさん。
皆さん目前に施工することが決まっているので、真剣です。
f0031420_1028152.jpg
f0031420_10291243.jpg

目つきが違います。自分で店舗の壁を塗るつもりなので・・・。
f0031420_10301598.jpg
来年の春には家を竣工させたいと今、設計の打ち合わせをされてる方の作品?宇宙から見た地球だそうです。自由で楽しくオリジナルの壁を!がテーマの会です。テーマ通りという感じ。
f0031420_10333321.jpg
このお二人はどんな関係に見えますか?
左が建築家の長野さん。右が設計を依頼されたMご主人。
素敵だと思いました。「我が家を建築家と一緒に造る」このコンセプトにぴったり。二人とも和室の壁を珪藻土でどうするか!が今日の課題だそうです。
f0031420_103734100.jpg
PSS・熊本の代表川端です。今日はアーティストになりきるそうで、年を忘れた服装で楽しんでいました。出来上がった作品は良かったですよ。今度器季家でご覧あれ。
f0031420_1040985.jpg
家具職人の森さん。やはり構想時間をかけてじっくり造ってました。
f0031420_10451041.jpg

皆さん汗をかきながらも、真剣に、そして楽しく塗り壁の良さを体感されたはずです。
そして。

作品を仕上げたら、懇親会のスタートです。
f0031420_10473978.jpg
f0031420_10495585.jpg

f0031420_10521410.jpg
建築家も施主も家具職人も左官職人も皆「造る」という共通の話題で盛り上がりました。
食事がすんでも誰も帰る様子がありません。
気づけば、朝10時スタートで全員で片付けたのは夕方5時ごろ。
皆で荷物をトラックまで運ぶ姿を見て感激しました。しっかり連帯感が出来ているのです。
f0031420_1057527.jpg

解散後、まだ数人残り、今度は人生論が始まりました。当然私が年長者なのでまとめ役になりながら。
自宅に帰りついたのは夜の11時。皆様お疲れ様でした。
松本さん、講師料は食事とビールのみで頑張ってくれてありがとうございました。

本当に内容の充実した塗り壁体験会でした。
この企画は定期的にやっていきます。新築やリフォームの計画がある方はぜひご参加ください。お待ちしてます。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-07 11:03 | 家づくり | Comments(1)

熱い~~誕生日   

今日は娘の誕生日。
優しい母親はバースデーディナーを計画。

しかし、欲のない娘のリクエストはお好み焼き!

熱~~い!

外気も暑いけど、鉄板も熱いよ!

でも頑張って二人楽しくたいらげました。
f0031420_1749363.jpg
f0031420_1750271.jpgf0031420_17501713.jpg







娘も24歳。  24年前の今日、私はこの子を産みました。(年がばれた・・・)

時間は早いのか遅いのか!すごく色んな事が走馬灯のように思い出されます。
[PR]

by k2kikiya | 2006-08-01 17:54 | ひと | Comments(3)