<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧   

運命の出会い(2)   

プロトハウス桑原氏との出会い

初めてお会いしたのが、確か1年前の6月15日。
何故、物忘れが特技の私が覚えているかというと、息子にふられた日なのです。

毎年沖縄へ行くのですが、昨年は6月の中旬に計画。帰りは息子がいる福岡行きの飛行機を予約しました。息子の誕生日の夜を福岡で祝ってあげようという、母親のサプライズプレゼントのつもりで。

ところが・・・。
私 「お母さん沖縄から福岡に着くから夜はごはん食べよう」
息子「何で?」
私 「何でて、お誕生日でしょ。お祝いしてあげるよ」
息子「よか。熊本から彼女が来るけん」
私「・・・・・・。」


捨てる神あれば、拾う神あり。

その後ラッキーにも桑原氏との面談がその日午後に実現したのです。

多くの建築家や建築業界の方が気軽に立ち寄ることが出来て、エンドユーザーが家づくりの相
談ができる事務所を作ろう。

これが桑原氏とお会いしてから考えた事業構想でした。

何か一緒に出来る仕事はないか?と問いかけた時

桑原氏のひと言で信頼度が増しました。

「僕がやっていることでは儲かりませんよ」

桑原氏は自分が家を建てようと思い、契約までしたけど、どうしても納得できない流れに疑問を感じて、キャンセルしたそうです。
その時、企業やシステムにお客様が合わせる家づくりではない建て方があるはず。と思い今日のようなプロトハウスのシステムを作られました。

この考えに私も痛感します。自分の家づくりが不満足だったので、何か家づくりでこれから建てる方の役にたてないか、と思い建築業界に入ったのです。

私はこれまでに大手の企業の新規事業の立ち上げに参加させてもらったり、建設会社や工務店の営業支援もしてきました。
建築関係のフランチャイズのやり方も少しは知っているつもりです。
でも、そこで必ず「出てくる会話」は
「これだけやれば、これだけ儲かる」という成功報酬を期待させる会話です。

いい加減、うんざりするほど企業人の時、聞いてきた内容です。

それに比べて「儲からない」と笑っていった桑原氏の言葉にとても好感を持ちました。
f0031420_13224476.jpg



具体的にプロトハウスのサポートショップとして活動し始めたのは今年の春から。
少しづつエンジンがかかり始めました。

以前、虹から降りてきて私が歩いた原野に、ゆっくりだけど緑や水を湧かせる話を書きましたが、「建築家とスローハウジングの家づくり」はまさに同じなのです。

まだ、一般的には「建築家のOOさんに設計は頼んで施工はOO工務店」と言える人は少ない時代です。それが普通に会話の中で出るようになるには、もっとエンドユーザーに伝えてあげること、体感してもらうこと。感動してもらうことがあるはずです。

ゆっくりですが、「私達家づくりのスタッフに会えて良かった」とひとりでも多くの方に言っていただけるよう活動していきます。

桑原さん、これからもご指導のほどよろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-29 13:44 | 家づくり | Comments(0)

DNA・パート2   

毎日の日めくり標語をめくるのは、私の一日の最初の仕事。

夜中にトイレに行くときは、早めにめっくて明日の心構えとして、寝ぼけながらも読む。

今日27日の標語

f0031420_20292750.jpg

「やろうと決意したら、実行してやめない。終始一貫やりぬく。
うまずたゆまず繰り返す。それが成功の秘訣である。」


ムムム~!

今、私がやろう!としてることは何か?

①フリーの建築プロデューサーという職業の確立。

②ギャラリー器季家の運営継続。

③幸せな50代を生きること。(ずいぶん先のことですが?)

この三つのことを成し遂げる為に、今私は今何をやろうとしているのかな?

人間は常に頭の中に、なりたい自分や形をイメージさせて、動いていると、おのずと進む方向や今しなくてはいけないことが見えてくるような気がする。


今朝の話。
毎週木曜日の早朝から仲間と営業自主研修を行っている。

本日の講師DVDの中で印象的で、共感し、自分も実践した経験がある内容が語られていた。

お客様は、初めて会った貴方の印象で家の話しを本気でするか決めている。
お客様は初めて訪問した貴方の会社の中を見て、この会社で良いのか決めている。

実感である。

初めまして。の笑顔(つくり笑いではなく、心から相手に伝わる好感の持てる笑顔)
社内に一歩、足を入れたお客様が家づくりの夢を語れる事務所か?

自己研鑽も事務所の清掃・ディスプレーもお客様の為。しかし、最終的には自分の為。
自分が幸せになる為。

何事も繰り返して継続すると習慣になる。

何だか今日はまじめな自分の一面を出してしまった。

やっぱり父のDNAは濃い。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-27 20:55 | ひと | Comments(0)

~さとり~   

最近、感情の起伏が少なく穏やかに周りの人達や状況を見ることができるようになった。

静思or静視する。
ということがこういうことなのか?と分かるような気がする。

大人になったのかな?

焦っても、苦しくても、寂しくても、辛くても、きつくても・・・。

まず、深呼吸して自分自身を静視してみる。
そして、周りも見渡す。


今ばかりを気にするから、きつくなるのだ。
3年後、5年後の自分がどうなっているか。
どうなりたいか。を意識して行動していれば思い通りの人生が開けてくるはず。

これを世間では「さとり」というのかな???

f0031420_21541726.jpg

閉店後の店にひとりでいるといつも禅問答のよなことを考えてしまう。

やーめた。早く家に帰って娘(シーズ犬)を散歩させよう。

明日も楽しい日でありますように。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-20 21:56 | ひと | Comments(0)

十人十色   

今日は連空間デザイン事務所のバスツワーに参加。
遠足気分で楽しみにしていました。
f0031420_21413328.jpg

2件の完成した家を見学と通潤橋、鮎の瀬大橋、それから陶芸の工房訪問。
盛り沢山の内容です。

f0031420_21434412.jpg
f0031420_21442152.jpgf0031420_214569.jpg
設計担当の佐竹さんの説明にみんな注目。



f0031420_21463797.jpg
すでに住んでいらっしゃる所にお邪魔するのは恐縮ですが、快く案内してくださった奥様。


f0031420_21481266.jpgそして、ご主人。ありがとうございました。
f0031420_2149660.jpg
可愛い女の子は見学者のお子様。しっかり馴染んで我が家のごとく自転車を乗り回していました。
f0031420_21514961.jpg
f0031420_21523539.jpg玄関の可愛いオブジェたち。




天気がよければ棚田の風景や石橋見学なども楽しめたのに・・・。残念。




多くの完成した家を見学させていただいて感じること。

家づくりは十人十色。
それぞれ、こだわりの箇所、素材の持ち味、動線が違います。

当然住むご家族の希望や感性も違うし、設計者の力量、表現、こだわりも違います。

これから家づくりをお考えの方へ
多くの人のエネルギーが集結して出来るのが「満足の家」です。

パワーを充電して、家づくりのパートナー選びをしてくださいね。

今日の企画をしてくださった金柿さん。お疲れ様でした。
そして、楽しい時間をありがとうございました。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-19 22:05 | 家づくり | Comments(0)

運命か宿命か!   

先日、夕立の後に虹かかかっていた。
あ~!
思わずデジカメのシャッターを押した。
f0031420_1628578.jpg


久振りの虹。

信じるか信じないかは自由・・・のはなし。

ある方に前世の私を見て頂きました。
言葉が一瞬と止まった後に、「相手によっては見えても言わないこともあります。ちょっとビックリするかも知れないけどいいですか?」

私は「何でもOK」と即答。

何回も輪廻転生している最初の姿。
私は人間ではなかったそうな。 異星人です。(未知との遭遇を想像した・・・)

土ぼこりの地上に塔らしきものが建っていて、そこに虹がかかり、そこから私は地球に下りてきたそうな。。。

そして、周りに何も無いところを歩き始め、ゆっくりだけど、私が歩いた後には水が湧き、草が生え、緑が繁るそうな。

この話を聞いた時、不愉快な気持ちはしなかった。
なるほど!今やっていることと同じだ。と思った。

「家づくり」というテーマで仕事をしているが、企業や組織では出来ない「建てたい方を一番に考えた家づくり」はなかなか難しいもの。

建築家や工務店、インテリアコーディネーター、そしてプロデューサー。その他多くの方々の力を結集して「満足の家づくり」を進めていく。

今、私が仲間とやっていることは地味なことの積み重ねです。

でも、コツコツやっていくつもりですし、必ず「喜んでくださるお客様」が増えることを信じて働いています。

前世の私と今同じリズムで動いているような気がした。

異星人のほかにも西洋の孤島の2つの部族の酋長をまとめていたときもあったそうな。

面白い!その頃のなごりが「世話焼きおばさん」かな?

運命か宿命か分かりませんが、

人がしていないことを新しく始めて、世間に認めてもらうには時間と信用、実績、そして、一番大切なお客様の満足が必要です。

フリーのハウジングプロデューサーとして
これからもコツコツやっていきます。

虹を見て前世の自分を思い出した夕暮れ時だった。
f0031420_1659146.jpg

[PR]

by k2kikiya | 2006-07-16 16:55 | 家づくり | Comments(2)

~土で活きる~   

昨夜は若手陶芸家が器季家の夜の部にご来店。
宮崎えびのの松下君と大分日田の日田焼4代目藤井君。二人とも28歳。
二人は佐賀の陶芸の高校時代の同級生。今伝統工芸館で二人展の開催中。
f0031420_154924100.jpg
松下君は一見、ヤンキーのお兄ちゃん?という感じがしないでもないけど、なかなかのしっかりもの。作風は私の大好きな粉引きが中心。
f0031420_15525559.jpg
日田の藤井君。笑顔が可愛い!10代といっても通用するかも。日田焼きの特徴は野草や野の花を陶器に焼き付ける。何代も受け継がれた技法だそうだ。
f0031420_15554592.jpg
f0031420_16549.jpg

最初はまじめに陶芸家として今後どのような生き方がしたいのかなど討論していた。
が、お酒が進むにつれてれ、血液型の話になり、松下君がB型ということで指摘の的になった。
そして、恋愛論。話は盛り上がり気づけば夜も更けて。
明日もそれぞれ個展があるという事で解散。

若い人、それも、創り人と話すのは楽しい。固まってない手探りの作品づくりがいい。
そして手探りの人生探し。

「ファイト!」遠くで見守っていたい二人です。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-13 16:05 | 創り人 | Comments(0)

~憧れ~   

私は不器用です。
手先も、人生の生き方も・・・。

だから、職人が好きなのかな?創り手に憧れるのかな?

先日の木のワークショップで初めて電動のこぎりを使いました。
思うようにまっすぐに切れません。よがんだ切り口を、つい力で軌道修正しようとします。

人生と一緒です。押してもだめなら押し倒せ!???
以前の私の考え方です。

でも今は少し成長しました。
押してもだめなら立ち止まり、それでもだめなら一歩下がって黙視する。

こんな私ですから、黙々と自分の思いを形に表現する根気の「創り人」に憧れるのでしょう。

木の写真立てに挑戦したのですが、やっぱり力任せ。のみと木槌も初体験です。

そして、途中でリタイヤ。
後は仲間に仕上げてもらいました。

f0031420_21585266.jpg
左は削る前。右はひたすら無心に彫った完成形。後は色づけ。
感動しました。削ったところに出来る木の年輪の模様の美しさ。

やっぱり器用な人に憧れます。
うーばんぎゃーの私は。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-10 22:04 | 創り人 | Comments(2)

木のワークショップ   

f0031420_15382971.jpg

子供達が木のポストカード立てやペン立てを作りました。
f0031420_15483715.jpg
菖蒲学園の手塚さん。学園で家具を創っています。もちろん利用者の指導も。
子供達も手づくりの作業を楽しんでくれてよかった。
f0031420_15554973.jpg

夜は菖蒲学園の園長ご家族も参加で交流パーティー。
ラブラブてるてる坊主の効果でどうにか大雨にもならず、めでたし・めでたし・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-09 15:59 | 創り人 | Comments(4)

ひとつ・ひとつ・ゆっくりと   

器季家初めての企画展
「工房しょうぶクラフト展」

工房しょうぶの存在を知ったのは先年11月位のこと。
作品の感性の高さに感動して
即、鹿児島へ。
あれから8ヶ月後、自分のギャラリーを持ち、そこで企画展が出来る。

幸せな事です。
私がやりたい!と思う事に力を貸してくれた仲間や菖蒲学園の皆様に深く感謝します。
f0031420_12392196.jpg
布のステージ。
手染めの糸で刺繍したバック。裂き織の布、手書きのシャツ。ひと針ひと針思いを込めたデザインのものばかり。
f0031420_155352100.jpg
f0031420_13303225.jpg
色の組み合わせが独創的。布を裂いて細くして糸と織り込んでいく。細かい手仕事です。
f0031420_1331591.jpg
木のステージ。f0031420_13371898.jpg
f0031420_1338389.jpg

レッドウォークや樺の木から出来た木の小物たち。
ひたすら削って、削って・・・。

器季家ステージは土と紙。
f0031420_15561377.jpg
f0031420_1556506.jpg
f0031420_1557365.jpg

土をこね、和紙をすき、形ができる喜び。

工房しょうぶの作品から活きるエネルギーをもらい、

これからの仕事もひとつ、ひとつ、ゆっくりと大切にしていきたい。
[PR]

by k2kikiya | 2006-07-05 16:03 | 創り人 | Comments(2)