カテゴリ:創り人( 223 )   

久木野窯   

久木野窯の奥様の描く絵。
とても繊細です。
画家が陶器に絵付けをしている。という表現が合います。
f0031420_7502421.jpg

f0031420_7511618.jpg

近年は、絵付けの筆を持つ作家が少なくなっています。

私個人は、大胆かつシンプルな器が好き。
なので、時々、繊細な器が、混じって食卓に並ぶと、双方が引き立ちます。

人も器も、同じようなものばかりが集まると、つまらない。
ということですかね。

器季家に来週から、この器たちが並びます。
[PR]

by k2kikiya | 2015-10-24 07:54 | 創り人 | Comments(0)

味府礼子さんの器   

気負いがない!という表現がぴったりの味府礼子さんの器。
人柄も、優しくて、作品にもそれが出ています。
f0031420_8363348.jpg

日々の器。
9月11日から14日まで器季家で器展を開催します。
山小屋にも野の花を飾る花器があります。
f0031420_8374244.jpg

長く使う器は、シンプルで質感があるのが良いですね。
主役ではなく、重要な脇役として。
[PR]

by k2kikiya | 2015-06-20 08:38 | 創り人 | Comments(0)

沖縄作家展始まる   

6日から21日まで、器季家で沖縄展を開催。
毎回イベント準備の時は、作家の作品とご対面が楽しみ。
f0031420_8193047.jpg

届いた荷物の中から出てくる「てしごと」との感触。

「つくるdeつなぐ」沖縄ライゼ

父は私に沖縄舞踊と三線を習わせたかったのに、反抗期で少し稽古しただけで習得できませんでした。
それだけは、残念ですが、ご縁があって、県外の人達が三線を多く習っています。
今回も、関東から移住されたご夫妻が器季家で、沖縄民謡とオリジナルの音楽を披露して下さいます。
f0031420_8351123.jpg

ライブは、6月7日午後5時から
江津湖近くでカフェ、「とぅから家」を営んでいるご夫妻。
「とぅから」とは沖縄の方言で「宝物」

チャージ料500円とワンドリンクオーダーです。
オリオンビールもあります。
沖縄南城市で無農薬で栽培したサトウキビで作った黒糖入り蒸しパンもありますよ。

展示会期間中、沖縄そばもメニューに登場!
f0031420_19451692.jpg



お楽しみに。
[PR]

by k2kikiya | 2015-06-05 08:35 | 創り人 | Comments(0)

飽きない!   

家創りで大切なことは、「経年美」
月日が経っても、飽きない、美しさをます空間設計。
木、石、土などの自然素材の質感が、変化しながら暮らしに馴染むのが良い。

「藍色」にも同じものを感じた。
明日まで開催中の「藍染展」
f0031420_8285263.jpg

年齢を重ねても長く身につけることが出来る色。

ものを増やさない。
好きなものだけに囲まれた、シンプルな暮らし。
を考えれば、この上質な藍色の布は、一枚欲しいものです。

一期一会の縁。
30代の平田さんが、作家として藍色と向き合い、布、デザインという形で、どう想いを表現していくのか。
今後が楽しみです。
[PR]

by k2kikiya | 2015-05-23 08:32 | 創り人 | Comments(0)

平田仁美さん染め展   

今日から器季家で藍染の展示販売会が始まりました。

むし暑い気候に、藍の色が涼しさを呼び込みます。
f0031420_11152124.jpg

平田さんは福岡県出身。
30代の若いセンスと伝統の染が、今の暮らしの装いに爽やかさをプレゼントしてくれます。


器季家通信 色字クリック
[PR]

by k2kikiya | 2015-05-15 12:34 | 創り人 | Comments(0)

平田仁美・藍染め展   

沖縄展の前に、素敵な女性の「藍染め展」があります。
f0031420_20184829.jpg

福岡県出身で、文化服装学院を卒業。
デザインから縫製、染まで一人で作製されます。

器季家で、5月15日から24日まで。

「つくるdeつなぐ」が、私のライフワーク。

これからも、楽しんで続けます!!!
[PR]

by k2kikiya | 2015-04-23 20:22 | 創り人 | Comments(0)

一生現役   

南阿蘇のご近所に住んでいる塩田さん。
私より5歳年上。
可愛い小柄の女性。
でも、頑張り屋で、一生現役で何か手仕事をしているのではないかな?と想像する。
f0031420_21364846.jpg

今は、ステンドグラス作家。この場所でデザインして
f0031420_21374274.jpg

この作業テーブルで、ステンドグラスをつくる。

次の構想準備で、彫金も習っている。
素敵で、生きるたくましさのある女性。

私は?

南阿蘇で何をつくる?繋ぐ?の答えが明確にまだ出ていない。

60歳の私を妄想してみよう・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2015-04-10 21:41 | 創り人 | Comments(0)

ミニミニ器季家カフェ   

伝統工芸館で、ミニチュア模型の器季家カフェが展示してあります。
f0031420_16472385.jpg

細かすぎる!
とてもリアルなミニミニ器季家カフェ。
[PR]

by k2kikiya | 2015-02-12 16:36 | 創り人 | Comments(0)

熊本の女性書道家、春逕の会   

友人であり、先生である女性の書道家、稲田春逕さん。
彼女のおかげて、昨夜は楽しい新年会が出来ました。
f0031420_10112910.jpg

会場は、万町の川上酒店。

寧々塾の新年会。
大人の知的好奇心を高める会です。
主に書に関して教えて頂きますが、その他にも暮らしを楽しくの行事が満載。
f0031420_1011657.jpg

先生の後ろの赤いパネルの文字は「稲」
その字の意味も教えて下さいました。
f0031420_1022499.jpg

川上酒店の女将。素敵です。
彼女も、書を書いた生徒さんのおひとりです。
f0031420_104596.jpg

今年初めて飲んだ日本酒は、久保田のゴールドキャップ。久保田の最高級。
飲みやすかった。やはり美味しさには意味がありそうです。
f0031420_1053924.jpg

私が書いた「日新」の字は、先生のセレクト。
私は常に前進タイプの女性だと知ってるので勧めてくれました。

良いことも、悪いことも、悲しいことも、苦しいことも、昨日は去って、明日が来る。
日々新たな気持ちで前に進む!
今年の年頭に最高のプレゼントです。

春逕先生
ありがとうございます。これからも公私ともよろしくお願い致します。
[PR]

by k2kikiya | 2015-01-24 10:08 | 創り人 | Comments(0)

飛躍の年に!   

f0031420_032825.jpg

この白ウサギの陶人形を見た時、「飛躍の年にしよう!」とつぶやき一目惚れ。
南阿蘇の久木野窯の伊比井万貴さんの作品です。
f0031420_04142.jpg

3月の中旬まで、ひな人形とウサギの人形は、器季家カフェで展示販売しています。
全部手仕事。
ひと筆ひと筆書き込む表情や着物の柄が愛らしい。

軽やかに、可愛く、ぴょんぴょん跳ねて、今年の夢の地まで飛んでいきたいものです。
[PR]

by k2kikiya | 2015-01-21 00:06 | 創り人 | Comments(0)