カテゴリ:ひと( 1381 )   

阪神淡路大震災の朝   

ちょうど22年前の1月17日朝5時46分。
阪神淡路大震災は起きた。

私はその日、建てて一年目の我が家を出る準備をしていた。
子供二人を連れて家を出る日だった。
「離婚」を決行。

私は、神戸周辺で起きている地震のようすをテレビで観ることも出来ない状態だった。
何か大変なことが起きていることは、リビングでテレビを観ている義母の後姿で分かってはいた。

でも、会話はない。
嫁は、孫を連れて出る準備をしているのだから。

運送会社をしている同級生に、わずかな家具類を運んでもらった。

そして、現実を少し理解している12歳の娘と不安な表情の8歳の息子と家を出た。

あれから22年。
簡単には語れない物語が何話も出来た。

そして、熊本地震で被災してまた、大きな人生の転換期が来た。

さて、この先はどういう物語になることか?

実話なので、どの時代のどの話をしても熱く語れる。
ほとんどが失敗話ですが・・・。

まだまだ人生は続きます。
今は、これから3年間の「久美子V字復興物語」の書き始め。

自分の底ジカラを手探りし始めたところです。

22年前には、もう生きていけないかもしれない。
と弱気だった私も、強い女になりました。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-18 14:22 | ひと | Comments(0)

シンプルに活きる!   

熊本地震後、ネガティブにならないように、色んな本を買った。
ブックオフで。
買って安心して、その後は文字を読める状態ではなくなった。
色んな手続きが多くて、精神的にへこんだ。
そして、被災して9か月目に入り、自分の感情を上手にコントロールできそうな気分になってきた。
そして、本も読めるようになった。
その当時買った本の一冊。
f0031420_1043230.jpg

著者 枡野俊明 
発行者 押鐘太陽
発行所 株式会社三笠書房
まだ読んでいませんが、カバーの端に書いてあるこの文章だけでも、すべて納得!
f0031420_10454155.jpg

枡野さんは、曹洞宗徳雄山建功寺住職でもあり、庭園デザイナー、多摩美の教授でもある。
出身は玉川大学農学部。

やっと、文字が頭に入るような状態になってきたので、読書の冬!で、楽しく前向きにシンプルライフを過ごそうと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-13 10:52 | ひと | Comments(0)

40年前の私   

成人式の今日。
自分のことをふり帰る。
40年前の・・・。

晴れ着姿で、喫茶店に友人数人と入り、珈琲飲みながら煙草を吸いました。

まるで「猫と犬」
「にや~わん」^0^

大人の仲間入りの意味をはき違えていました。

あ~恥ずかしい!!!
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-09 19:51 | ひと | Comments(0)

あきらめの年   

今年は「自分の欠点や改善点を明らかに認めて、真摯に向き合う年」
短縮して「明らかに認める」で「あきらめる年」

昨年は、熊本地震のおかげで、人生に急ブレーキをかけることになり、立ち止まった時期。

そして、今年は、反省と学びと心の柔軟体操の年。

苦手意識で、避けてきたこと。
好きなことだけにエネルギーを注ぎ、現実から少し脱線していた動き。
お金に対して「なんくるなるさ~」の一点ばりだったのが、何ともならなくなった。
死ぬまで活きよう!と思っているけど、妄想から現実への扉が開かない。
・・・。

勢いで走ってきた人生を、再度見直す機会が出来ました。

明らかに認めることを、ひとつづつ、改善していこう!と思っています。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-06 23:26 | ひと | Comments(0)

笑う門には・・・。   

今年も明日から数えて3日。
年末年始の楽しみは「笑う」
f0031420_1843270.jpg

私は、明石家さんまさんの大ファン。
とにかく、単純に笑いまくっています。
テレビ台のガムテープは、まだ外せません。
地震で大変な年でしたが
「笑う門には福来る」で、とにかく単純にさんまさんのテレビを観て笑っています。

しあわせ。
[PR]

by k2kikiya | 2016-12-28 18:07 | ひと | Comments(0)

林住期のステージ   

古代インドでは、人生を四つに分けて表現しています。

50才から74才を林住期。
作家の五木寛之氏もこの事を書いている。(色字クリック)

昨夜のシャンソンライブ。
林住期の女性の人生の第三のステージ。

二年前に急死したご主人を偲ぶ歌を唄われました。
f0031420_1415654.jpg

言霊はちゃんと天国のご主人に伝わったはず。

ブラボーの拍手が鳴り響きました。

自分と向き合って「本当に大切な人、もの、場所」を整える時期。
私も今、その時期を生きています。
[PR]

by k2kikiya | 2016-12-19 14:17 | ひと | Comments(0)

油断大敵!   

早朝、スマホの地震警報の音。
福島で地震。

テレビをつけて見始めたら、恐くなってきた。

熊本も油断大敵。
いつ、何があっても動揺しないシュミレーション。

どうすれば良いのか?

天に祈るしかないのかな???
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-22 17:57 | ひと | Comments(0)

念願のものまねショー   

f0031420_9544644.jpg

念願の英太郎の物まねショーを見ることが出来ました。
嬉しかった!
楽しかった!
おもしろかった!


30分間は、あっという間でした。
年甲斐もなく、一番前座って、かぶりつき状態で缶ビール飲みながら歌とトークに満喫。

やっぱり「笑い」は私を幸せにします!^0^
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-21 09:58 | ひと | Comments(0)

生きる   

f0031420_752844.jpg

伝統工芸館に蜩窯の個展を見に行き、ついでに上がった2階で目にしたポスター。

熊本震災後に企画された展示会があっていました。
テーマに魅かれました。
f0031420_7572562.jpg

書いてある文章を、書き出します。

「 人は数万年前、「食べたい」という強い思いから「暮らしの道具」をうみ、
豊穣と繁栄を祈る気持ちから「心の道具」をうんだ。

人は、この二つの道具を原点に、様々な用途を持つ「生きるための道具」を作りだしてきた。
 2016年、熊本は大震災に見舞われ、人々があらためて「生きる」ことに向き合った。
 21世紀の豊かな日本に生きる私たちは「生きたい」という思いを今後どのような道具で叶えていくべきか、多くの人と考え、熊本から発信する。
熊本は縄文時代にも人が住めないほどの大きな被害に遭っている。
その復興の際、重要な食糧源だったドングリを本展では、復興のシンボルとした。」


縄文時代の大きな被害とは、阿蘇の噴火と地震でしょうか。

人間は、大自然の中で暮らしています。
時代は繰り返されます。

「生きる」を考える時期ですね、今は。

熊本は、放射能汚染の被害はありませんでした。
「食べる」に関して、とても恵まれた環境です。

食料品の廃棄、コストの安い服の使い捨て、空家の放置。

色々と「暮らしの問題」を「こころの問題」として、

「こころ豊かに生きる」を、ゆっくり、しっかり考える時だと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-19 08:15 | ひと | Comments(0)

吹っ切れました!   

色々思い悩み、考えてきたこと。

吹っ切れました。

ある事を境に。

今朝は無性に歩きたくなり、日の出と共に、川沿いを散歩。

自分ブランドとは?

これまでの人生で培ってきたものとは?

自問自答の日々でした。

そして、私が窮地に立った時の周りの言動と自分の動き。

ブラックホールにいる時間は長かったけど、這い出せる元気が湧いてきました。

単細胞な私は、もう悩みません。前に進むのみ!
f0031420_9261333.jpg

図書館で借りた本を、読みながら近い将来を楽しく妄想しようと思います。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-18 09:26 | ひと | Comments(0)