カテゴリ:仲間( 53 )   

癒されます。   

娘のジル(シーズ犬6歳)
f0031420_2093271.jpg

人間の病名でリュウマチのような症状で前足が曲がっています。
3年前、安楽死まで考えた時期がありました。
その時、坪井のともだ病院の副院長先生が大分の病院まで連れて行って診断してくれたお陰で薬も見つかり、歩けるようになりました。
命の恩人です。
本当に嬉しいことです。
娘のお陰で毎日疲れて帰ってきても癒されます。
でも、ひとつ可愛そうなことが。
この子は結婚もせず、子供も産まず私と二人っきりで生きていること。
家族は私だけ。
ただひたすら私の帰りを家で待っている生活です。
幸せかな?
言葉が通じたら何て話すかな?
動物も一度飼ったら家族です。
これからも宜しくね!
[PR]

by k2kikiya | 2008-10-05 20:08 | 仲間 | Comments(0)

家づくりを楽しむ仲間たち   

建築営業コンサル会社時代の上司、林さんと久しぶりに福岡で会食。
f0031420_11281791.jpg
暗くてはっきり見えませんが体育会系の良い男です。
仕事に関してまじめで努力家。私より7つも下なのに生意気な部下を誘導するのは大変だったと思います。

彼は私と同じくハウスメーカーの営業出身で、現場も熟知しています。その上で家を建てたいお客様の為の新しいカタチのお手伝いを福岡で確立すべく、今動いています。

林さんや私の統括役だった若本さんはすでに広島で「住宅イノベーション研究所」を立ち上げ日々忙しく活躍されています。
その若本さんの直営というカタチで林さんが福岡でスタートします。

以前同じ会社で仕事をしていた中間達が独立して、「良い家を創る」を共通のキーワードとして活躍しているのを聞くのは嬉しいものです。

仕事の話からこれからの人生の楽しみ方まで話は尽きません。

気がつけばどれだけのお酒が運ばれてきたのでしょうか?
楽しい時間でした。

「私も熊本で頑張りま~す!」と握手して高速バスに乗ったところまでは記憶にあります。
が、
「お客さん!終点ですよ。」の車掌さんの声で起こされるまで熟睡タイムでした。
慌てて起きても車内で飲みかけのビール缶を握り締めてバスから降りる自分自身に
「あんたは本当に酒が好きね・・・」
と呆れました。

林さん!また会いましょう!福岡での活躍応援しますよ!
熊本にも遊びに来て下さいね。
[PR]

by k2kikiya | 2008-08-24 11:29 | 仲間 | Comments(4)

伝える   

何でも伝えることは大事!
先日、大きなテーブルの処分の仕方がなくて困っていると書いたら
知人が、「私の友人が引き取りたいそうです」と連絡をくれた。
嬉しいことです。
使う人の顔が見えるお引渡し式がありました。
10年近く大切に使ってこれれた家具を、これからまた使ってくださる方と一緒にトラックに運びました。
運び終わると、引き取った方が
「引き続きこれから大切に使わせていただきます」
と挨拶されました。
何か温かい風景でした。
挨拶に人柄が出ます。
きっと良い人なんだろうな~!
と初対面の方のトラックを見送り
ひとまず、片づけの一部が終わりました。
今日はお客様が仮住まいへ引越しの日です。
「何でもやりますプロデュース」の安藤はこれから出動です。
[PR]

by k2kikiya | 2008-07-08 09:29 | 仲間 | Comments(0)

ベテラン組   

建築一筋30年。それ以上かな?
f0031420_23352834.jpg
左から若杉建築設計工房代表若杉さん、プロデュース&コーディネート・イデアの代表木村さん。
おふたりはもう何十年来の仕事仲間。


f0031420_23385456.jpgあうんの呼吸で設計打合せが進んでいきます。
このベテラン組に仕事をお願いすると、私は非常に安心です。それに期待感も有り。
「もう、体力が・・・。」なんて言わないで!
これからますます、経験知の腕の見せ所ですよ!
宜しくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2008-05-28 23:29 | 仲間 | Comments(0)

阿蘇の家・近況報告   

私の主たる職業である建築プロデュースの母船的存在、空楽
家創りに熱い情熱を注ぐ仲間の集合体。
f0031420_672727.jpg

その中の円ホームが主体となって阿蘇に個人住居を建築中です。
でもかなり広いので店舗かな?と思うくらい。
円ホームの直理社長は私が最も頼りにする仕事人です。
昨年から今年にかけて東京の建築家堀部氏と、そして今は福岡の柳瀬氏とコラボで仕事をしています。
もちろん、私たち仲間との仕事を中心にですが。
でも、「君子不器」の精神で
ひとつの器から脱皮して進んだ時
必ず新しい何かを感じ取るはず。
それがまた仲間に伝えられ、進化していくはず。
完成が楽しみです。
6月8日。一日だけの見学会を予定しています。
[PR]

by k2kikiya | 2008-05-27 06:01 | 仲間 | Comments(0)

マラソン仲間   

普段は先生、社長、ボスと呼んでいる仕事の仲間も
ランニング姿になれば
ただの走ろう会の仲間!
f0031420_18201751.jpg

年寄りの○○。と思いながら参加したら
何と90歳の男性の方が参加されたそうです。それも完走。何キロかな?
まだまだ私達は若輩者かも。
[PR]

by k2kikiya | 2008-04-27 18:18 | 仲間 | Comments(0)

平均年齢50歳   

明日、宮崎えびのマラソンに参加します。
私は3キロコースなので普通の方から見ればジョギング程度のもの。
でも、きついのです。
右足首を折ってから、調子はあまり良くありません。
しかし、
普段が、飲んで食べて、また飲んでの生活です。
それを自分で改善する為に、仲間と一緒に参加するようになりました。
男女5人、平均年齢50歳。
でもその中の2人はホノルルマラソンも完走する凄い男性です。
尊敬します。
私は彼らに引っ張られながらマイペースで走ってきます。

そして、前回人吉マラソンに参加した親友Wちゃんは「もう出らん!」と言ったのに
明日も参加します・・・!?
[PR]

by k2kikiya | 2008-04-26 18:47 | 仲間 | Comments(0)

親愛なる友よ!   

明日から友人が入院します。ご主人の出張中の期間です。
今夜はその友人の友達が集まり食事会でした。
私はお金も地位も肩書きもありません。
親の七光も、つてもこねもなく今日まで生きてきました。
自分でも良く頑張ったと思うほどに。
でも、そこには友情の支えがありました。
こんな私でも、辛さを笑い飛ばしてくれる友がいました。
これは人生でかけがえのない財産です。
その財産のひとりの彼女が今、難病で苦しんでいます。テレビで「1ℓの涙」としてドラマになった病気です。今の医学では対応が出来ない難病です。
私は彼女の前で無力です。
彼女の苦しさをどうして和らいでいいのか!
神様は彼女や家族や私達に何を悟らせたいのか?
彼女の前では明るくふるまっても、ひとりになると無力の自分にぼろぼろです。
人生は誰かの指示で決まるのですか?
罪も犯していない人をどうして苦しめるのですか?
神様の考えは?
これまで結婚、子育てで頑張ってきた彼女の人生。
これからという時に、心と体の自由を奪う神様の考えを聞かせて欲しい。
[PR]

by k2kikiya | 2007-09-15 00:41 | 仲間 | Comments(0)

出世払い   

大阪に嫁いだ親友を訪ねた。
f0031420_187571.jpg

Y夫妻。
いつもお世話になりっぱなし。今回も思いっきり甘えました。
ご主人のY氏が京都に何有荘(かいうそう)と言う6,000坪の日本庭園を会社で所有しています。ぜひ、見学したい。が実現しました。

f0031420_18173560.jpg
f0031420_1818393.jpg

広い庭園の中に、茶室や洋館や滝や展望台。

ゆっくり歩いたら2~3時間はかかる広さ。

は~!同じ世代なのに財力の差を痛感します。
私も頑張って働いて、近い将来坪庭でも創るぞ!(単純な私)

そして、今までお世話になった分Y氏に出世払いで肥後料理と芋焼酎をご馳走しよう・・・。
待っててね。
[PR]

by k2kikiya | 2007-07-03 18:41 | 仲間 | Comments(2)

よろしくお願いいたします。   

6日から器季家のカフェ&ギャラリーを手伝ってくれる作本さん。
f0031420_1681644.jpg
平日午後2時から6時まで美味しい珈琲を入れてくれます。午前中は珈琲焙煎の店で修行中。
いずれは、私のプロデュースした本格的な飲食店を任せられたな良いな~と勝手に思っています。(実妹です)
彼女は私と違って、手先が器用で、美容師の免許も持っています。子供を産んでからは、建築キャドも勉強して、東京で建築デザインパースの会社に勤務。熊本で支店の長もやっていた頑張り屋さんです。

姉妹でも性格が違いますね。

私はう~ばんぎゃ~!妹は几帳面コツコツタイプ。
きっと私の「当たって砕けろ」の性格に?と思ってることもあると思いますが、打ち合わせで店を閉めてる姉の為に手伝おうと思ってくれたようです。

土、日、祭日は12時から6時まで、娘も協力してくれます。
ファミリー稼業ですが、よろしくお願いいたします。
[PR]

by k2kikiya | 2007-04-05 16:18 | 仲間 | Comments(0)