カテゴリ:家づくり( 370 )   

わくわく!どきどき!   

自分の仕事が建築プロデューサーなのに、一般ピープルに戻る瞬間があります。
それは、完成した家を見に行く時。

基礎から始まっていろんな工程では現場をチェックするのですが、もうすぐ完成というときは少し足を止めます。

すべての工事が終わりお客様に引き渡す前に見る「家」

家の中に入ると今までのことが走馬灯のように蘇ってきます。
基礎工事の時、近隣との調整が大変だったとか、建築家が途中でイメージが違うと言ってお客様との調整に入ったり、現場の職人さんが、真夏真っ赤な顔で頑張ってくれてたとか・・・。

そして、造り手と住み手の共同事業が終わり、今度は住むご家族が自分達の色に染めていく
「家」

f0031420_1117650.jpg


来月に完成する愛しい家。
今はわくわく!どきどき!の時です。
[PR]

by k2kikiya | 2006-02-14 11:33 | 家づくり | Comments(3)

家づくりは自家発電のパワーが必要。   

本日、土地探しの依頼を受けたご家族とお会いしました。

去年プロデュースした家のご家族のお友達です。

類は類を呼ぶ!
二組のご家族の共通点。
ご主人の人柄の良さ。奥様の明るさ。子供達の素直で元気なところ。
個人的に魅かれました。

何とか、お力になりたい。
来年の今頃は新築祝いできたら・・・。(お酒を飲む想像だけは早い)

だんだんと、土地から設計・施工までのプロデュースパワーを全開させなければ。

お客様の土地探しでも私にとっては自分事になってしまいます。(完全にのめり込みます)

どっぷりはまって、自分が住むことを仮定します。
学校までの通学路、近くのコンビ二、病院、バス停、公園。美味しいラーメン屋。
チェック!チェック!

土地も家も人生最高の金額を投じるものです。
私の説明でご主人が
「いろいろ大変そうだな」との感想。

その通りです。
世界に一軒しかないマイホームを創るんです。
大変です!考えたり、悩んだり、選択することもいっぱいです。
でも頑張ってください。
私達家づくりのプロがお手伝いしますから。


買う家ではなく、ご家族や建築家、現場の職人さんたちと
一緒に楽しく家づくりができることを祈っております。

さーーーー!
Y邸家づくり作戦開始です。

Y家の皆様
永いご縁があることを信じて頑張りますのでよろしくお願いします。
[PR]

by k2kikiya | 2006-02-11 17:32 | 家づくり | Comments(0)

家づくりのワ!   

昨日は、去年「空楽」で建てたお宅訪問をしました。
これから家づくりを考えているご夫婦と現在建築中のご家族で。
最初に出迎えてくれたM邸のお子様。可愛くてひとなっつこい。
f0031420_12204837.jpg

初めまして。なのに家族みたい!
f0031420_12215316.jpg

明るくて、シャープモダンといった雰囲気のリビングダイニング。
f0031420_12222327.jpg

次はI邸。Iパパが出迎えてくれました。
f0031420_12244444.jpg

f0031420_1227152.jpg

Iママの美味しいコーヒーを頂きくつろいでしまい、私は案内の仕事を忘れておりました。
しっかりIパパが説明してくれて。お世話になりました。
f0031420_12294039.jpg

私が今度お嫁に行くときはI家で花嫁修業をすると決めております。
料理、お菓子作り、洋裁、ご主人との仲の良さ。見習うことばかり。
何卒よろしくお願いいたします。
f0031420_12401834.jpg

f0031420_12414113.jpg

f0031420_12423033.jpg

はじめましての皆さんが、家づくりについて楽しく話している姿を見て幸せで胸いっぱい。
お菓子とパンでお腹いっぱいの一日でした。
M邸、I邸の皆様おじゃましました。そして、温かくもてなしていただきありがとうございました。
[PR]

by k2kikiya | 2006-02-05 12:53 | 家づくり | Comments(3)

私は何をする人ぞ!   

本来、ホームページを立ち上げていれば、私の仕事も明確に伝えられるし、ブログで勝手な独り言だけを書いていればよかったのですが。
なにぶんにも、ホームページを作成する予算がなくショップ&オフィスをオープンしてから2ヶ月ほどが過ぎてしまいました。
来週から、自力+すっけと先生の力をお借りしてホームページ作成に入ります。
最近、友達から
「あなたの店ってなんばしよっと?」
「分かりやすく看板出したら!」
「どうやって生活しよっと?」興味本位か心配か?よく質問がきます。
ホームページが出来上がるまで少々時間がかかると思うので、
今更ではありますが、簡単に自己紹介と業務説明をします。

職歴

遅咲きで会社勤めは35歳(不満足の家を建てたことがきっかけ)
ハウスメーカーの住宅営業
住宅営業コンサルティング会社で熊本県下の工務店の営業コンサル
指定住宅性能評価機関で、南九州の建築会社の瑕疵(かし)保証、完成保証、性能評価の手続き業務
その後、企画会社、不動産会社等でいろいろ勉強させて頂き、
現在のプロデュース業が3年めです。すべて家づくりに関わる仕事ばかりで、これまでの経験がおおいに活かされています。
(自分ではそう思っていますが、お客様の感想は聞いていません)


本業

建築プロデュース(名刺にはライフスタイルプランナーと書いております)
家づくりに関して家を建てたい方と家を設計する建築家の間でまとめ役兼、土地探しから銀行手続き、引越しの段取り、上棟式などの仕出し屋さんまで探します。
「家を建てる」ということは一生一度の大仕事です。不安や心配ごとを少しでもなくして、設計・施工がスムーズにいくように動くのが私の仕事です。
現在、熊本の建築家、工務店、インテリアデザイナー、それから建築プロデュースの仲間で「空楽」という建築集団をつくり、そこに所属しております。
来月からは、全国の建築家とネットワークした「プロトハウス」のサポートショップとしての仕事も稼動します。
建てたい方の要望に応じて私の仕事内容は違います。
業種としては住宅会社の営業と同じに見えるかもしれませんが、「自社の家を売る」という事ではありません。(詳しくはHPで)

カフェ&ギャラリー

熊本市の中心地、下通り(シャワー通り)にあります。
カフェといってもまだコーヒーだけしか出してません。味はオリジナルブレンドで美味しいです。今月からまじめにメニュー考えます。
ギャラリーは個人的に好きな作家・工房の器や小物をおいてます。
20年前、ギャラリーショップをしてました。二人目の子供が生まれ、県外などの窯元に動くのが困難でお店を閉めました。まだ可愛い奥様時代です。
いつかは!の気持ちで、20年後に復活です。
その当時から考えていたことですが、作家、職人の「作品や技」を使い手に伝えたい。
建築も同じです。
建築家、建築現場の職人の「センスや技」を住み手に伝えたい。
私にはどちらも大切な仕事です。
f0031420_21294587.jpg

おしゃれな雰囲気のショップ&オフィスでしょ!

企業の中で、数字に追われて仕事をしておりませんが、プロ意識は常に持ち、「出会えて良かった」と言っていただける人財になりたいと思っております。

は~。久しぶりにまじめに書いた。
最後まで読んでくれた方。お疲れ様でした。そしてありがとうございます。
家づくりをこれから考えている方。
一度、シャワー通りの器季家に遊びに来てください。
待ってます。
[PR]

by k2kikiya | 2006-02-03 22:17 | 家づくり | Comments(2)

家づくりに終わりなし。   

竣工してお客様に引き渡した家は、建築家、現場施工に関わった職人からその家に住むご家族にバトンタッチして家づくり、快適空間づくりの再スタートになります。
家づくりに終わりはないのです。
私が関わってきた家も、これからプロデュースする家も時間とともに更に魅力を増してほしいと願っています。
先日訪問したK邸も日々魅力ある空間に変化しています。
毎回お邪魔するのが楽しみです。
あえて、作品紹介ということで写真を見てください。
f0031420_127190.jpg

リビングからつながるウッドデッキのバルコニー。
四季折々の花や家具で外気浴満点。
最近ご夫婦でウッドデッキのオイル塗りをされました。
f0031420_12102468.jpg

お気に入りの家具のうえにさりげなくディスプレイされた小物たち。
f0031420_12114361.jpg

木工教室に行って作った奥様傑作の家具。
f0031420_1213621.jpg

玄関に新春を意識したリース。

外観、内装、設備など家づくりのプロ集団が作り上げた家を、今度はご家族が愛情こめて
大切にコーディネートしたり、メンテナンスしたりしていく。
その風景を見ると「ありがとう!そして幸せ!」と感じるあんくみなのです。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-24 12:23 | 家づくり | Comments(1)

これから家を建てたいとお考えの方へ   

f0031420_1775766.jpg本日は、土地探し、設計・施工のプロデュースまで依頼されたお客様と土地見学、実際にこれまで関わったお宅見学に行きました。
1軒目はk邸。いつ伺ってもセンスの良いインテリアで快適ライフを楽しんでいらっしゃる奥様が案内してくださいました。

f0031420_17133154.jpg
f0031420_17145287.jpg







次はY邸。とても気さくな奥様と可愛い子供たち。家を建ててから今まで以上に子供たちが集まってくる家になったそうです。風と光と縦のゆとり。オール電化なので電気代が月8,000円と喜んでいらっしゃいました。家中にふりそそぐ光で、日中の照明や暖房はあまり必要ないとの事でした。
f0031420_17224753.jpg
f0031420_17235559.jpg
f0031420_17244617.jpg
家を建てた方の話は生の参考書ですね。
明るく迎えてくださった奥様方本当にありがとうございました。
これから家を建てる方へ
住宅展示場やコマーシャルでは分からない本当の家の魅力は、実際に満足の家に暮らしているご家族にお会いして、話を聞くことがポイントだと思いますよ。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-22 17:29 | 家づくり | Comments(3)

土地探しは大変!   

自分の土地探し後遺症から今の仕事に就いたようなものなので、お客様の土地探しは他人事ではありません。不動産業をしているわけではないのですが、「これは良い」と感じたり、「この土地をどう思いますか?」と相談を受けるとのめり込んでしまい、昼、夜、雨の日現地周辺を歩き回ります。小学校や中学校も子供の速度で歩いてみて時間を計ります。
家を建てたいけど土地が見つからないと設計の話までたどり着きません。中には土地探しに疲れて条件付の土地で断念してしまい、多くの夢を語ることなく流されていく方もいました。仕方ありません。家づくりはご家族の自由に選択するればいいのですから。しかし、残念です。私の失敗経験から考えると建築条件付の分譲地展開をしているところにお勤めの設計士さんでは満足できない場合はどうするの?と言いたいです。
友人、知人にもサラリーマン設計士が大勢いるのでこれ以上のことは控えます。
とにかく拘束されない土地を探して、多くの建築家の物件を見て、そして納得して夢のマイホームづくりを現実のものとしてもらいたいです。
そこで、本日簡単に土地探しができるシステムを導入しました。
早速、相談を受けている地域の土地を検索して明日現地を見てきます。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-16 19:52 | 家づくり | Comments(0)

不満足家づくり日記(2)   

家を建てたのは11年前。阪神大震災の前の年に完成しました。完成するまでの経過は今考えるとゾットすることがいっぱいでした。
今問題になっている構造のこともまったく知識が無く、地盤調査もしていなかったのでは?という感じです。土地の謄本の見方も分からず、建った後でその土地が以前沼地だったことが判明しました。「ギョ!」沈むのかなと心配しましたが、今のところ大丈夫です。
間取りに関しては、自由設計でその当時では斬新だったプランで2階リビングダイニングキッチン、寝室、浴室、1階にオーディオルーム、ゲストルーム。設計をしてくださった方は今でも仕事関係でお会いする機会があるのであまり書きませんが、現場監督と大工さんが少々問題有りでした。
細かく書けばきりがありませんが、一番ショックだったのはバリアーフリーでとお願いしたのに和室とリビングの境にしっかり段がついていたこと。フラットな空間を望んでいたので、大工さんがあっさりと「聞いて無かった。今からじゃやり直せん」と簡単に対応されたときはさすがに涙がぽろり。純情な若妻はあきらめるしかなかったのです。
それから外壁材を選ぶときになってタイル貼りを希望しましたが、高くつくということで断念。
希望を出せばすぐ価格に跳ね返り予算がオーバーしていくのです。
設備機器、照明、カーテンなど選ぶものに関しても専門のアドバイスがあまり無く、外注したメーカーさんの提案書をみるだけ。ショールームを見て回ったのは個人的に単独で行きました。
そうこうしているうちに、現場は進んでいきました。相も変わらず自転車で現場へ行くと、ビールの空き缶やお酒のビンがころがっている事がありました。
それにはびっくり。お酒好きの私でも許せませんでした。お昼時少々の量ならまだしも、ごろごろと床下まで。私たちの大事な一生に一度しかたてることの無いであろう家を酒飲みながらつくるなんて。ムカつきましたが、やっぱりおとなしい若妻は大工さんに直接言えずじまいでした。
こうやって不満足を募らせながら家は完成したのです。この時の不満足は今の仕事に反面教師としておおいに活かされいます。この続きはまた今度。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-15 19:33 | 家づくり | Comments(1)

こんなはずじゃなかった!の不満足の家づくりから始まって   

今日はまじめに、私がなぜ住宅業界で仕事をするようになったのかを書きます。会社勤めはデビューが遅く、35歳でした。
住宅会社に入社するきっかけは、マイホームを建てたからです。それも不満足の家を。
建てたのは私が33歳の時。土地から自分で探しました。自転車に乗り建築希望地周辺くまなく走りました。
不動産屋も手当たりしだいに訪問しました。とても疲れたし、対応の悪さに悲しくなることもありました。土地価格の希望は1500万円でした。1500万円の買い物をしようと訪ねている可愛い主婦?にお茶の一杯も出すことなく、「この辺ではないね」と素っ気無い返事。軽く扱われている感じがして悲しかったです。
その後も物件を何十件と見てきたので、新聞広告の3行くらいの物件情報にもすぐ反応して「これだ」と思い不動産屋へいきました。土地の場所を聞くと一人で現地へ。
なぜなら、不動産のおじさんが「近くだけん見といで」と地図だけ渡したのです。(業務怠慢)結果、その土地が気に入って契約しました。
しかし、契約すると意思表示をしてから、この土地は建築条件付だと言われたのです。
「建築条件付???」その頃の私はとても無知で素直で「そうですか」と了解したのです。
今考えれば、不動産屋と住宅会社の営業マンの裏工作です。土地の重要事項説明に書いてなかったし、最初の説明にもありませんでしたから。
この時に、いつか私が就職することがあったら不動産会社に勤めて、お客様に親切丁寧に接してあげたいと漠然と考えていました。
不満足家づくり日記はまだまだ続くので、この辺でひと休み。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-13 14:50 | 家づくり | Comments(1)

家づくりに関するお問い合わせは   

ギャラリーの話ばかりが進んであんくみの本業のことを書いていませんでした。
私、ライフスタイルプランナーと名刺には書いております。仕事の核は家づくりを考えている方の具体的なお手伝いです。土地探しから、資金計画、建築家の紹介、工務店の紹介。建てたい方の一番近いところで一緒になって家づくりをサポートする仕事をしています。今春からはプロトハウスサポートショップを稼動します。詳しくはインターネットでプロトハウスを検索してみてください。
[PR]

by k2kikiya | 2006-01-11 15:02 | 家づくり | Comments(1)