カテゴリ:家づくり( 373 )   

建設的な話   

「壊れる」「無くなる」話が続くと、気分も落ち込み、疲れます。

でも
「創る」話しは、前向きで楽しくなります。
f0031420_7191639.jpg

今日から工事が始まる「横の細道を活かす家」
打ち合わせは楽しいです。
建設的で前向き。

もちろん、元気でなければ「家創り」の話も弾みません。
[PR]

by k2kikiya | 2016-05-11 07:20 | 家づくり | Comments(0)

決意表明会議   

4月14日の熊本地震の前日、私は南阿蘇の山小屋で、南阿蘇在住の若手設計士、ステンドグラス作家、生活小物ショップのオーナーと四人で、昼食を取りながら、「南阿蘇の民家再生と観光」について話をしていました。
「残したい建物の再生と素晴らしい水の村への観光案内をどうしたら良いのか?」
のスタート会議をしたのです。
その次の日の地震です。

「は~何で?」の気持ちと、「復興」に関わる予感だったのか?!と。
f0031420_2026289.jpg

時間はかかるかもしれませんが、おだやかな自然風景が残る「南阿蘇の復興」
これが、私のライフワークに追加されました。
f0031420_20175028.jpg

避難先のブックオフで買って読んだ本。
かなり元気が出ました。
[PR]

by k2kikiya | 2016-04-27 20:26 | 家づくり | Comments(0)

窓からの眺め   

私は家の広さや豪華さよりの一番大切なのは窓からの眺め。

レースのカーテンも閉めたくないタイプ。

なので、町のアパートは6階にしました。
最上階は暑いので。
眺めは良し。
山小屋はもちろんオープン。

もうすぐ完成の家の窓。
一階からは敷地内の竹林と植栽の風景が。
f0031420_913683.jpg

これも良いですね。

緑のカーテンです。

設計、施工のトータル的なご相談の初めの窓口の仕事をしています。
「住いりんぐサポート」の日記は「ファーレ通信」で日々更新中!(色字クリック)

建替えやリノベーション、古民家再生に興味のある方は、いつでもご相談ください。
「はじめのいっぽ」のお話から。
[PR]

by k2kikiya | 2016-03-31 09:03 | 家づくり | Comments(0)

バナナの木がある家   

もう5年位経ちました。
息子の同級生のお母さんからの紹介で、電話が入りました。

「東さんですか?私家を建てたいのですが、どこからどう進めば良いのか分かりません。会って話を聞いてもらえますか?」
元気はつらつで、私が圧倒される声でした。

その方の自宅に伺って色々話しました。
私と同じような状況で、子供さん三人を女性一人で育て、実家を建替えして、跡取りをする家を建てる計画。


「東さんにお願いしたいです、家づくりのサポートを」という流れで完成した家が、この家。
f0031420_9183762.jpg

二世帯三世代が、それぞれのプライベートを楽しみながら同じ敷地内で暮らす家。

Kさんの希望は
バナナの木を家の真ん中に植えたい!でした。「はぁ~?!」の私。

そして、その希望はこんな風景に。
f0031420_9213833.jpg

中庭にせずに、温室のような屋根なるベランダ。
そして
居酒屋のようなキッチンにしたい!の要望は
f0031420_9231074.jpg

以前からお使いのテーブルと椅子にキッチンカウンターの高さを合わせました。

大勢が集まれば、「おばんざいの店」がオープンします。
大皿に盛ったお惣菜をキッチンのカウンターの棚に慣れべ、各人が好きなものを選び、好きな場所で食べる。

素敵な暮らしです。

家を建てるというより、大事なのは「どのように暮らしを楽しみたいか?!」です。
家の話より、Kさんとは「人生の話」が多かったと思います。

そのKさんのお宅に久しぶりに、先日伺いました。
イベントのやり方を相談したいということで。
私は、何でもやれる?!と誤解されているようです。^0^

そのKさんは、ご自分の苦難の体験から、心理学や星占術なども勉強されて、話を聞いていると楽しくなります。

Kさんからのアドバイスは
「今年の私は「0」の年だということです。
何十年も猪突猛進で生きてきたのだから、今年は休憩よ。
エネルギーがない時期。ガス欠状態ですよ。とのこと。

車も走りませんよね。ガソリンが無ければ。
今年は、ゆっくり休養しながら、来年からのことをしっかり妄想して下さい。
行動を起こしてはダメ、妄想するのです、やりたいことを。少しずつ。」

このアドバイスで、気が楽になりました。妄想は得意分野ですから。

「停滞」という言葉は少しネガティブになるけど、「ガス欠」は気が楽になります。

家創りのお客様でも、プライベートなことを私に色々アドバイスを下さるので楽しいです。

バナナの木は室内では育たなかったので、屋外に地植えをされました。
食糧難、大気汚染も考えて、地下に食品貯蔵庫も作りました。

想い、希望、願望、要望。色々話され、設計士がそれを理解したうえで、そぎ落として、素敵な家が完成しました。

というお話です。

ガス欠のクミコより・・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2016-03-18 09:39 | 家づくり | Comments(0)

TOTOミュージアムの食器   

小倉にあるTOTOミュージアム。
f0031420_823082.jpg

来年で創立100年の企業の歴史を見学に行きました。
f0031420_8232394.jpg

工場も見学。

東洋陶器から始まった会社は「陶磁器の器を創る」もしていました。
創立当初は、「ノリタケ」の食器もつくる会社だったそう。今は独立していますが。

創立者、2代目社長の考え方は「一社一業」
ひとつの会社は、ひとつのテーマで専業するべき」の考え方で、会社がそれぞれ独立したそうです。

便器の歴史もなるほどと感心。
でも、輸出用のノリタケの食器がきれいだった。
f0031420_819333.jpg

技術は西洋から学び、「日本の手仕事の技」として輸出。
f0031420_8213318.jpg

美しい!
f0031420_8221258.jpg

当時外国で愛された食器だったと思います。
f0031420_827464.jpg

もちろん、国内の上流階級の暮らしにも。

もう一度、ノリタケの器を意識してみてみよう思いました。
ものづくりの「歴史と伝統と進化」を。
[PR]

by k2kikiya | 2016-03-11 08:29 | 家づくり | Comments(0)

今頃?   

大雪の時は、何も支障なく暮らした山小屋。
昨夜戻って来たら、水が、ちょろちょろ。
???

今頃?
お風呂に入ろうと思ったのに・・・。


毎日暮らしている場所じゃないと、ライフラインの変化に気がつくのが遅れますね。
明日、設備業者に電話しよう。

何でも、便利な町暮らし。
賃貸の良さは、管理人、大家さんの存在。何でもSOS.。

我が家は、私の責任と対応で動きます。いや、他の人は動きません。

あと10年は楽しみたい田舎暮らし。

70歳位からは、シルバーマンションか、今の町の事務所に暮らしの重点を変える。


「人生を楽しく」の裏側には、色々と、責任と管理と段取りが必要です。

増々、たくましくなる私です・・・。
f0031420_9542756.jpg

この、自然の大らかな美しさは、心の豊かさにつながる。

今は、この暮らしを楽しみたい!

今夜は温泉に行こう!
[PR]

by k2kikiya | 2016-01-31 09:54 | 家づくり | Comments(0)

シェルターのある暮らし②   

町の棲家をシェルターと思っていました。
でも、今回の大雪で考え方が変わりました。

町中では、断水や寒さで色々と支障がおきていました。
交通規制も。

私は、山の中で、ゆっくりと過ごしました。
楽しかった。
f0031420_20212521.jpg


食料も準備して、何も不自由に感じることはありませんでした。
逆に、薪スト―ブの暖かさで、心地よい時間を過ごしました。

自営業の特権もあります。
仕事はネットで出来ました。
f0031420_20193671.jpg

娘と孫とのんびりタイム。

電気も水もガスもいつも通り。

山小屋の方が、シェルターになることもあるのですね。
[PR]

by k2kikiya | 2016-01-27 20:27 | 家づくり | Comments(0)

現場主義   

何事も「現場」は大事。

現場を知らずして、理想論を熱く語っても、机上の空論と化してしまう。

という考え方の私は

来年60才になるというのに、まだ現場にいる。
f0031420_834590.jpg

霜の降りた畑だった敷地で、地鎮祭の用意をする。
f0031420_851094.jpg

数年後は、その現場への回数も減ると思う。

でも、現場の人達の大変さや、お客様の気持ちは、忘れることなく、立ち位置、ステージの移動を始める。

適材適所。

私しかできない位置への移動。

そして、また同志とカタチをつくっていく。

熱い想いが語れる間は、心も体も柔軟体操して、準備をする。

私の次の現場へ、挑むために。
[PR]

by k2kikiya | 2016-01-23 08:08 | 家づくり | Comments(0)

仕事の選択   

年末、ギリギリまで金作に走り回っています。

厳しい状況です。

でも、仕事は選択します。

何でもよい、売れるものなら。お金がもらえる仕事なら。
の気持ちはありません。

私自身には。

他の方の気持ちは尊重します。

やれること
やりたいこと
やらなければいけないこと

お給料をいただいていれば、当然
「やらなければいけないとこ」を重視して動かなければいけません。

私は、契約が出来たら、報酬をいただく、成果主義のグループで動いています。
なので、安定も、高額もあまり望みません。

大切にしているのは「やりがい」

ひとり分の暮らしを考える時期なので、こんな悠長なことを考えていると思います。

子育て中の会社員の時は、仕事の質や内容よりも、生活費が優先でした。


年末になって、来年の抱負を考えました。

それは「仕事の選択」
私にしかできない、やりたい仕事との出会いを望みます。

量をこなすことは出来ません。
質にこだわり、時間をかけて丁寧関わる仕事を選びます。

私に出来なくても、代役で賄えることは、託します。

「NO」といえるおばさんになります。仕事人としては。
[PR]

by k2kikiya | 2015-12-29 10:55 | 家づくり | Comments(0)

夢で予習?!   

今月はスケジュールがぎっしりで、山でのんびりは無理。
それでも時間を作り、温泉と薪ストーブだけは楽しみたい!の気持ち。
f0031420_1723746.jpg

昨夜は、夕方4時頃、行きつけの温泉に入り、山小屋でひとり晩酌しながら、好きな恋愛ドラマを観ていた。

ひとりぼっちではない。ひとりの気ままな自由時間なのだ。

そして、薪ストーブの暖かさの中で、半袖のパジャマで就寝。
その夜の夢。

来春から、
阿蘇から発信する暮らしの手しごと「あそびとりんく」
という名前で、阿蘇の空家と観光を結びつける仕事を考えている。
その夢をみた。

飛び込みで情報収集。
「こんにちは!隣の空家の持ち主は?」
「そうですか!前面道路の後退計画があるのですか」
などと、リアルな会話をしていた。

朝起きて、何だか阿蘇での仕事の予習をしてるような夢だった。とリアルな映像が残る。
f0031420_1791349.jpg


今朝も、南阿蘇は快晴。

私の出来る無限の可能性という妄想を、夢で予習した気分でした。
[PR]

by k2kikiya | 2015-12-08 17:10 | 家づくり | Comments(0)