カテゴリ:家づくり( 372 )   

和ごころが好き!   

私の根っこにあるのは、和ごころ。
そう再確認したのは、懐水集さんへ遊びに行った時。
f0031420_1059238.jpg

落ち着きます。土間の空間。
f0031420_10595678.jpg

古民家再生。
次の私の楽しみになりそうです・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2017-05-26 11:00 | 家づくり | Comments(0)

身近にいて欲しいひと   

私が身近にいて欲しいひとは、仕事が丁寧な大工さん。
f0031420_84619.jpg

町家再生と地産知笑の復興プロジェクトがスタートしました。

家主さんと私の私物も活かしてもらいながら、、店舗展開をプロデュース。
中央ブースの芋屋長兵衛商店。今から商品搬入。
築101年の町家をリノベーシションしながら、活かして守る!
f0031420_8474014.jpg

歴史的建造物の構造部は、文化財登録に向けて勝手に触れません。

でも、私の造作パーテーションや建具は、時々補修やレイアウト替えをしながら活かしたい!
f0031420_8491666.jpg

私の要望をきちんと受け入れてカタチにしてくれる大工さん。

とても重要です。
熊本町家再生物語 ぼちぼち書いてます。(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2017-05-01 08:50 | 家づくり | Comments(0)

住まいりんぐサポーターの仕事   

家を建てたい方の、土地探しからサポートしています。

一軒目の家を建てた25年前。
土地探しから苦労しました。
いい加減な不動産屋に、後々困ったことも起きました。

あの時、今のわたしのような人が近くにいたら・・・。
それがきっかけで「住まいりんぐサポート」をやっております。

家to暮らし日記は
ファーレ通信」をクリックしてください。(色字クリック)

先日、土地探しからサポートして今設計の打ち合わせ中のK様邸の現地へ。
f0031420_12321934.jpg

この公園の奥に隣接した場所。

暮らしを考えた敷地探し。

住まりんぐサポーターの仕事。
名前もやり方も私がつくりました。
[PR]

by k2kikiya | 2017-04-13 12:33 | 家づくり | Comments(0)

シニアアパートメント構想・妄想!   

2025年には、9人に1人は痴呆症で介護が必要な時代が来るそうです。
でも、現実は
介護する人がいません。足りません。
深刻な高齢化社会がもうすぐきます。

さ~~~!どうする?私の暮らし?

といつも考えています。

子供にも頼らない、頼れない現実。

みんなの力で笑顔で生きている間、活きる場所。
シニアアパートメント。

70歳までにはその構想、妄想を現実の計画として進めたいと考えていました。
そして、会いたい人がいました。

集合住宅の設計計画を一緒に考えていただける方。

事例、前例がないので、行政も動かないでしょう。
ならば、
経験値のある方とプロジェクトを組みたいと考えていました。

孤立ではなく孤独を楽しむ暮らし。シニアコンフォートライフ。

出会いました。それを設計できる建築家。
集合住宅のリノベーションを熊本で経験した建築家。

シニアアパートメントは新築の家ではありません。
家賃を安くして、壊さず活かす住環境づくり。
リノベーションハウス。
まちなみに融合した家のカタチ。

平屋戸建てタイプから、集合住宅までの混合住宅ゾーン。
願いは叶う!で、会いたい建築家と偶然に出会い、語りたいことを語り合えた時間は幸せでした。


f0031420_13114835.jpg

同級生の別荘に泊まり,朝から珈琲タイムのようす。
こんな風景が、アパートメントのリビングコーナーで出来るイメージ。

シニアアパートメントプロジェクト。
交通の便が良く、自然の風景もあり、自立できる場所。
そこから仕事や習い事に通う。
介護する人がいる施設ではありません。
管理人はいます。
近くには母船のように健康チェックをしてくれる病院があり、
ご近所食堂もある。

というイメージで楽しく
10年後、暮らしたい場所を探すことからスタートです。
[PR]

by k2kikiya | 2017-04-10 13:24 | 家づくり | Comments(0)

ひとりで暮らす!   

今、熊本地震で大規模半壊した家をリノベーションしています。
60代の男性Fさんが、一人で暮らす平屋です。
f0031420_1629464.jpg

初めてお会いした時は、「危険」の黄色い張り紙のある玄関で、傷心した表情でした。

でも、残すか!壊すか!で悩まれ、「再生」の選択をされました。
設計打ち合わせが進みにつれて、元気になるFさん。

私に置き換えて考えました。

お子さんは、近所に暮らしています。
でも、
ひとりで暮らす!

子供や孫が集まる場所をに一人で暮らす覚悟。
私も、「ひとりで暮らし、自分を活かす人生」を目指しています。

まさかの地震で、自分の強さを再確認して、自信がついた私です。
ひとりとふたりとみんなと。

孤立ではなく、孤独は、人を良い意味で強くしてくれます。
そして、強さは、優しに繋がっていきます。
[PR]

by k2kikiya | 2017-01-11 16:42 | 家づくり | Comments(0)

夢をかたちに!   

自分の夢をカタチにした女性。
「おとなの絵本空間」主宰Hさん。
f0031420_1311079.jpg

家創りのサポートをさせて頂きました。5年前に。
f0031420_1321834.jpg

可愛いお人形たちが出迎えてくれました。
f0031420_1325920.jpg

絵本の数は、半端じゃありません。
これまで集めてこられたものが、本棚や書庫に。
絵本の朗読とクリスマスライブ。
f0031420_1341833.jpg

今回は、近所の奥様方にアイリッシュ音楽のプレゼント。
f0031420_135188.jpg

静かにおごそかな時間を楽しみました。

家創りをする際に、
「どんな暮らしがしたのですか?」
「趣味や、これから挑戦したいことは?」
から始めました。

絵本作家になりたい夢は、とっくに自分自身も忘れていました。
と言われた、Hさん。

夢がカタチになりました。

ご自宅はお昼の間だけ、大人の絵本空間として、開放されています。
[PR]

by k2kikiya | 2016-12-13 13:07 | 家づくり | Comments(0)

ツリーハウス?!   

完成した家も、庭が整って、初めて「家庭」となります。

昨日は、御船の山の中の樹木園に建築家とお客様と「木」を見に行きました。
f0031420_957893.jpg

存在感のある木を数本植えて、後は、少しづつ家族で庭を作っていく。

暮らしながら、「家庭」は、築いていくものですね。

樹木園は、かなり広く、勝手に歩くと、迷子になってしまいそうなところです。
植木市や、ガーデニングショップの卸元です。

そして、途中見かけたのが
f0031420_9595817.jpg

ツリーハウス???

木枠を組み、コンテナをのせて、ウッドデッキをつくったもの。
かなりワイルド。

でも、面白いし、簡単そうだし、私好み。

住宅は、どうしてもきっちり創り込まないといけません。

でも、「遊び心」は必要ですね。私には。

森の中を歩く時間。

全部売り物の樹木です。なので人工的な森です。
でも、楽しい時間でした。
[PR]

by k2kikiya | 2016-11-06 10:03 | 家づくり | Comments(0)

空間財産   

何の縁なのか、唐人町の町家に魅かれて、15年。
熊本市内の繁華街に生れ育った私でも、子供の頃は唐人町が遠かった。
そして縁あって、築100年の町家を活かすことに。
f0031420_21173315.jpg

今日は「町家再生」に忙しい一日でした。
熊本市と、建築士会の方と、大阪からの構造専門家との打ち合わせ。
f0031420_21194130.jpg

私の建築仲間も、町家再生のプロジェクトには参加してもらいました。
とても、心強い。
f0031420_21214398.jpg

私にとっては、この町家は、空間財産です。



[PR]

by k2kikiya | 2016-11-01 21:24 | 家づくり | Comments(0)

家づくりは楽しい!   

晴天の秋空。
f0031420_22183375.jpg

友人の別荘に来ています。
と、書きたい風景。
でも、実際は建築家のアトリエのウッドデッキ。
江津湖の湖畔にあります。
f0031420_22382050.jpg

打ち合わせ中です。

家づりの打ち合わせは好きです。
自分の家は何軒も建てられないけど、お客様の家で、我が家を毎回建てる気分で、楽しんでいます。

但し、地震後、被災別件の修復工事を優先しているので、職人さん不足で新築計画の工事は、着工は未定。

夢が現実のカタチになるのは、半年後位からです。

家づくり日記 日々更新中!(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2016-10-29 22:39 | 家づくり | Comments(0)

眺望は大事!   

f0031420_18474534.jpg

地震前から、足場を組み、メンテナンスをしていたビルに今住んでいます。
地震後半年が過ぎていますが、未だに足場は外れず、ネットはかかったまま。
風景を眺める気持ちが出ません。
ネット越しなのです。

眺望は大事です。

早く、きれいな風景を見たい!
当たり前の風景が、いつまでもネット越しというのは、閉鎖的な気持ちになってしまいます。
精神衛生上にも良くないです。
[PR]

by k2kikiya | 2016-10-15 18:51 | 家づくり | Comments(0)