カテゴリ:ギャラリー( 86 )   

おきなわ日和   

6月6日から、器季家で沖縄の手仕事展を開催します。
f0031420_23141417.jpg

早々にハガキを作成しないと。

あっという間に時間は過ぎていきます。
[PR]

by k2kikiya | 2015-04-22 23:15 | ギャラリー | Comments(0)

器展と洋菓子茶房   

9月5日(金)~8日(月)まで、新市街シャワー通り、ライゼで開催する「器展と洋菓子茶房」
f0031420_1056187.jpg

ハガキも出来て、後は会場の設営準備です。
何でもやります!「つくるdeつなぐ人」の私。
今回は、人生のターニングポイントに差し掛かっている40代のつくりびとたちの応援団長です。

店をしたい!どんな作品を創っていくか?どうビジネスを展開していくか?独立したばかり!

心境、状況、年代の近い人たちのコラボ企画をしました。

そこで、足りなかったのがお盆。
洋菓子茶房というコンセプトなので、洋菓子を和の器に盛り付け、演出したかった。

昨日は、福岡の行きつけの骨董品店巡り。

大人買いをして来ました。
f0031420_11146.jpg

こんな雰囲気で洋菓子をセッティングしたくて
f0031420_1123340.jpg

らんたい漆器の角盆、5枚、木の塗り盆10枚、塗の丸皿12枚。

これで一応、大きな買い物は終了。
ビックリするくらいお買い得な価格でした。

骨董品店巡りの帰りに、うきは市の「ぶどうのたね」で珈琲を。
f0031420_1173374.jpg

f0031420_1181066.jpg

珈琲を飲むというより、お酒が欲しくなる一枚板のカウンター。

昨日は高速飛ばして、柳川、うきはと楽しい時間でした。

器展と洋菓子茶房の期間中は、私が毎日ライゼの主宰としてギャラリーカフェにおりますので
皆様、お越しくださいませ。

詳細な内容は
ライゼブログに書いていきます。(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2014-08-25 11:12 | ギャラリー | Comments(0)

珈琲と会話でおもてなし   

陶と花展。
f0031420_16591545.jpg

女性の特権は、会話で楽しめること。
カウンター越しに楽しい時間が過ぎています。
[PR]

by k2kikiya | 2014-04-04 17:02 | ギャラリー | Comments(0)

悩んでいます!   

新市街の実家のビルの5階を会社兼多目的空間として使っていましたが、今月少し補修して、来月から手仕事の作品展やワークショップ、料理教室などに使って頂こうと計画中。
そこで悩んでいます。
ギャラリーの名前。DM用の原稿をつくるのに名前が必要。
「つくるdeつなぐ」は長すぎるとブーイングがきました。
次の案として「創825」あの場所で産まれた最高傑作?!私の誕生日の数字。
これもいまいちの批評でした。

明日、専門家に相談に行きます。

今回は、スペイン語の言葉を探そうかと思います。
新市街の土地を父に買ってくれたのは、祖父です。
父の両親は沖縄から、開拓民としてペルーに渡りました。
夢と現実の違いに祖父母は苦労しながらも、その地で父は産まれたのです。

そして、父は母親と沖縄へ。父親も商売を整理して沖縄へ帰る計画の時に戦争がはじまり、長い間、父と祖父は会うことが出来なかったそうです。
そして、父は独立して母と結婚して熊本に来ました。
私の両親が一生懸命に働く姿を見て、祖父が土地を買いなさい。と今の新市街の土地代を出してくれたそうです。

ルーツは大切にしたいと思います。
開拓精神あふれる祖父母が、ペルーで使っていたスペイン語でギャラリーの名前を探してみようかと、言葉探しに悩んでいます。
[PR]

by k2kikiya | 2013-10-08 17:27 | ギャラリー | Comments(0)

「つくるdeつなぐ」の主宰   

10月初旬からシャワー通りのAZUMAビル5階を「つくるdeつなぐ」という名前でレンタルギャラリー兼、創作プロデュースの活動の場にします。

その第一弾企画。
あなたも世界を変えられる・フェアトレード
日々の暮らしで、できること

と題して、フェアトレードの展示販売会をします。

場所は、西唐人町の器季家カフェ
9月3日(火)より14日(土)まで 8日日曜日は定休日
熊本市が世界で1000番目のフェアトレードシティーになったことを知っている方は、どのくらいの割合でしょうか?
アジアでは初だそうです。
熊本の新屋敷にフェアトレードらぶらんどという店があります。
オーナーは学生時代の同級生、 明石祥子さん。
彼女が熊本で始めたフェアトレードですが、内容を自分なりに解釈して、自分の出来るやり方で、伝えていきたいと思っています。
f0031420_175912.jpg

発展途上や経済的、社会的に弱者の人達に「つくる」を伝えて自立を援助する。
募金より、私にはなじみます。
f0031420_1771818.jpg

オーガニックコットンや麻、有機栽培のコーヒーや紅茶、アクセサリーまで多くの種類が揃っています。
この機会にフェアトレードって何?から少し進んでみませんか。
写真はピープルツリーのものです。(色字クリック)


フェアトレード以外にも、熊本に暮らす私が、日々の暮らしでできること。
それを考えながら色んな「ものづくり」「ひとづくり」を地産地消も含めて「つくるdeつなぐ」の主宰としてコツコツとやっていきたいと思っています。
[PR]

by k2kikiya | 2013-08-29 16:41 | ギャラリー | Comments(0)

沖縄と熊本を繋ぐ   

いつから沖縄と熊本を手仕事で繋ぎたい!と思ったかは、忘れてしまった。
そのくらい心の故郷への気持ちは深い。
そして、その想いがカタチになりました。
今日から、器季家カフェで「夏は愉しやオキナワ流儀」の企画展をスタートします。
f0031420_9475319.jpg

山田義力さんの器
f0031420_9424395.jpg

金城宏次さんの紅型。
f0031420_9482923.jpg

準備が整いました。
今日明日は作家さんがカフェにいらっしゃいます。
企画展は6月2日まで。

つくるdeつなぐは始まったばかり。
このお二人の作家を核にして、少しづつ、手仕事の交流が出来れば幸せです。
特に、伝統工芸は守ると進化がなければ、すたれていきます。
個人力の微力でも、何かが出来ないか?がいつもテーマになります。

とにかく、愉しくスタートしましたので、皆さん遊びに来てくださいね。
[PR]

by k2kikiya | 2013-05-25 09:52 | ギャラリー | Comments(0)

布と陶展   

創作プロデュースも私のやりたい事のひとつ。
作り手と使い手の間に立つ!

今回は布作家、岩﨑ちよみさんと陶芸家山下太さんのコラボ展。
f0031420_1185116.jpg

昨日からスタート。今日は快晴です。
f0031420_1195492.jpg

すべて、一点もの布作品。
布に表情があるので、シンプルに着こなすだけで、素敵になります。
f0031420_1111991.jpg

着心地がよい!
f0031420_11114735.jpg

リバーシブルのバックも可愛い。

「素を楽しむ暮らし」
3月20日~24日まで 器季家カフェにて(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2013-03-21 11:14 | ギャラリー | Comments(0)

経営はシビアに!   

会社の決算月。
数字にあまりこだわらない私は、いつも税理士事務所の方にお手数かけています。
事務系は苦手。
色々事業報告を済ませ雑談中に、
「ねえ!経営者として私の足りない所を指摘してよ」と長い付き合いのSさんに尋ねた。
彼はまじめに答えた。
「東さん、経営者はもっとシビアに数字を読まないとダメ。人件費や経費に関しても。そうしないとビルとか、買えませんよ!」
「???」
私はビルも買うつもりはないし、大きな企業家になるつもりもない。
一瞬固まった。
でも、彼のアドバイスは良心的に受け取ると、「出来るはずだから頑張って!」のエールなのです。
私は好きなことが自由にできることが幸せ。
このスタンスはずっと変わらない。

でもSさんのアドバイスは真摯に受け止めます。
好きなことをする時に必要なお金をプールすることは重要かも。

シビアに経営する。

これからの「ざる」の経営者の目標です。
[PR]

by k2kikiya | 2013-03-19 20:07 | ギャラリー | Comments(0)

文字の効果   

読めない文字でもインパクトはあるようだ。
f0031420_13431619.jpg

器季家カフェ。この金文は皆さん即は読めません。ひとつのデザインとして感動してくださいます。
書道家稲田しゅんけいさんとデザイナー島田さんと6年前位に考えました。
デザイン=サイン=店の看板=メッセージ。
魅力ある文字は人を引き寄せる。

今、「手しごとギャラリ―&食事処」の看板を検討中なのですが、なかなか「これ!」にたどり着かない。
たかが看板、されど看板・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2013-02-27 13:50 | ギャラリー | Comments(0)

素を楽しむ暮らし   

「素を楽しむ暮らし」
これが私の家創りに繋がっていきます。
f0031420_10575699.jpg

T邸の外壁は、一部木壁です。
これからどう変化していくのか楽しみです。
素材が本物であれば、経年変化の中で「美しさ」が出てきます。
ゆっくりと、風や光や人の気によって変化していきます。
そして、風格と味わいのある建物として成長していくのです。

建物以外でも今回企画しているのが、布と陶の作品。

ちょこっとだけ告知します。
3月20日から24日まで器季家カフェで。
布作家岩﨑ちよみさんと陶芸家山下太さんの二人展。
f0031420_11265170.jpg

布を探して東京まで足を運んでいるそうで、彼女の素材をみるセンスは抜群です。
もうおひとかた、山下太さん。
阿蘇の雄大なカルデラに魅せられて、福岡から移住して窯を開き、溶岩を素材にした器も多い。
f0031420_11301959.jpg


「素を楽しむ暮らし」
お楽しみに!
[PR]

by k2kikiya | 2013-02-16 11:32 | ギャラリー | Comments(0)