カテゴリ:未分類( 29 )   

家にも魂はある!   

地震から1年が経とうとしている。

再生した家もあれば、放置されたままの家もある。

そんななか、西村創庫の中で新しい風が吹き始めました。
岩崎さんのAIRコーナーが、4月1日から再開。
f0031420_643953.jpg

彼女には助けられました。
地震後、店内の安全を確認できた時点で、店を開け、明るい光を当ててくれました。
使用料もちゃんと払ってくれたおかげで、店内でのボランティア活動時の光熱費を払うこと出来ました。
本当に感謝しています。
少し遅れて、春陽食堂、芋屋長兵衛と営業がスタートするはず。
町家復興と地産地笑プロジェクトの、ゆる~としたスタートです。
創庫や裏屋敷も、喜んでいると思います。

家にも魂はあるはずだから。

空間を活かしながら「修復工事を見守る」が大事だと考えます。

そして、ご近状をみると
f0031420_61189.jpg

明八橋も修復工事も始まりました。
f0031420_611535.jpg

この建物は、地震後何もしていない。
建物は、号泣しているか、あきらめの中でうつ状態か?!

まだまだ、城下町唐人町辺りの町家は修復工事が手つかずの所もある。

そんな建物の前を通る時は、

「もう少しだから、踏ん張ってね」と声をかけるしかない。
[PR]

by k2kikiya | 2017-04-02 06:14 | Comments(0)

地震に強い家!   

家創りに関わる私のこれから?!
そろそろ、家創りの現場から引退して、南阿蘇で「民家再生と観光」をテーマに長く続けていける仕事の仕組みづくりをしよう!と4月13日に山小屋で同志と話し合った日から一ヶ月が過ぎた。

このテーマは、確実に近い将来実現させたい。

でも、「今」ではない。

そして、熊本市、近郊の家創りはどうなるのか?

ハウスメーカーが「地震に強い家」を前に出してガンガン営業していくだろう!

私が15年間関わってきた、家創りプロジェクトチーム。


「地震に強い家」を強調しなくても、設計空間や素材の美しさを大切にしながら安心施工も出来る。

建築プロデュースは、若手に引き継ぎながら、南阿蘇でスローライフを!と考えていた私。

地震と共に、大きく変わる暮らし方。

ゆっくり考えよう。

「売れる家」ではなく、
心地よく安心して暮らせる質の良い家を一緒に創る!

あと何年か、このテーマで動くことになりそうです。
f0031420_7585657.jpg

[PR]

by k2kikiya | 2016-05-22 07:54 | Comments(0)

大地は借り物   

今回の地震で感じたこと。

テレビでは、悲惨な状況ばかりが映し出されるけど、実際に南阿蘇に戻ってみたら
とても穏やかな自然の風景が目の前に広がっていました。
f0031420_1603211.jpg

阿蘇大橋も、久木野トンネルも通れないので、裏道のようなグリーンロードを走りました。
14日に出たのでそれから、16日ぶり。
たったそれだけの期間に熊本では1000回以上の地震が起こっているのです。
f0031420_1682831.jpg

山小屋はありました。
中は悲惨だったけど、ちゃんと建っています。
「ありがとう!怖かったね。」と言って入りました。
周りは、何事もなかったように、うぐいすが鳴き、初夏の風が吹いていました。

地震や台風、津波、と色々あるけど、自然の大地に私たちが土地を借りているだけなのかな?
と感じる時間でした。

放射能の人災がなかったことだけが救いです。

世界の活火山。阿蘇のふもとに暮らすということは、やはり「覚悟」が必要。

山の神様、、守ってくれてありがとうございました。

と言っても、近くの集落は凄い状態らしい。
活断層の影響と、古い建物が多いせいでしょうかね。

皆さん、避難所生活大変そうです。
私の集落は、まだ断水が続いています。

本当に、お疲れ様です。
[PR]

by k2kikiya | 2016-05-01 16:14 | Comments(0)

迎春の準備   

何とか、町の棲家に正月花を活けました。
f0031420_18531868.jpg

玄関に。
可愛い招き猫の張り子は、金の鯛の上に。
f0031420_18541061.jpg

浅草の染物屋さんで、私が型染めしたもの。
トイレも
f0031420_1855115.jpg

後は、部屋のかたずけと、雑煮と簡単おせちの準備のみ。

年末はのんびり家族で紅白歌合戦を見る予定です。
食べて、飲んでの時間です。

きっと、また体重が・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2015-12-29 10:14 | Comments(0)

Asobito考房   

山の暮らしは、仕事も忘れてほっと一息!と思うのですが、
最近は、ゆっくり体を休めるのは、温泉に入っている時くらい。
本当は、誰にも邪魔されずに、仕事のこと、人生のこと考える場所なのです。
f0031420_8261013.jpg

これからの3年間の仕事のカタチを今考えています。

考えるのに、ひとり時間は大切。
そして、同じように前進しながら仕事をしている人たちの意見も聞きたいです。
現場の声も確認します。

仕事、プライベートを充実させるためには「流される」ではなく「流れ」をきちんと受け止める
心身の健康状態が大切。

Asobito考房は、私にとって大切な場所。
溢れる妄想・構想の整理整頓をするために。
[PR]

by k2kikiya | 2015-11-14 08:36 | Comments(0)

今日のおとめ座   

パソコンを開けば、必ず星占いの項目が出てきます。
おとめ座に設定しています。

私の星座。

乙女が最近はおじさんに退化したことを、少しさびしく思っています。

今日のおとめ座。

12位 最下位

「身近な人に対して、つい厳しい態度をとります。自分のことは棚に上げて。
言葉使いは丁寧に」

これは、私にとって、今日だけの教訓ではありません。
いつも自分の力の無さを棚に上げて、理想論を相手に語っています。

特に、今日はマスクが必要かもしれません。

北風と太陽のイソップ童話。
私はいつも北風かもしれません・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2015-11-13 07:56 | Comments(0)

立春   

ひと雨ごとに、春の日差しを感じる今日この頃。
今日は、N邸棟上げの日。
f0031420_1405834.jpg

女性ひとりで、お子さんを二人育て、家を建てる。
Nさんと初めてお会いして、思いました。
もし、ご縁があったら全力投球でお手伝いします!と。

私自身の経験から、日々の暮らしが大変なことは、想像できます。
でも、子供の為、自分の為に、土地を買おう!家を建てよう!のNさんの夢がカタチになります。
f0031420_1442986.jpg

大工さん達を前に、挨拶するNさんにとって、今日はまさに立春の日。
人生の春、自立した人になる日です。

おめでとうございます。
初秋には、新居での暮らしが始まりますよ!
楽しみですね。

家創り日記日々更新中!(色字クリック)
[PR]

by k2kikiya | 2015-03-04 19:19 | Comments(2)

自然の景色が変わる!   

私は山の眺望良い所に小屋を建てたことを、とても良かったと思っている。

でも、周りは耕作放棄地ばかり。

村の人は、後継者がいない畑は、荒れる一方でイノシシの通り道になる。
太陽光発電を設置しようと、動いているらしい。

ちょっと!!!

色々な感情が巡ってくる。

私に「農業をします。この荒れた畑を貸して下さい」
と、言えたら、自然の風景は守れるのだろうか?


無力です。
ひとりの力ではどうしようもない。

村の人は、毎日眺めている壮大な自然には感動は無いのかもしれません。

太陽光のパネルの設置は、自然の風景を壊すす。

私の家の前だけでも、何とかならないものか。

非常にもどかしい状況です。自然エネルギーと自然の風景という点で。
[PR]

by k2kikiya | 2014-11-23 20:15 | Comments(0)

立ち位置を変える!   

日々の暮らしの中で起こる感情の起伏。
喜怒哀楽の原因は、自分にある。

そう気がつくと、怒と哀に対して、非常に簡単に解決できることがあります。

それは、自分の立ち位置を変える。
私は根を大切にします。スペイン語の「Raiz」発音はライゼと呼びます。
直訳は「根」意味はルーツ。
開拓者として、沖縄からペルーに移民した祖父母の「ライゼ」は受け継いでいます。

でも、その場所やモノ、お金に執着しすぎて、根を張りすぎ身動きが取れない自分になるのは嫌です。

くらしの中で、立ち位置を変えて、快適になったこと。
表札と郵便ポストの「立ち位置」を変えました。
f0031420_9514087.jpg

山に来る郵便物は、税金関係のみ。住民票が南阿蘇村なので。
後は、会社と店に来ます。
時々の郵便物を配達に、突然玄関近くにオートバイが乗り込んで来る。
これが嫌でした。
先方は仕事ですし、ポストがある所に行くしかありません。
ということで、
f0031420_9541019.jpg

敷地の入り口に表札とポストを移動しました。
音と気配だけを感じる距離感。

これで、裸族スタイルの私がくつろいでいる姿を、突然の訪問者に見せることはなくなりました。

簡単なことなのですね。
人間関係も同じようなことかもしれません。

色々な事で、悩んでいる時は、自分の立ち位置、ものの置く位置を変える。
これが、早い解決策に繋がると思います。

根を張りすぎると、心身ともに身動きができなくなります。
自分の長く伸びた根っこで、自分の首を絞める羽目になるかも・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2014-10-09 10:38 | Comments(0)

鈍感?!   

今日は台風の影響で、風が出始め、小雨の音と木々が揺れる音が聞こえます。
鳥の声も。
f0031420_102586.jpg

雑草はたくましく伸び、その間から「できたしこ菜園」のかぼちゃが「僕はここにいますよ!」と教える様に黄色い花を咲かせています。(なぜか、かぼちゃは男子です。私には)

そんな山の生活も1年が過ぎました。

昨日男性の友人が
「「よくあの山の中にひとりで暮らすね。怖くない?信じられん!」
と言いました。
私は、イノシシと出会って車にぶつかって来たらどうしよう」の心配はすることがあります。
でも、怖いとは感じません。
やっと帰り着いた!我が家へ。と思います。

最近は家に帰り着くのが夜の10時過ぎ。
空を見上げれば、満天の星。
「わぁ~きれい!」とひとりで声を出して感激します。
晴れ渡る青空と緑の山々を眺めると
「気持ちいい!」と心が豊かになります。
台風や大雨になると「神様どうかお鎮め下さい」と祈ります。

自然に包まれた暮らしは、私を素直に「無力の人間」と気づかせてくれます。

日々、再生されるというか、浄化されていく気分です。

でも、友人にはそれが理解できないようです。
「久美は鈍感だ」ということになりました。

どんくさいのは、認めますが、鈍感は?です。

自然には逆らわない不自由を、日々爽快に味わっている山女です^0^
[PR]

by k2kikiya | 2014-08-09 10:17 | Comments(0)