寒い夕暮れ時は・・・。   

この時期になると「マッチ売りのおばさん」だった時のことを思い出す。
住宅営業の飛び込み訪問。
冬は夕方3時過ぎから冷え出し、もう5時前には暗くなる。
営業所に戻れるのは、明るい報告がで来る時。

たとえば、
「リフォームの見込みがありそうなお客様と話が出来ました。」
「玄関先から、応接間まで入れてくれました。」
商談の始まる報告が出来る時。
それまで、自分の担当エリアをぐるぐる回る。

寒さで鼻の頭は赤くなり、手先はかたまり、髪の毛もぱさぱさ。
家の中から笑い声や夕食の仕度の臭いがする時
本当に辛さと情けなさで
「家を買ってください・・。」
と嘆願するマッチ売りの少女の気分でした。

良くぞ、あの当時の辛さを乗り越えたと自分で自分を誉めたい。
そして
気がつけば、こんなにたくましい女性になってしまった。

若いときの苦労は買ってでもしろ!
35歳が若いかどうかは?ですが・・・。

あんなきつい思いをして住宅営業をしていたのに
今でも、家づくりに関わる仕事を続けている私は、
本当にこの仕事が好きなのだ!と思う。
[PR]

by k2kikiya | 2008-11-20 18:22 | 季節 | Comments(1)

Commented by かねはるさん at 2008-11-22 00:35 x
う、う、う~!感動 その情景がパ~ッと浮かんできましたよ。 下済み時代にこんな凄い苦労したから 現在の頼もしいくみこ姫が在るのですね。
尊敬します。頑張る姿は美しい! 

<< 解禁日 和のクリスマス >>