胸キュン・・・。   

先日の福岡ビルボードライブで相席になった素敵な女性の話。
私の前に座ったひとりの女性。
とてもまじめそうで素敵なお嬢様といった感じ。
でも、彼女の席はボーカルを背にした位置。
そこで良いのかな?と思いながら始めましての挨拶。
彼女はキーボードの安部潤さんの大ファンだそうです。
なるほど、ピアノの方を向いた席で良いんだ!
納得。
阿部さんはミーシャの曲を作ったりするとてもメジャーな方。
演奏中、彼女はひたすら彼を見つめるだけ。
「ステージから退場する時、握手してもらったら」
とおせっかいな私のアドバイスに、
「体が動きません。」
「じゃ!演奏が終わった後「阿部さん」って声かけたら」の言葉に
「あまりに好き過ぎて声が出ません」

彼女のけなげさと純粋さに私のほうが胸がキュ~ンとなりました。

それに比べて私は
「西村さ~ん!」
元気良く声は出すし、一緒に歌うし、リズムに乗って体は動くし・・・。

これを年の功というのでしょうか?
ずうずうしい中年女性というのでしょうか?
どちらにしても
才能ある人に「憧れる」ということは悪いことではないようです。

妄想でも、現実逃避でも、楽しい気分には間違いありません。
[PR]

by k2kikiya | 2008-10-14 19:03 | ひと | Comments(0)

<< 早起きは三文の幸せ! 卒業しました。 >>