癒されます。   

娘のジル(シーズ犬6歳)
f0031420_2093271.jpg

人間の病名でリュウマチのような症状で前足が曲がっています。
3年前、安楽死まで考えた時期がありました。
その時、坪井のともだ病院の副院長先生が大分の病院まで連れて行って診断してくれたお陰で薬も見つかり、歩けるようになりました。
命の恩人です。
本当に嬉しいことです。
娘のお陰で毎日疲れて帰ってきても癒されます。
でも、ひとつ可愛そうなことが。
この子は結婚もせず、子供も産まず私と二人っきりで生きていること。
家族は私だけ。
ただひたすら私の帰りを家で待っている生活です。
幸せかな?
言葉が通じたら何て話すかな?
動物も一度飼ったら家族です。
これからも宜しくね!
[PR]

by k2kikiya | 2008-10-05 20:08 | 仲間

<< 無形の仕事・プロデュース 母性本能 >>