和紙で遊ぶ(寧々塾)   

大人の書道教室ですが、子供のように楽しんでいます。
器季家で月一回の寧々塾。
今回はわんぱうを使ってアートしましょう!わんぱうとはろうけつ染めのロウのような役目をする防水性の粉。
f0031420_8473730.jpg皆さん真剣です。
私は
f0031420_8485634.jpg
浴衣の柄のようなものが出来ました。
和紙の質感と和柄の模様を次はラッピング用紙に活用したいと計画。カラーコピーしてみます。どうなるかな?
そして、
前回書いた文字がうちわに出来上がりました。
嬉しい~~~!
f0031420_853320.jpg
山鹿の粟川商店が仕上げて下さいました。
君子不器(君子は器ならず)の二文字。
意味は、ひとつのことや方向しか見ないで生きるのではなく、いろんな事を知り考え、大きな器、色んなカタチの器になってみよう。一度、今の自分の器を壊してみませんか!応用のできる人間になれ!という論語。
とても心に響く言葉です。
しゅんけい先生、毎回楽しい時間を本当にありがとうございます。
ひとつひとつ作品が出来上がるのが嬉しいです。
[PR]

by k2kikiya | 2008-07-26 09:09 | 創り人 | Comments(0)

<< 身近なものでアートを楽しむ! 朝日のエネルギー >>