涼の花あしらい   

器季家で涼の花あしらい教室(tanabata)を開催。
草心流の本田草友先生が講師。
先生は少人数でゆっくりと楽しみながら活けていくのが良い。
との考え。
今回も午前、午後各5名までで締め切らせていただきました。お断りした方、ごめんなさいね。
最初に七夕の由来の説明があり、
f0031420_630148.jpg
f0031420_6304748.jpg

それぞれの竹の花器に好きな花を活けていく。
「カタチを限定せず、感性を重視して!」が結構難しい。
f0031420_6363794.jpg

草友先生を囲んで、午前の参加者の皆様。
午後も真剣に皆さん活けていらっしゃいました。
f0031420_64103.jpg
花あしらいの大切なことは
「一度切ることによって命を採った木や花は、実が枯れるまで、どんな方法でも活かすこと。」
ということで
竹が一年位使って色がさめたら、次は色を塗ってクリスマスやお正月の「テーブルコーディネート」に活かしてください!の実例も教えていただきました。
f0031420_6462199.jpg

とても楽しく、気持ちが心地よくなる時間でした。
草友先生
お忙しい中、ご指導頂きありがとうございました。
そして、
参加された皆様
家の中に「生花」を飾ってご家族で楽しみましょうね!またお会いしましょう!
(午後の参加者の皆様の集合写真を撮り忘れました。ごめんなさい)
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-28 06:27 | 季節 | Comments(4)

Commented by 御船の荒木です。 at 2008-06-28 12:22 x
楽しいひと時を過ごす事が出来ました。ありがとうございました。
また、楽しい計画を楽しみにしております。
いつもブログ拝見しております。 
安藤さんに会う事が出来てよかった!!
Commented by k2kikiya at 2008-06-28 12:25
荒木さん!午後は私が慌しくゆっくりお話できませんでした。また遊びに来て下さい!
Commented by お世話になりました♪ at 2008-06-28 19:49 x
とっても楽しい時間でした。
器季家さんのおかげで、素敵な先生とお会いすることができました。
近くにお住まいなのを知ってビックリ!!
“出会い”に感謝
さしずめ、器季家さんは、出会いのプロデューサー
Commented by k2kikiya at 2008-06-29 03:37
一期一会が、次はなが~いお付き合いに繋がると楽しいですね!

<< やっとここまで・そして 家づくりのプロ集団 >>