親子の距離   

今月、新築の家に引っ越されたH様宅へ伺いました。
家具が入って初めての訪問。
予想通りの心地よさ。
梅雨のうっとうしさもこの家には関係ない。無垢の床や建具が調湿作用でフォローしている。
それプラス
奥様の明るさが効果大。
私がプロデュースを担当する家づくりのお宅は奥様が明るい事が基本です。
f0031420_19101324.jpg

ふと見ると、素敵な親子の距離が。
お母さんはキッチンでお茶を入れています。
お子さんは階段で好きな本を読んでいます。
子供部屋の充実よりこの空間が重要なのです。
f0031420_19115850.jpg

これこそ、この家のテーマ。
気配を感じながら干渉しすぎない親子関係。
ちょっと離れて見守る親の愛。

今、悲惨な事件が起きているは、干渉しすぎ、強制しすぎ、物を与えすぎ・・・。
「しすぎ」ではなく「加減」が大事。

我が家は息子が高校卒業後、県外に進学するまで子供部屋にクーラーはありませんでした。理由は生活苦^0^
お陰でいつもリビングはにぎやかでした。

「心地よい空間を創りましょう!」
初めて家創りの話をさせていただく時に言う言葉ですが
家が完成して、暮らしが始まるとその意味を本当に納得していただきます。
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-24 19:06 | 家づくり | Comments(0)

<< 若い時は苦労を買ってでも・・・。 贅沢な美味しい時間 >>