涼の花あしらい教室   

草心流は熊本の野の花を活ける流派。
とても、楚々として可憐で力強い活け方をします。
まるで、草友先生そのもの。
f0031420_545428.jpg
雑誌に紹介された先生。いつの間にやら有名人!?
毎年年末にクリスマスとお正月花を教えていただいていましたが、
今年から「涼の花あしらい教室」も開催することに。
嬉しいです。
七夕を演出した花から夏の暑さを爽やかにする花のあしらい方まで教えていただきます。



「草友・涼の花あしらい教室」
会場:器季家

日時:6月27日(金)

時間:午前の部10:00~12:00
    午後の部13:30~15:30

参加費:3,000円(税込)材料費含む

定員:各5名(先着順)

用意するもの:エプロン、花ばさみ、花、竹の花器を入れる袋

※お申込の方は電話かFAXでお願いいたします。希望時間と連絡先をお知らせ下さい。

電話312-0783 FAX 352-2224

珈琲とお菓子をいただきながら、草友先生の室内コーディネートのお話の時間もあります。


毎回ですがテーマに沿った花材を準備するために、先生は阿蘇のご実家付近の竹や枝モノをご自分の足で探しに行かれます。
もちろん花は自分専用の花畑を持っていらっしゃいます。

花や木を伐採したら、枯れてしまうまで、慈しんで飾る工夫と楽しみ方を大切に!といつも教えていただきます。

草友先生は女性としてもとても魅力的な方です。
主婦として、華人として、ひとりの女性として「素敵」のエッセンスをいただきたいものです。

花に癒され、人に癒され、静の時間に癒されます。
楽しみです!
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-11 05:41 | 季節 | Comments(0)

<< リノベーション 勝ち組・負け組み >>