勝ち組・負け組み   

我が家には現在テレビが無いので、秋葉原の通り魔事件は今朝の新聞で知った。
何と悲惨な事件なのか!
時代劇の「あだ討ち」ならともかく、相手は誰でもよく、「負け組みの人生だったので」と記事の中にあった。

そもそも、
勝ち組と負け組みと誰がどういう基準で判断するのか?

この言葉は、本のタイトルで、結婚しないで仕事をし続けてシングルのまま子供を産まなかった女性が負けで、仕事もして、恋愛から結婚までもゲットし、子供も産んで幸せな家庭をスタートさせた女性が勝ち。

そんなのスタートした時点で勝ちか負けか分んない。

現に私の周りに40代~50代の男女や夫婦や恋愛カップルがいるが、結婚後10年以上過ぎるといろんな事が起きてくる。

朝食を夫につくらない妻、ついでに掃除も洗濯も興味なし。

食事は作るけど冷蔵庫にラップをかけて追いとくだけ。後は一切関わらない妻。妻の行動に一切口を出さない夫。(無関心同居)

単身赴任中は寂しい人妻で良かったけど、ご主人が地元に戻るまでに夫婦の間は冷めてしまい、家の上下で完全別居の夫婦。

籍も入れず、子供もつくらず、ふたり仲良く連れ添ってるカップルもいる。

それぞれ、仕事して自立している大人の男女で純粋に恋愛しているカップルもいる。


話は殺人から倦怠期の夫婦の話にずれたが
要は
人生の終止符を打つまで勝ったか、負けたかなんて分んない。
ましてや人と比べる必要もなし!

この犯人を卑屈にさせたのは何だったのだろう?
いつも事件が起こると、犯人自身の今の言動より、幼い頃まで遡って生い立ち、環境、親の育て方などを想像してしまう。

私にもふたりの子供がいる。
娘が13歳、息子が9歳の時離婚して、母親は朝から晩まで外で働いているので子供達は寂しかったし、贅沢もさせて上げられなかった。
色んなことで周りにもお世話になり、学校で指導を受けたこともあった。

学校の先生に
「お宅のお子さんは落ちこぼれです。」
とはっきり言われたことも。
落ちこぼれ???それを救うのが教師の役目では?と言い返したことも。

でも今の学校教育はもっとシビヤで冷たいのか?
子供に負け組みのレッテルを貼るのだから。

学校教育だけではなく、親の考え方にも問題があるはず。
学問は勝つか負けるかではなく、理解できるか出来ないかじゃないのかな?

有名な学校へ入れても卒業後の社会人としての人生が大事なはず。
日本の親は入れることには必死て、中で学び出てからいかに社会貢献できる人間になるかを見守リ見届けることが出来ていない感じがする。

塾は「合格」を目的とした営業の場だからはっきりしてるけど。

スマップの歌で「世界にひとつだけの花」を聞くと本当にその通り!と思う。
「ナンバーワンにならなくて良い、世界にひとつのオンリーワン」

「あなたらしく輝くステージをゆっくり探しなさい」
という私の考えは
負け組み?
[PR]

by k2kikiya | 2008-06-10 09:19 | ひと

<< 涼の花あしらい教室 やっぱり好きなのは・・・。 >>