大は小を・・・。   

今週末は陶芸仲間との食事会が我が家(器季家)である。
本当に助かるのが器季家のビルの1階にある和の惣菜屋「よへほ」
店長に相談すると、集まる人たちの好みに合わせてお弁当や惣菜をつくってくれる。
4~5人の時は自分でテーブルセッティングして自作の料理でもてなすが、20人近くなるとやっぱりプロにSOS。
そんな時役に立つのが大皿、大鉢。器を持参して料理を盛り付けてもらう。
贅沢な話です。プロの味が自宅で味わえて、価格もリーズナブル。
f0031420_1840193.jpg

直径30㎝以上もある皿を買う時は、収納を考えて一瞬ひるむが、私は大きいものが好き。
勢いで買ってしまう。自分で創るのもついつい大きくなる。
でも、買って良かったと最近つくづく思う。
大は小を兼ねる。
大勢のお客様の時でもワイルドな器がとても助けてくれる。
作家の方の器は値段も高い。
でも、その分は取り戻すだけの楽しい食事の時間が待っている。
[PR]

by k2kikiya | 2008-05-12 18:42 | 美味しいもの | Comments(0)

<< マンネリ化した関係も 母親 >>