沖縄へ行こう!   

私には100%沖縄の血が流れています。
でも残念ながら沖縄に「住む」ということは今だ経験がありません。
毎年父を連れて帰る。
という事で故郷を感じるだけでした。
でも、父が天国へ旅立ってしまった今、私達は何をどうして子供や孫にルーツを伝えようか!?

そうです!沖縄へ行くことです。単純でシンプルですが、通い続けることしかないような気がします。幸いにもいとこ達が楽しいイベントも企画しています。

毎年4月の第一日曜日には沖縄のいとこノブ(稲福信良)達を中心に父の田舎で「海楽かいらく」という祭りを開催します。今年は4月6日。11:00~20:00まで楽しめます。
陶芸家や作籐家の出店や祭りの時しか味わえないカフェがオープンします。
f0031420_6524879.jpg

ノブの本業は土木屋ですが、浜辺の茶屋、山の茶屋のオーナーでもあり、ジャズミュージシャンでもあります。
f0031420_71462.jpg

沖縄県南城市玉城字玉城(たまぐすく)は小さな村です。その小さな村に観光客にあまり荒らされていない素朴な風景が残っています。
それに魅かれた全国のアーティスト達が住みかとして移り住んできています。
それをプロデュースしているのがノブです。
お祭りの日は浜辺の茶屋の隣に建つ演出家の宮本亜門邸も開放してくれます。

私がいつも楽しんでいるのは海上ライブ。
お昼から始まり夜は8時まで延々と続きます。
今年はノブのサックスは聴けるのかな?
出演バンドのメンバーを見ていたら東京からもプロが来ます。中でも感動間違いなしは朝崎郁恵さん。この方は60歳を過ぎてメジャーデビューした女性です。
奄美の島歌を歌われるのですが、海の上に作ったステージで自然の大きさにも負けない深くて大きな魂の唄を歌う方です。
(朝崎さんのブログにノブのことが書いてありました。)

さ~!皆さん!
今年も沖縄に行きましょう!
時間が取れたら私の田舎の海も散歩してみて下さい。
カヤックに乗って海の散歩は最高です!
[PR]

by k2kikiya | 2008-03-16 06:56 | 季節 | Comments(3)

Commented by 中山です at 2008-03-16 13:22 x
なんと 羨まし(≧∇≦) 昨日私は道の駅大津に作品を置かせてもらえるチャンスの話を聞きに行ってきました~5月にまず2週間頑張ります 新しい器季家さんに遊びに行った時沢山お話ししたいです
Commented by k2kikiya at 2008-03-16 20:25
中山さん凄いじゃないですか!!!自宅でのカフェギャラリーもそう遠い話ではないかも・・・。楽しみですね。
Commented by ゴオヤ at 2015-01-13 16:23 x
観光客は沖縄を荒らしていません。沖縄の人が荒らしています。
ビーチパーティーをしても後片付けもろくにせず、酷いもんです。
タバコのポイ捨ても沖縄の人はとても多いです。
このままだとまた10年後はさらに海が汚れます。
沖縄の人は何もかも観光客のせいにして、自分達はなにもせずその一言で終わらせます。
実際に沖縄で暮らしていて思うことです。

<< ゆとりの気持ち 樹齢 >>