活きる力   

昨年末から自分の身に降りかかる出来事。
人生計画の中に無いことばかりでした。
私ひとりの力で何が出来る?
これから背負うものへの不安と動揺。
親族との話し合い。
逃げたい!誰かに任せたい!気ままに風来坊でいたい!
自分の力の限界を日々考えて、なえていたいた時、一本の電話が。
ゆすりはの田中陽子さんからでした。
「安藤さん、また熊本で展示会をしたいと思っています。器季家を予約できますか?」
「・・・。」
即答できず、「場所を移転します。今より狭くなりますので、どこか別のギャラリーをご紹介しましょうか?」
の対応に
「いいえ。安藤さんの器季家でお願いします」と田中さんの返事。
凄く嬉しい言葉に涙がにじみました。
私の力でも遠方の方が頼りにしてくださっている。
それも、私が生き方に共感した田中さんからのラブコール。
「よーし!頑張ろう」
4月17日から予約を頂いた田中さんの為にも人を和ませる空間を創ろう!
と自分に気合を入れました。
私を活かしてくださる人たちへ感謝します。
本当に心から感謝いたします。
[PR]

by k2kikiya | 2008-02-27 21:41 | ひと | Comments(0)

<< お雛ご膳 伝わる喜び、広がるご縁。 >>