建築プロデュース   

空楽のメンバーとして「建築プロデュース」と名刺に書いて丸四年が経ちました。私にとって空楽は母船です。
心地よい空間創りをメンバーで話し合いながら進んでいます。
でも、住宅会社の営業ウーマン時代と何が違うのか?
お客様からの質問を何回受けたことか!
「違うんです」
「全く違う動きなのです」
熊本の片田舎でこの違いを世間の皆様にどう伝えていけばいいのかと考えていた時
出合ったのが、プロトハウスの代表桑原あきらさんです。
家づくりの考え方に共鳴できたし、建築家や工務店とお客様の間を取持つ分かりやすいシステムを提案されています。
そのプロトハウスのギャラリーへお邪魔しました。
13年前、当時まだ37歳の若い建築家が建てた素敵な家です。
f0031420_1512931.jpg

福岡市内の閑静な住宅街の一角に建つ存在感のある建物。
ギャラリー「月の舎」
f0031420_1622353.jpg
f0031420_1623626.jpg
土間から畳の廊下へ。経年美の家。木の温かさと落ちつきを感じます。
f0031420_16243934.jpg
桑原さんは全国の建築デザイナーと施工業者と連携して家づくりを楽しみながら満足できるものにするシステムを考えられています。

f0031420_1640465.jpg

ボス・Kと私は[カリエラ・K]と言う名称で独自のプロデュース方法で協力しています。
カリエラとはイタリア語で「生涯の職業」と言う意味です。語源はキャリアから来ているという説も。

桑原さん!今年も新しい風を吹かせてくださることを期待しています。
[PR]

by k2kikiya | 2008-01-30 14:53 | 家づくり | Comments(0)

<< 嬉しいご縁 ありがとうございます。 >>