出会い   

器季家のギャラリーには作家の器が並んでいる。
その中にローゼン三早枝さんの作品も多い。

私がこの方の作品と出会ったのは3年前ぐらいの伝統工芸館だったと思う。
時間さえあれば立ち寄る場所。
ワイワイガヤガヤ!
作家達の作品が会話をしているような活気のある場所。

そこで、この作品を見た時は足が止まった。
f0031420_2022573.jpg

お香たて。
アートだ!オブジェだ!
そこにあるだけで存在感がある。

お金はなくても心引かれたら衝動買いしてしまう。
そこで、意志の弱い私は財布は持たずに館内に入って、どうしてもという時、車にお金をとりに帰るという習慣をつけている。

そして昨年秋、作家本人に会う機会があり、「やっぱり私が惚れた作品の生みの親」
というエネルギーの持ち主だった。
感性やセンスも素敵。
趣味は個人的なものだけど、そこから始まる人との出会いは運命を感じる。

店でも飾っていたのを、お客様の熱いラブコールで譲ってしまった。

写真撮っておいて良かった。(大切に可愛がってくださいね)
[PR]

by k2kikiya | 2006-02-10 20:19

<< 家づくりは自家発電のパワーが必要。 こりゃ大変だ~! >>