仕事道   

大阪に大切な友人の見舞いに行きました。
健康だけが取りえよね!といつも話していた親友が入院して手術。ショックでした。
でも、一番ショックは彼女自身であり、その家族でしょう。
神様は彼女への休息を与えられたのでしょうか?
クリスマスイブの日。病院の彼女の元へ。
元気そうに振舞ってくれる彼女にひと安心。
中学校から何十年と続く友情は強くて温かいものです。必ず彼女が来年また輝くステージでお花を活けている姿を想像しながら遠くから見守りたいと思います。
そして、彼女の旦那さまとゆっくり話す時間がありました。
不動産業を手広くやっている彼は私にとっては人生も仕事も、大大大先輩の人です。
京都の俵屋旅館へ泊めてくださったり、食べたことの無い京料理をご馳走してくださるとてもありがたい方。
私の仕事に関しても以前からアツ~イアドバイスを頂いておりました。
その彼から、別れ際に深いお言葉を頂きました。
「久美!お前のビジネスの基盤はこの5年のうちに固めろ!あと5年だぞ。分かったか!」
私の脳裏には
タイトルが「仕事道」と言う演歌が流れている気がしました。
5年の重みと意味がよく分かります。
彼の不退転の精神をつめの垢ほど頂き、大阪をあとにしました。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-25 11:05 | ひと

<< もういくつ寝ると・・・。 激動の1年 >>