仕事   

家づくりの打合せは初めてお会いしてから短くても半年は続きます。長いときは2年位経過する時も。
でも、長くても楽しい時間。白紙の図面にどんどん平面図、立面図が描かれ、模型が出来て、現場がスタートしてからは3次元のスッケチが実際のカタチとして出来上がっていく。
建築完成現場の案内も楽しい。
当然だが、どの家もお客様と建築スタッフの想いがカタチになってそれぞれの個性がある。
これから家づくりを考える方を実際に暮らしが始まった家にご案内することもしばしば。
これは建主のご好意で見せていただくので、感謝しながら楽しませていただいている。
見せる展示場ではなく、快適な暮らしを体感できる。
そして、今建築中の現場周り。
工事の進行状況確認や職人さんとの会話も大切。
12月、まだまだ仕事は続きます。
私のスケジュール帳はギッシリ。
忘年会も仕事のうち。毎週必ず予定が入っている。
それを仕事仲間に話したら
「何回年を忘れたら気がすむの?」
と笑われた。
忘れられるものなら年(年齢)は忘れたい・・・。
[PR]

by k2kikiya | 2007-12-11 15:02 | 家づくり | Comments(0)

<< 親バカ 手仕事 >>